月別アーカイブ: 2014年2月

CDの音を良くする(その1原因編)

CDはオーディオ再生装置の代表格です。しかし、残念ながら高級機を除くとCDの音は実はあまり良くありません。

_MG_7154_1

<Photo data>2014/02/21 横浜元町
EOS5D MarkII EF40mm f2.8 STM 1/8000 f2.8
*ちょっと横道にそれます。写真の投稿で書くべきですが、とりあえずコメント致します。Canonの40mm単焦点パンケーキレンズを試してみました。単焦点ならではの細かいところまで解像されています。
ボケ味も良さそうです。フロントレンズのくぼみが浅いのでプロテクトフィルターはあった方がいいと思いますが、せっかくのパンケーキが厚くなってしまいます。お値段を考えるとなくてもいいかもしれません(考えどころです)。とても軽量でスナップ撮影に最適です。

(話を戻します)CDとアナログレコードで同じ曲を聴くとアナログの方が良い音だと感じます。もちろんアナログレコードも録音が良い場合に限ります。両者の比較論ですが、CDは高域の伸びが不足しているように感じます(SACDは伸びています)。またCDは、レコードの盤をトレースする時のノイズがありませんのでS/N(シグナル/ノイズ比)はとても優れています。

さらにCDは、何も対策しないと定位が甘く奥行きも狭く感じます。レコードはノイズ感はあっても空間合成が自然で倍音が良く出たいわゆるホールトーンのソースが多いのではと思います。

ではCDは全く駄目かというと、ハイエンド機では問題ありません。音の粒やレンジ感も十分です。f特を除くとレコードよりいいかもしれません。

こうしたCDの音質を低下させている原因は、再生系に原因があると考えられます。CDはステレオ信号が円盤の内周から外方向へ書き込まれています。この信号を、盤を回転させてレーザー光でデジタルデーターを読み込んでいきます。しかしレコードの溝に相当するガイドが無く、内周と外周では回転速度が異なっています(rpmとm/sの違い)。CDの信号読み取りは、位置検出と内から外周に向かうとき回転速度を調整する必要があります(デジタル信号の読み込みは等速度)。

またレコード時代の影響でしょうかCD板はとてもお粗末です。柔らかく剛性が不足しているほか、盤にゆがみもあります。回転時ピックアップのスポット付近での振動も半端ではないと推測されます。読み取りを良くするためにレーザー光(〜780nm)を強くすると盤面反射の影響も出てきます。レコードのように機械的な接触をさせない代償がCDにあります。水平位置と回転速度、垂直方向にはデータ読み取りの正確性を問う再生系だと考えられます。

CDでデジタル信号を読むとき読み取りエラーが起こると致命的となります。調べてみると読めない場合は前後データーから補正することが許されているようです。この補正はピュアオーディオを追求する向きにはとても問題だと思います。場合によっては、ライブで聞いた声質と違うといったことが起こります。CDは低ノイズ再生ですが高度な検出が出来ないと違和感出力をしてしまうと思います。

もう一点、なかなか難しい問題があります。CDはデジタル機器であり、かつ内部にモーター回転機構を持っています。ローレベルのアナログ信号回路を同居していますのでノイズの影響は無視できません。次回以降で上記の対策など述べることにしたいと思います。

1st 2014/02/28
2nd誤字など修正 2014/03/19
3rd 字句修正 2014/03/22
4th 一部文言訂正 2015/04/03

K.Fukuma

 

 

WordPress PS Auto Sitemapのコンテンツ非表示と不要ダウンロード対策

ホームページ(HP)作成はワードプレスのお世話になっています。

従来HPはアップルのiWebで構築していました。ところがAppleのサポートが怪しくなり、昨年Windows に移植しました。しかしPC固有の影響だと思われますがWEBに写真を貼り付けると色落ちが生じていました。明暗だけならいいのですが色座標が回転し調整に行き詰まりを感じていました。

Macに戻そうとHPソフトを何本か試してみましたが、使い方が難しくあきらめかけていたとき、GleamWorks社の大澤泰智社長の紹介を受け、HPの再構築を全面的に指導頂きました。プロバイダー利用からレンタルサーバー、HPソフトはWordPressに換え、割と短期間で再構築出来ました。今も難問にぶつかったら相談させて頂いています。

