これからは宇宙や地球深層部に一層関わっていくような気がする

今回の記事は、潮流の変化についてです。
人類は、遠くに人やモノを動かすことに工夫を凝らしてきました。また、どうすれば速く動かすことができるかを考え、情報やデータも速く送ることの開発を続けています。

かつて、人や物の移動は鉄道や車を使うことでした。
情報は通信を使用する様になります。データを大量に、高速に処理するため、コンピューターや光伝送などインターネット技術が発展しました。

いろんなものを動かすにはエネルギーが必要です。
人が使うエネルギーは、化石燃料から原子力、自然界のエネルギーへに開発が及び、エネルギーの支えで高速に大量にうごかす仕組みが発展してきたのだと思います。

伝送とエネルギーの関係は、今後も密接ですが、さらに新しいターゲットも必要になってくると考えられます。
その一つは、Elon Reeve Musk氏の方向付けでもある「EV」から「宇宙」です。
EVとスペースは方向が異なっている様に見えますが、ターゲットとしては一つの方向だと思います。

でも、宇宙は真空です。
生命体が簡単に生きることは難しいです。モノを運ぶのもやはり難しいです。このスペース空間にサプライチェーンが構築されるとは思えません。

ビジネスはサプライチェーンができないと成り立ちませんが、マスク氏の考えは奥が深いと思います。
宇宙からみると、地上をモニターできるこことがあげられます。
大気の動きもつかめます。
いろんな波動を放射すると、地上の動静が見えます。
見えれば、ビジネスを創るターゲットがある気がします。

また、エネルギーは上空だけではなく、地球深層部にもエネルギーが存在します。
伝送を司る高速処理も大事ですが、目の上や垂直下方も視野に入れるのも良いのではと考えます。

Kazunori Fukuma
1st 2022/05/14
2nd 加筆修正 2022/05/31
3rd 一部追加 2022/06/02