これからは宇宙や地球深層部に一層関わっていくような気がする

今回は、潮流の変化について思うところを述べてみたい。
モノを動かすことから飛ばす時代になってきている。動かすとは、鉄道や車を使うということである。飛ばすとは、通信のことである。通信を高速で行うため、大量に、高速に、情報を処理する必要があり、コンピューターや光伝送やインターネットが発展してきた。
動かすためにエネルギーも必要であり、化石燃料から原子力、自然界のエネルギーにも事業開発が及んで飽きた。
もし、こうした流れに沿って時代時代で事業開発してきたなら、手がけたものはほぼ成功したはずだと思う。
事業という側面では、競争がおこり。先行させる力と読みが必要だったと思われる。この話は、脱線するので本ページではふれないが、いわゆる現在のビジネスのことである。

こうした流れが今後どうなっていくかであるが、推測はなかなか難しいが、自分はElon Reeve Musk氏の「EV」から「宇宙」にターゲットを向けていく考えにものすごく興味がある。
EVからスペースXとは大きくベクトルが異なる。

宇宙は真空であり、生命体を運ぶのはなかなか難しい。ものを動かすためのサプライチェーンも構築されるとは思えない。
でも、マスク氏の方向は奥が深いと考える。
宇宙は、地上の動きを監視できることや、大気の動きもつかめるはずである。これからは、モノを動かすことではなく、動いているモノをみて判断する様な方向にターゲットがある気がするのである。

そして、上空だけではなくエネルギーという面では、地球の深層部にも十分な蓄え(エネルギー)がある。
もちろん超高速処理技術も大事だが、垂直方向のターゲットも視野に入れても良いのではと自分は考える。

Kazunori Fukuma
1st 2022/05/14