月別アーカイブ: 2017年3月

macOSをMavericksからSierraにアップグレードする

現在Macの主用途は写真現像と資料作成です。
当初は、ドキュメントや画像の保存は市販の外付けUSB HDDでした。やがて容量の増加とともに①外付けUSB HDDの台数を増やしたソフトウェアRAID10、②ハードウェアRAID1(RATOC製RS-EC32-U3R)と変更してきました。

<Photo data>2017/02/28自宅にて クロッカス 

Canon EOS1D Mark4
EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM ISO100 390mm 1/320 f5.6

一方OSも配慮しなければなりません。
MacのOSサポートはリリースから6-7年といわれており、現在使用中のMac mini(Late2012)も1-2年先には更新終了になると思われます。
しかし、実情はMarvericksでないと動かないハードやアプリがいくつか残っています(VerはMavericks 10.9.5)。Mavericksの最終サポートは2013/10で終了してしまっています。

制限の一つはRATOC製のRAID1です。
ところが最近になってこのRAID、Sierraをカバーしていることがわかりました。
サポートリミットのアプリはMacBookProに移し、Mac miniはOSのアップデートを行うことにしました。

アップデートVersionはSierra10.12.3です。

OSのアップデートは、あらかじめAppleサイト「macOS Sierra にアップグレードする」等の対象となるOSの注意事項をチェックしておくのが良いでしょう。Macの年式によってはアップデートが出来ないこともあります。

対象のハードは以下です。


Mac Mini (Late2012) 2.5GHz Intel Core i5 8GB 1600MHz DDR3(メモリーを増設)
外部ディスク:RATOC RS-EC32R-U3R(USBハブ経由)
・上記RATOC製RAIDに使用しているHDDは WDC WD30EZRX 2台、RAIDモードはRAID1
Mac本体とはUSB3ポートに接続し、サブHDDは2TB I-O DATA HDCL-UT外付けHDDで、上記RAID1のサブコピーに使用(通常は電源オフです)
・ブルーレイディスク:Pioneer Model BDR-XS-06JM(MacのUSB3ポートに接続)
・I-O DATA製2TBHDDでMac miniの本体HDDをTime Machineバックアップ


<Photo data>2017/03/04
カワセミ 目久尻川沿いにて。
画像はトリミングしています。

Canon EOS-1D MarkⅣ モードM  AIサーボで撮影
EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
1/1250 f6.3 400mm ISO2000

(本文に戻ります)
ハードはSierraにアップデートしても問題ないようですので、バックアップ保存先のTimeMachineを確認しました。

①TimeMachineの確認
OSの更新でトラブルがあった際に元に戻すための10.9.5のバックアップがないといけませんが、チェックして問題ありませんでした。TimeMachineの中身は、ファインダーでバックアップ日付が確認できます。

②mac os Sierraのダウンロード
いよいよアップデートします。
SierraのダウンロードはApp Storeより行いました。AppStoreは最新のOSしか載っていませんが、注意深く見ていくと、旧OSもダウンロード出来る記載が下の方にあります。その中に入って、ハードがサポートされているOSのVersionの中から、アプリのアップデート可能性も含めてOSを選択します。
自分のPCにあったOSのダウンロードページに移行できたら、ダウンロードボタンをクリックするとアップデートが始まります。

Sierraのダウンロードからインストールの過程で、下記の確認メッセージが出ます。10.9等の旧OSには無いiPhoneなどで先行しているSiriとiCloud拡張です。
Siriはマイクロフォンが使用出来るPCであれば「Siriを有効にする」設定で良いと思います。Mac miniはマイクがありませんが、USB接続で使用可能なマイクを取り付け使用出来る様にしました。(マイクはWindows8以降で使えるマイクとカメラ付きのもので、Logicool製HD720pで使用可能でした。)
SiriやSkype、FaceTime等で使用出来ます。

もう一つ、iCloud拡張はiCloudに何を同期させるかという設定です。今までに無い書類やデスクトップも対象にするかということですが、同期対象を増やすとiCloudの契約容量を超えてしまうことが予想され、同期しないとしました(下のスクリーンショットを参照下さい)。

インストールがが進むと、Sierraは再起動後のログイン画面で(アップグレード前の)IDとパスワードを聞いてきます。ここは10.9.5と同じIDとパスワードを入力すると立ち上がります。

③RAID1のアップデート
起動後に、外付けRAID1が動くかどうかのチェックから始めます。
RAIDなど外付け群は、ディスクユーティリティで確認出来ます(左下のユーティリティーのスクリーンショットを参照下さい)。
RAID1、TimeMachine、予備バックアップ用ディスクなどが問題なく認識されていたらOKです。

