利益が少なくなってからでは遅いのです(戦略の欠陥を見直しましょう)

今回は、久々に事業戦略の欠陥についてです。
事業をスコープすると、いろいろな見方があります。以下は、単なる自分の見通す範囲での個人的見解です。でも、感ずるところがあれば、是非手を打って欲しいと思います。

今は、デジタル部品やソフトを組み込む商品開発が時流です。はめ込む様にして商品が構築できます。短い開発スピードで品揃え出来ます。しかし、このやり方はどんどん商品価値を下げ続けています。
概して、商品は出始めは好調です。その後売上が下がってきますが、それでもまだ同じ様な商品を作り続けていませんか。
<Photo Data>2019/05/15
高梨バラ園にて
EOS-7D EF-S15-85mm IS USM
1/250 f5.6 ISO100

そして、ソコソコ利益が確保され、これを良しとしてしまうと、坂道を下っていることがわかりません。
維持し続けることがいつの間にか戦略になり、商品を繰り出すことに集中してしまっています。この本質に手を入れてない進め方こそ、デジタルプロダクツが招く危険な道です。
多分、そんなに経たない内に、事業体はダメな領域に行くはずです。

こうした結果を避けたいなら、儲かっている内に「どう歩むか」、「どう切り換えるか」を決めなければなりません。見通しをたてられる参謀かプランナーを確保していなければ沈むだけです。

過去に戻ります。
事業に何らかの変革が起こることがあります。TVの世界では、画面がLCDで一変しました。でも、放送がアナログからデジタルになっても、「放送されているコンテンツを表示する、見る」という基本は変わりません。

PC(パソコン)も同じです。
CPUを動かしアプリで処理し、見たり、印刷したりといった手元領域で勝負している場合も、やはり構成が変わっただけで、追いつかれては対策する流れです。

もし、同じ様な構成だとしても、踏み込まれていないエリアに転ずるなら、ビジネスを拓くことが出来ます。
至近のこの分野は、インターネットや検索サイトが誘導する世界です。ネットがひらくビジネスは次々とドロップエリアが生まれ、新しい商品やシステムが生まれています。まだ、未踏のエリアもあります。
ここが解の一つでもあります。

もし、未だ過去の見る、聞く、撮る、話す、運ぶ、、、といった領域では、それは既存路線です。ただ後れて行くのみです。
未踏分野をサーチすることが最も重要ですが、既存路線を立て直すことで可能な策もあります。脱コモディティーなら、やってみる価値はあります。

上記のニューエリア、既存の立て直しの二つの方法は、別の機会に触れます。
既存の立て直しの一つは、脱コモディティーです。このときは、今より価格を高くするしか答えはありません。高くしても乗り越えられれば、その方法を考え抜けば抜け出せます。
販売は減ってきても回収していける考え方です。

脱コモディテーかニュー(新しくなくても良いが別の)ドロップエリアを見つけることが抜け出す戦略です。

Kazunori Fukuma

1st 初稿 2019/07/19
2nd 文言の修正 2019/07/20
3rd 一部追加 2019/07/28