空間の広がりをよくするには音場補正付きのAVアンプで再生する

オーディオの再生環境は、室内ではなかなか良い音でなってくれません。
再生環境は、横も奥行き方向も音が広がっていく空間が欲しいところです。再生空間が広いと、中央再生が多いボーカルでも、その人の声に近づき、もちろんオーケストラは空間が感じられるようになります。
部屋の広さで稼げない場合、上下左右の反射状態を見直すと定位がよくなって、広がりのある音に変えることが出来るかもしれません。

例えば、左が壁、右にカーテンなどの場合は、カーテンは中音域を吸音、壁は反射になるため再生バランスが悪くなってしまうのです。
可能なら視聴時だけでもカーテン側にボードをはめ込むなどで左右の反射を出来るだけ合わせるようにするのも良いと思います。
上下は、天井を吸音化すると定在波が生じにくく、再生帯域に誇張が無くなります。

こうした対策が出来ないときは、視聴位置を思い切りスピーカーに近づけることで良い結果が生まれるかもしれません。
スピーカーの内振りを大きくしてヒアリング位置を前寄りにするということです。
位置だしは試行錯誤で決めることになります。

ピュアオーディオでは、以上の方法しかありません。

どうしても空間のひびきが欲しいとなれば、ピュアオーディオで空間補正アナライザーを入れる方法がありますが、音場補正のついたAVアンプに変えるのも良いかもしれません。
AVアンプは、マイクで補正出来るものが良いと思います。

この時、AVアンプはピュアオーディオに比べると、スピーカー駆動力が不足しますので、高音、低音が別々に駆動できるバイアンプ仕様のものがおすすめです。
フロントをバイアンプ駆動にすると良いと思います。
リアスピーカーは出来るだけ耳の高さにスピーカーが来るように、スピーカーはスタンドに置くのが自然に再生再生空間が得られやすくなります。

AVアンプは5.1chなどが理想ですが、低域が足らないときはサブウーハーを追加し2.1ch、出来れば4.1chにすることがお勧めです。

ネットオーディオで聴くときはデジタル接続になりますので、AVアンプとの接続はオプチカルケーブルがお勧めです。HDMIケーブルやUSBケーブルはノイズやケーブル影響による音調変化があります。

Kazunori Fukuma

1st 2022/03/24
2nd 一部訂正 2022/05/16