月別アーカイブ: 2017年5月

オーディオ フォノイコライザーAD-2850を組み込む

プリアンプににアキュフェーズのフォノイコライザーAD-2850を組み込んだ時の記事です。音の評価は私的なコメントです。

<Photo data>2017/05/05
大山(だいせん、標高1729m、別名伯耆大山)
Canon EOS-1D MarkⅣ
EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM
IOS50 105mm 1/1600 f2.8
Adobe Lightroom モノクローム2
(カラー写真をモノクロに現像するときは暗部がつぶれないよう少し明るめに現像しています。)

<イコライザーの構成>
手持ちのプリアンプはバランス入力を選択していますが既にCDとDACで一杯です。増設は難しい状況です。
フォノイコライザーを外部イコライザーとし、DACなどで切り替える方法も無くは無いもののDACに微小信号を入れるのはノイズの点でよくありません。アキュフェーズのイコライザー専用機
C-37も検討比較しましたが結局プリスロット型のAD-2850にしました。

<スペック>
AD-2850の入力換算雑音はC-37と同じです。しかし定格出力時のS/Nは85dBまで低下します(MMカートリッジ使用、ゲイン40dB設定時、C-37のS/Nは102dB)。AD-2850のゲインを30dBに抑えるとC-37に近づきますがカートリッジの出力が低くゲイン40dBは必要の様です。ともあれ最終的には音で決めることにしました。

ちょっと脱線致します。
C-37はディスクリートの3パラ6プッシュプル差動入力構成です。AD-2850も差動入力ですが使用段数がC-37の半分しかありません。この辺が性能差に現れています。
AD-2850を使用する際は外周りの対策を含めたノイズ抑制が必要です。

イコライザーを変えたら音が様変わりしたというのも困ります。AD-2850は基板の材料やメッキの種類も現有プリアンプと同じで同系統の音色だと考えます。
脱線終わります。

<外部的なノイズマージン対策>
①ベルト駆動用モーターの振動対策
使用するターンテーブルはマランツTT-15S1です。中級品だと思います。ウレタンプレートにベルトドライブモーターの穴を開けたシンプルな構造をしています。足は頑丈な3本フットです。欠点としてはモーターの回転でほんの少しですがピックアップが振動ノイズを拾ってしまいます。
この対策として、1mm厚の振動吸収材 (foQ)をモーター下部に貼りました。2本の両面テープでモーターと下部ボード間に貼り付けました。モーターをセットしたときにベースプレートと機械的に接触しないように固定します。この対策で振動影響はほとんどなくなりました。
横からの写真を下記に載せました。黒いシートがfoQです。

②RCAショートピンとスピーカーアース
ノイズ対策の追加です。
AD-2850の入力は2chあります。左側(AD1)を使用し、とりあえず右側(AD2)はオープンです(別カートリッジの拡張が可能です)。オープンchは入力をショートピンでふさぎました。AD-2850はプリから操作出来るタイプのため、使用しないchはオートマチックにショートさせているとは思いますが、念のため対策しました。(下記写真参照方)。

ターンテーブルTT-15S1はダイレクト配線でイコライザーへの引き出しは不平衡接続です。平行3線ケーブルが用意され値増す。中央がアース線で、このアース線はAD-2850の下部のアース端子につなぎます。

手持ちのアキュフェーズのアンプはグランドを装備していません。
そこで空いているオープンchのアース端子をシステムグランドにしました。
さらに自分はスピーカーアースをシステムグランドに結線しました。
イコライザーのアース端子を起点に、同じ長さにL、R1本ずつ分岐させ、左右のスピーカーのアース専用端子につなぎます(写真の緑のテープの線です)。

スピーカーアースはフランジやネットワークにチャージした電荷や外部からの電磁波をグランドする役目です(タンノイのアース付きスピーカーのみの対策になります。(関連記事を掲載しています)。
自環境では中高域の雑味が減少するノイズ削減効果があります。

<カートリッジ>
フォノカートリッジは独Clearaudio社のVirtuosoです。TT15-S1に当初から付帯していたものです。MM型のカートリッジですが暖かみがあって音楽性が豊かです。
他の機器は別記事のものを使用しました。

<イコライザー設定>
イコライザーとプリアンプの設定ですが、プリアンプゲインが18dBとしたときイコライザーゲインは40dBが最適でした。

<視聴コメント>
AD-2850(C-2820に実装)の評価として普段クラシック中心ですが今回ポピュラーとジャズを加えました。
素人の評価ですがヒアリングコメントを掲載します。

「P.Tchaiikovsky : Symphony No.5 in E minor, OP.64 Berlin Philharmonic Orchestra Cond. Herber Von Karajan Deutsche Grammophon Gesellschaft SMG-2028」
このディスクはコントラバスの低弦がしっかり再生されていました。ホルンや木管、ヴァイオリンなどの旋律も良く出ています。
カートリッジの公表周波数特性は20Hz〜20KHzと一般的なのですがブラスなどの音は高域側開放するような伸びがあります。高調波成分があって美音と感じます。
また、この盤では静寂な場面が到来せず、S/Nは普通の評価です。