次にRAID1のファームウェアと監視マネージャーを更新します。
インストールされているRAID監視マネージャーはOS X10.9対応のものです。古い監視マネージャーはゴミ箱に入れ廃棄します。最新のRAIDManager(現時点ではVer.02.00.02.dmg)をRATOC社のサイトよりダウンロードします。dmgファイルを開きアプリケーションにコピーすればOKです。
(スクリーンショット参照下さい)

RATOC社のRAID監視マネージャーはRAIDのRAIDの作成機能がメインですが、管理面はMavericksではSMART情報の取得が可能でしたがSierraではSMART情報は取得NGでした。しかし、HDDの温度検知ファンの作動が可能なことで、夏場の運転に冷却ファンが作動するのはありがたいです。ファンの動作開始温度は45度でファン運転の設定しました。(現実的にまだ動いた状態まではチェック出来ていません)。
(下記構成ディスク情報をご参照下さい)

④外部ディスプレイ
次はディスプレイです。Mac miniは標準でディスプレイがありません。未だ現役で頑張っている写真現像用のEIZO CG241Wを今回も接続しました。Sierraへのアップデートは
Color NavigatorのVerを6に更新することで動作可能です。
OSをアップデートした後、Navigater6とセンサーで色度域や輝度調整を行います。

⑤TimeMachine
Mavericksで使用していたTimeMachine HDDは引き続き継続使用しました。

⑥主要なアプリケーションのチェック
Sierraにするとネット情報からは flashを使ったアプリでエラーが生ずるといわれています。それ以外のアプリについては確認した限りでは下記のアプリは問題なく動いていました。

Photoshop Lightroom6
FileMaker12
FileMaker14 Advanced Pro
ATOK2014 for Mac Ver.27
safari
keynote
iTunes
iPhoto
Canon Digital PhotoProfessional Ver4.6.10.0

Officeはさすがに2008は不具合多発となりました。
Office2008
・Power Pointにてプレゼンテーション資料作成時、画像部品を貼り付けるとクラッシュ
・VBAが使用出来ません。
ExcelもNGです。
・Officeは最新のものに買い換えました。

⑦メール
今回はOSを上書き更新にしました。
それでもOSのアップデート後、「gmail」と「Plala」のメールアプリが動きません。
gmailはgoogleに再ログインしログイン履歴(下記)を取得します。その後起動し、オンラインに切り替えると開通します。

<Plalaメール>
PlalaメールはSierraではセキュリティ設定の変更で全く動きませんでした。
結局Plalaにhelpしました。
アバウトな書き方で恐縮ですが接続設定は自動になっている場合はしないに設定し、とりあえずTSL・SSLをしないにセットして接続出来ました(セキュリティーレベルをOSに従ってあげる為、その後SSL接続に切り換えています)。

ESET CYBER SECURITY PRO
10.9.5で使用していましたVer5はSierraでは動作しません。最新のVer6に更新しました。サイトよりダウンロードして上書き更新します。(更新後のVerは6.4.128.0です。)

⑨OS変更後の状況
Sierraにアップデートした後、あきらかにPC起動時間が長くなってしまいました。この対策には以下を行いました。

・ログイン後、自動で起動するアプリをシステム環境設定のユーザーとグループログイン項目で見直しました(不要なものは消去しましたが効果は少しだけでした)。

・その他の対応
*BlueToothは使用していないためオフ
*デスクトップに貼り付けているファイルを書類に移動
*ゴミ箱を空にを実行
以上で起動時間はMavericksにくらべまだ少し長めですが速くなり、起動後の動作も安定しています。

<その後の変更等>
[2017/03/28]
Sierra10.12.4がリリースされ
更新しました。
アプリも安定している様に感じました。
OS更新に伴い以下の写真以外のアプリも自動的にVerUPとなっています。

Safari10.0.3→10.1
Mail10.2→10.3
Keynote7.0.5→7.1
写真2.0→変更ありません。

[[2017/04/04]
OSを10.12.4にした後、数日間安定していましたが起動途中でフリーズしました。原因不明です。全く動きません。
Safeモードで救済は可能ですがSierraのVerは一つ前にTimeMachineで戻しました(
再び10.12.3にです)。
この時の戻し方は下記です。
フリーズしていますので強制的に電源ボタンを長押ししてオフにします。
再度電源ボタンをオンにすると同時に、COMMAND+R(COMMANDキーとRキーを同時に押し続ける)を押し続けます。しばらくして画面中央にアップルマークが出たらボタンを放します。

メニューが起動しますので、その中から「バックアップユーティリティー」をクリックし、TimeMachine復元を選択します。
TimeMachineの戻す日付はSierra OS10.12.3の最終日付です。復元を押すと1時間ちょっとで戻りました。
safari、MailなどのVerも一つ前に戻ります。
その後10.12.3で安定動作しています。