_MG_6297_1

<Photo data>2013/11/06 京都二年坂下あたりだと思います (紅葉には少し早すぎましたが久しぶりに京都のぶらり歩きです)
EOS5D MarkII EF24-105mm f/4L IS USM 1/125 f4.0

HP作成でいくつか遭遇した不具合の内、本ページではPS Auto Sitemapプラグインを使用したサイトマップページでの事例をご紹介いたします。

PS Auto Sitemapは固定ページや投稿記事などをいくつかの書式にリストアップ出来ます。起こっていた不具合は、サイトマップページでコンテンツを選択クリックしても該当ページに飛ばず、不要なsitemap-xx.gz(XXは順数字)形式のファイルがダウンロードされる現象です。関連プラグインはXMLを使用しています。コンフリクトしている可能性があり、念のためリンクIDはsaitemapというネーミングは避けるようにしました。

しかし固定ページやカテゴリーはクリックしてもこの問題は起こらないのですが、投稿ページを選択するときだけ掲題の現象が起こっていました。ダッシュボードの上から投稿と関連するものが無いか投稿ページのテキストも見ながら調べて行き、いよいよ不明と思った矢先、設定の中に投稿記事の「パーマリンク設定」が出来るところがありました。

スクリーンショット 2014-02-06 8.43.34

パーマリンク設定の中の投稿をクリックすると、左の様にカスタム構造の該当記事が

http://ご自分のサイトドメイン名/%postname%/ のようになります。
この設定変更で問題解消です。恥ずかしながら設定のミスでした。対処後は投稿ページへの移動もOKとなり、不要なダウンロードも起こらないようになりました。
対応後2週間経ち問題なく推移しています。

誤字修正と掲載Photo差し替え 2014/02/17

2nd修正 2014/03/19
K.Fukuma

 

 

Macで写真ファイル保管用にRAID10にチャレンジ!

MacでソフトウェアRAID10を組みます。

_MG_6836_2従来の写真データ保存は、写真カテゴリーのページで一度紹介しました外付けHDD(以下ハードディスク)を3台使用したミラーと追加コピー型の保管システムを使っていました。

今回、2TBのUSB外付けHDDを1台購入し、MacOS Xのディスクユーティリティーを使用したソフトウェアRAID10を構築しました。

RAID 10は、4台の外付けHDDが必要です。今回使用したのは2TBx3台、もう1台は2TBが準備できなく1TBの構成です。RAID10の総容量は1台が1TBのため最大2TBとなります。

<Photo data>近場の公園で落ち葉のクッションで遊ぶ子供たち
EOS5D MarkII EF100mm f/2.8L Macro IS USM 1/1000 f2.8

<RAID10の作成手順>

raid10sys

①  先ず現在データが入ったHDDは消してしまわないように別の所に置いておきます。

② 4台のUSB外付けHDDを4in1のUSBハブにつないで、ハブの出力をMacのUSBポートにつなぎます。

③Macの電源が入った状態で、Finderから4台のUSB HDDが認識できればOKです。もし認識できていないHDDがあれば、「Mac OS拡張(ジャーナリング)」にフォーマットします。フォーマットは、「Launchpad」の「その他」または「アプリケーション」の「ユーティリティー」の中の「ディスクユーティリティー」で行います。

④次にディスクユーティリティーを起動し、先ず現在つないでいるHDDが見えましたら、いよいよ作業に入ります。

⑤ 最初はミラーリングセットを作ります。4台中1台目のHDDをディスクユーティリティーの左のウィンドウで選択します。そのままウィンドウ右上のRAIDタブを選択します。

⑥  ウィンドウ下部オプションの左にある[]を押すと、「名称未設定のRAIDセットX ミラーリング」がウィンドウに登録されます。これを選択し、このセット名を例えば「RAIDセット1」などに名前を変更します。フォーマット欄は「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択します。

⑦「RAIDセット1」を選択し、左のウィンドウから4台中1台目のディスクを選択して「RAIDセット1」直下にドラッグします。  ミラーリングセット1にDisk#1として登録されます。次いで2番目のディスクを更にその下にドラッグしてきます。「RAIDセット1」にDisk#1、Disk#2の2台のHDDが取り込まれます。

⑧  「RAIDセット1」を選択して、下部にあるオプションをあけ、ブロックサイズを「64K」にします(32Kでも問題ありません)。HDDが故障した際、自動で再構築をする場合は「ミラーセット自動構築」にします(HDD交換時に手動構築する場合はチェックしません)。

