ファイルメーカーによる販売管理 ポータルの条件付き集計

今回はファイルメーカーによる販売管理のポータル集計についてです。使用したFileMakerは、 Pro12と Pro14 Advancedです。

_MG_9654<Photo Data>2015/06/09 田儀海岸 Canon5DMarkII EF24-105mm f/4L IS USM 1/1000 f4.0

下記のスクリーンショットは、ファイルメーカーによる購入と販売の商品履歴を参照するViewerです。商品の仕入から販売、出荷、現残(在庫)を見ることが出来ます。スクリーンショット 2015-07-22 14.01.41

事例を説明します。
商品「オレンジジュース」を100個仕入れ、受注は3件あります。内2件は売り上げがたっていますが、3件目はまだ未計上です。売上が締切られてないものは、販売合計に集計しない条件付き集計を行っています。
各フィールドはポータルで構成し、ポータル行に締切チェックを入れます。
スクリーンショット 2015-07-18 17.16.33

締め切られているかいないかで集計する条件付き集計は、Case関数を使いました。
「フィールドAの集計フィールド」= Case ( 締切 = 1などの条件式 ; 「フィールドA」 ; 0 )
条件式が成り立っているとき集計フィールドにフィールドAを代入、条件が成り立っていないときは 0(ゼロを合算)にします。
上の例では、条件付きCase関数の結果を代入する集計用フィールドを表示していませんが、集計用フィールドは必ず必要です。
計算例は以下の如くです。

「数量」 「販売価格」 「販売金額」 「 販売金額A」 条件
50 1550 77500 77500 Yes
30 1498 44940 44940 Yes
20 1350 27000 0 No
単純合計 100 平均 1531 テクニックとして単純合計は 149440となるも
右の条件付き合計フィールドを集計位置に置く。
条件付き合計 122410

具体的には、フィールド「販売金額A」の計算のオプションで上のスクリーンショットの様な計算式を設定します。
この例では「販売金額A」や「確定購入数」などが集計用フィールドとなります。また、フィールド「販売金額A」は更に縦方向の合計フィールドが必要になり、ここでは「販売金額Aの計」としています。
平均単価(上例は1531円)など集計結果を使って演算するとき、

平均購入単価=「購入金額Aの計」/「購入数量Aの計」
122410 / 80

として求めています。

見積作成中に平均購入価格(購入原価)をいくらにするか決める場合、この商品履歴ポータルから購入価格を引っ張ってきて利用します。

「ファイルメーカー販売管理は初版がほぼ完成しました。本ホームページのダウンロードページから利用できます(利用規約に了解を頂いた場合)。
注文、仕入、見積、受注、販売、在庫や各種帳票出力、明細取得などが可能です。
受注ファイル取り込みや支払アップロードなどのインターフェース、サーバー&Webクライアントシステムはカスタムとなります。
ご希望が御座いましたら、お問い合わせよりメールまたは電話でご連絡下さい。2019年/2月」

1st 2015/07/22
2nd 文言修正 2015/07/24
3rd 加筆及び訂正 2015/07/26
4tgh 具体例を追加 2015/08/03
5th 一部修正 2015/09/28
6th ファイルメーカーにカテゴリー変更 2017/06/25
K.Fukuma