[2017/04/11]
上記ではコメントしませんでしたがSierra10.12.4はiPhone等で利用されているNight shiftが新たに登場してきました。夜になると画面の色が暖色系になるあの設定です。オフにしました。
Night shiftは機種によってはグレイバランスキャリブレーションが出来ないとのことです。
今のところSierraは10.12.3に戻しています。CG241Wの写真現像も従来のグレイバランスキャリブレーションが利用できています(Sierra10.12.3はNight shiftはありません)。

[2017/04/24]
10.12.3で特に問題はありません。
Adobe Lightroomの写真現像も従来通り支障はありません。
当分10.12.3で良いのではと思っています。

[2017/05/25]
再び中間報告です。
動作は問題ありません。
現時点のアプリを含むVerをお知らせします。
mac OS Sierra 10.12.3
safari 10.0.3
メール 10.2
iTunes 12.6.0.100
keynote 7.0.5
写真 2.0
ColorNavigator 6 6.4.18.4
Digital Photo Professional 4 4.5.10.0
Raid 監視マネージャーfor Mac 2.00.02
Adobe Photoshop Lightroom6 ver6.0
ATOK2014 for Mac ver.27.0.3
FileMaker Pro 14 Advanced 14.0.6

[2017/05/15]
OSが10.12.5にアップデートされました。同様にiTunes12.6.1、keynote7.1.1、iMovie10.1.5もアップデートされています。
OSは10.12.3のままでスルーです。

[2017/07/10]
EIZOよりColorNavigator 6が Ver6.4.18.4からVer6.4.19がリリースされました。
これは、Ver6.4.19がSierra対応として2017/6/15アップデートされたとのことです。更新しました。

[2017/07/25]
OSがさらに10.12.6にアップデートされました。まだ、様子見です。10.12.3を維持しています。

[2017/08/07]
iTunesを12.6.2.20にアップデートしました。
Sierra10.12.3のままです。

[2017/08/24]
現時点のVer情報です。
mac OS Sierra 10.12.3
safari 10.0.3
メール 10.2
iTunes 12.6.0.100→12.6.2.20
keynote 7.0.5
写真 2.0
ColorNavigator 6 6.4.18.4→6.4.19.0
Digital Photo Professional 4 4.5.10.0
Raid 監視マネージャーfor Mac 2.00.02
Adobe Photoshop Lightroom6 ver6.0
ATOK2014 for Mac ver.27.0.3
FileMaker Pro 14 Advanced 14.0.6
Microsoft office 2008 for Mac ver 12.3.6(VBAを使用するとクラッシュすることがありますがそれ以外の不具合は今のところ経験していません

[2017/10/01]
ネットでの調査ではトラブルが下ってきている感じですので、改めてmac OSをこの時点で最新の10.12.6に更新しました。
上記リストに記載しましたアプリまたはソフトでは結局古いOfficeの一部機能が使えないということにとどまっていますが、それ以外はハードソフトとも問題は生じていません。
尚、PCの起動は10.12.6が最も速く安定です。

[2018/01/31]
Mac macOS Sierra(10.12)下、ESET Cyber Security Pro(キヤノンITソリューションズ)の組み合わせで、さらに先日Appleよりアップデートされたセキュリティ(2018.001)を適用すると一部のMacでOS再起動を繰り返す現象になると、キヤノンよりメールが届きました。
ESET VerはV6.4.128.0
OSは10.12.6
mac mini Late2012 Fusion Driveは、セキュリティーパッチ2018.001を適用しました。

[2019/10/31]
Mac miniは、その後もOSのVersion UP、ハードの更新を続けています。
OSは10.14.6 Mojave、ハードは外付け写真、ドキュメント保管用RAID1をHDD3TBX2を2台更新。内部HDDはFusion Drive 1TBにしました。Fusion化の記載は本ホームページに記載しています。
EIZOのモニターは未だに健在です。
アプリのOfficeは2016 for Macに切り換え、写真バックアップソフトをAcronisにした位が主な変更点です。

1st 2017/03/19
2nd 追記2017/03/21
3rd 写真追加と追記 2017/03/22
4th ディスプレイの管理ソフトVer更新と挿入写真変更 2017/03/23
5th 追記 2017/03/28
6th osのVER10.12.4に更新 2017/03/30
7th 誤字修正と追記 2017/03/31
8th Dppアップデート追記 2017/04/01
9th アプリクラッシュの追記 2017/04/02
10th 不具合で10.12.3に戻す 2017/04/04
11th osダウンVer後の状況追記 2017/04/03
12th Sierra10.12.4の不具合 2017/04/11
13th 事後の動き追加 2017/04/24,26
14th 現状のverの報告 2017/05/25
15th ColorNavigator6のアップデートを追記 2017/07/10
16th 追記 2017/07/26
17th アプリVerアップ 2017/08/07
18th Ver情報の更新 2017/10/01
19th セキュリティアップデートとESET、OSの組み合わせによる現象報告 2018/01/31
20th 最近の状況を追記 2019/10/31

Kazunori Fukuma