⑨ 同様に下部の[]を押します。「名称未定のRAIDセットxx」ミラーリングセット2となり、先ほど名称を「RAIDセット1」としましたので、今度は「RAIDセット2」にします。次に、左のウィンドウより3番目のHDDをドラッグしてDisk#3を、続いて4番目のHDDをドラッグしてDisk#4を作ります。RAIDセット2のオプションも同じように64K、自動再構築とします。

⑩ 更に[]きーを押します。ミラーリングの3セット目が登録されます。上部のタイプ変更ボックスで、この3セット目を「ミラーリングタイプ」から「ストライプタイプ」に切り替えます。オプションのブロックサイズをRAIDセット1、RAIDセット2のミラーリングセットと同じ例えば64Kに設定します。更に、3セット目のストライプセットの名前を、例えば「RAID10」の様に変更します。この3セット目の名称が、構築後Macのfinderに表示されます。

⑪ 次に、ミラーリングセット1(RAIDセット1)をストライプセット(RAID10)にドラッグします(RAIDセットの名称の所にドラッグします)。続けてミラーリングセット2(RAIDセット2)もストライプセット(RAID10)にドラッグします。

⑫  これで、ストライプセットに2つのミラーリングセットが構成されればOKです。この後、最終作業ですが、右下の「作成」を押します。RAID10として初期化が始まります。設定が終わりマウントされるのを待ちます。HDDはフォーマットされ、下の図のようなRAIDセットとして見えるようになります。

⑬  ディスクユーティリティーを閉じて終わります。

FinderにTRAID10として見えれば成功です。適当なファイルを書き込んでみみます。単一のHDDに比べてRAID10は分散書き込みのため、処理速度は上がります。安全度はペアによりますが最大2台の故障まで復旧することになっています(過信はいけませんが)。HDDがマウントされた状態は以下の様になります。

スクリーンショット 2014-02-03 18.21.48

 

PCに接続するUSB HUBは信頼性を確保するため電源補給型ののものとしました。
また、HUBの速度はUSB3.0対応のものとしましたが、実際はPCのポートが2.0のため、3.0の速度は出ません。でもUSB1.0などの遅いHUB経由とすると極端にスピードが落ちてしまいますので、将来を考えて3.0を選択するのが良いと思います。またMac側のUSBポートは、速度の速いポートと遅いポートがあります。Macの年式別ハード説明のサイトで確認できます。

最後に、RAID10のケーブル周りなどを整理し、ダミーコピーや転送などテストして問題なければ、一次避難していた写真ファイルをRAID10に移します。戻し方はフルコピーを使い使いました。データをCOMAMAND+Aでコピーします。コピーは、1TBで1-2日位かかると思われます。HDDとMacの温度に気をつけて構築を進めます。

RAID10についてはアップルのサイトに記載がありますので参照されると良いと思います。RAIDのドラッグによる操作は迷います。もしUSBメモリが4本あれば、ストライプとミラーリングのドラッグなどテストされると良いと思います。4台のHDDを、必ず連続番号にして、どれが#1か#2か分かるようにしておくと良いでしょう(自分はラベルを貼りました)。

RAID10は安全度の高い構成ですので、これ以上の常時バックアップはしていません。まだ停電時の不安があり、万が一に備えて1回/月など定期的なバックアップはとっていた方がよいと考えています。

最後に、もしRAID10システムにチャレンジされる場合は、必ず自己責任にて作成をお願い致します。

Mac OSX、OSX ServerのOSX RAIDの制限と対応状況、損傷時の修復などアップルの別の情報がありましたので追記致します。尚、構築後〜16H/日通電=運転で本日で丁度2週間経過し良好です。

(昨年停電でHDD1台が読み取りエラーとなりましたが、自動復旧しました。データは問題なく保持されています。それから1年3ヶ月経っていますがノートラブルです。2015/05時点の追記。)

今回構築したRAIDの構成
セット名 :RAID10
種類   :ストライプ化されたRAIDセット
バ^ジョン:AppleRAIDバージョン2.0
総容量  :1999.7GB
スライス数:2

 

IMG_1741_1

<Photo data>2009/07/11 小田急のロマンスカー Vault Super Express(VSE50000形)
EOS5D MarkII Ef70-200mm f/4L IS USM 1/500 f4.0

1st 2014/02/04
一部追加 2014/02/17
3rd文章修正 2014/11/20
4th 追記と一部修正2015/05/13

K.Fukuma