販売管理スタンダード版 仕入伝票作成方法

販売管理スタンダード版の仕入系伝票作成時の基本操作方法です。

1. 伝票作成前に、商品マスターに商品を登録します(商品を登録すると商品コードが発番されます)。商品マスターは、重複した商品名は登録出来ません。
商品名のほか、単位や仕切単価なども登録して下さい。

2.登録した商品が軽減税率対象品の場合、「特税」フィールドを*にします。

3.「仕入入力」画面を開き、「仕入入力」画面のヘッダーの[新規注文]をクリックします。仕入側のポータル(箱)内に新規レコード(新らしい行)が作成されます(注文書は、メインメニューのリスト画面からも作成できます)。
下は「仕入入力」画面です。

4.新規レコードが作成された行の[注]ボタンをクリックすると注文書が開きます。
注文する商品名、数量、単価を入力します。
商品の入力は、商品フィールドを左クリックし、ドロップダウンリストの中から商品を選択します。
目的の商品が無い時は、商品マスターに商品が登録されていません。商品マスターで商品の登録を行って下さい。
商品の入力が完了すると、注文書ヘッダーの[集計」をクリックします。注文書が確定し、締め切られます。
注文書は、PDFを印刷するか、メールで送信します。
注文書の宛先は、仕入先台帳に予め登録が必要です。

5.商品が入荷したら、「仕入入力」画面を開きます。
注文書を作成した同じ行の[仕]のボタンをクリックすると仕入伝票が開きます。
注文書が作成済みの場合は、仕入伝票は注文書と同じデータが登録されています。
入荷した商品は、入荷フィールドを「済」にします。
入荷チェックを完了後、ヘッダーの[集計]をクリックします。
仕入伝票が確定し、締め切りになります。

販売管理スタンダード版は、伝票の[集計]を行うと、伝票が締切られ、閲覧モードになります。
仕入伝票の修正が必要なときは、手動で赤伝票を作成して下さい。
赤伝票は新規に注文書を起こし、数量フィールドをマイナス入力で注文書、仕入伝票をそれぞれ確定させます。
赤伝以外の修正方法は、照合、締切を段階的に解除すると変更することが出来ますが、赤伝も修正伝票作成も、いずれも取引先の承認後に行って下さい。

6.注文書は、注文書の[注文書PDF]をクリックすると、PDFファイルを作成出来ます。出力したPDFは、Adobe Acrobat DCやChromeなどで開いて印刷送付します。
PDFファイルをメールで送信することも出来ます。
電子メールは、使用しているPCのデフォルトメールにデータを送り、送信できるようになります。仕入先台帳に、予め宛先担当のメールアドレスの登録が必要です。

7.仕入が完了すると、「仕入入力」画面の[集計]ボタンをクリックします。仕入金額が確定し支払いに払い出しを行います。
[集計]ボタンを押すと、仕入先台帳の登録事項に基づき、支払締日、支払予定日、仕入額が計算確定します。

8.支払いを行います。
振り込み等で支払を完了した後(または支払伝票を作成後)、[仕入入力]画面の[新規支払]をクリックします。支払側ポータルに生成されたレコードの[支]ボタンをクリックします。
支払伝票にアクセスできます。
振り込み等を行った明細を支払伝票に入力します。
完了後、支払伝票を締切り確定させます。

9.「仕入入力」画面を開き、[集計]をクリックします。
注文、仕入、支払の各総額を集計します。

10.支払伝票を再度開き、伝票下部にある仕入伝票と照合させます。照合は、一致する仕入伝票の照合フィールドを「済」にマークし[実行]ボタンを押します。

11.再度「仕入入力」画面の[集計]ボタンをクリックします。
未払い残などないか画面で確認して完了です。

12.仕入先選択画面で、仕入先元帳を作成するか、または仕入、支払確定の都度、会計ソフトで仕訳を行ってください。

<注意事項>
・各伝票の作成日付、消費税区分は空欄のままでは伝票を締切ることが出来ません。
・伝票が締め切られると閲覧モードになります。
・仕入と支払いが照合されると、注文書、仕入伝票、支払伝票はロックされます。

2022/05/12
Kazunori Fukuma