「森山良子・カレッジ・フォーク・アルバム フィリップスレコード FS-8044」
若い頃の彼女の声を聴くことが出来ます。柔らかくみずみずしい声です。
Vocalは中央に音像が立ちます。
ギターの弦をはじく音に余韻があります。このあたりがCDやSACDより優れていると感じます。AD-2850で十分情景を引き出せていると思います。
S/Nも良くAD-2850でも全体の静寂性は非常に良好と感じました。

「SIMON & GARFUNKEL PACK20 CBS SONY SOPQ-1」
かなり使用しているディスクですが、P.サイモンのマーチンのボディーに共鳴した音は健在です。14bitのCD、例えばThe definitive SIMON and GARFUNKELと比較するとCDはどうしても深みの無い音です。アナログの良さはこの辺でしょうか。
このディスクは静寂感は余り良くありません。ノイズ処理をしているCDの方が良いと思います。

「JOHN COLTRANE STARDUST」東芝EMI LPR-88056
コルトレーンのテナーサックスは、目の前で発した音が束になって飛んでくるような音圧です。音の密度が高く感じます。
ウッドベースを弓で弾くパートが出てきます。空気をゴリゴリと震わす音を聴くことが出来ます。
このディスクは全体的に高域側にわたってサーというノイズが入っています。静寂感はこのディスクでは評価出来ません。

<全体的に>
AD-2850の静寂性は1曲だけですが全く問題ないと感じました。C-37を聴いたことがありませんので、前のMM型の外部イコライザーYBAプリとの比較では、AD-2850はオールジャンル型の様です。ジャズはYBAの方が自分の好みですが、クラシックはAD-2850の方が合っていると感じました。
特に良いなと思う点は、アナログ特有の倍音を伴っていることです。またクラシックは重厚感があってこのイコライザーで聴いていけると思っています。
尚、ノイズ対策があれば追加していきます。

K.Fukuma

1st 2017/05/20
2nd 誤字修正とコメント追記 2017/05/22
3rd コメント追記 2017/06/19
4th ミス修正 2017/07/02
5th 使用時間経過による視聴評価の若干の修正など 2017/07/06

 

バイアンプとブリッジではどちらが良いか

今回は、オーディオの音をよくするシリーズ「バイアンプとブリッジはどちらが良いか」です。パワーアンプを2台にする時の個人的なコメントです。参考になれば幸いです。

<Photo Data>2017/04/02 ニリンソウ 座間谷戸山公園
Canon EOS-1D MarkⅣ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ISO100 400mm 1/800 f/5.6

ピュアオーディオでパワーアンプを2台用いる方法があります。バイアンプ(またはデュアルモノ)とブリッジ(またはBTL)です。1台の時に比べ飛躍的(ちょっと言いすぎかもしれませんが)に音が良くなります。
<Photo Data>2017/04/18 Walking途中で
Canon EOS-1D MarkⅣ EF16-35 mm f/2.8L USM
ISO480 1/160 f/2.8

どちらを選ぶかですが、現在ステレオアンプ1台でスピーカー接続(以下1台接続)をシングルワイヤーとしている時はブリッジ、バイワイヤリングならバイアンプが近道です。

<ブリッジ>
ブリッジは同じ(仕様の)パワーアンプを2台使います。信号を正負別に増幅しスピーカーで合成します。負荷インピーダンスが半分になるため1台接続に比べて出力は4倍相当になります。
制動がきいた音になり低音の力感や解像感が大幅にアップします。

しかしブリッジは欠点もあります。(1台接続でもあった)スピーカー高域側への逆電圧影響です(ウーハーへの信号印加でコーンが動き、戻る時に信号とは逆の電圧が発生します)。ブリッジでは1台接続時ほどではありませんが傾向が残ります。
スピーカーケーブルを襷がけ(アンプからスピーカーネットワークの分離入力Hi側にplus、 Lo側をminusに結線する方法)にするとジャンパー線の影響(下記)も含めて高域の混濁が緩和されます。しかしブリッジ接続で襷がけとすると、スピーカーネットワークのベース電位が上昇するなど機器への影響があるためこの接続は見合わせました。
従って、ブリッジ駆動のスピーカー接続は一般的なHiまたはLo端子への平行入力しかありません。アンプからスピーカーの配線は高域側か低域側のどちらかにつないで、Hi Lo間はジャンパー線で短絡させます。平行入力は先につないだユニットの音圧が若干上昇する傾向で、ブリッジにしてもこの傾向が収まらず、この段階で検討を中断しています。

<バイアンプ>
バイアンプはスピーカーの高低ユニットをそれぞれ別個のアンプでドライブする方法です。逆電圧の影響はありません。原音を丁寧に取り出す様な高音質再生です。但し、バイアンプはバイワイヤリングの音をさらに改良した音とも言えます。スピーカーケーブルの高低バランスが合ってないとバイアンプでも影響が残ります。
バイアンプの低音駆動はブリッジよりも弱くはなりますが、1台接続に比べれば高域の負担が無い分力感は改善されます。

<その他の特徴>
LR間の分離は、バイアンプ、ブリッジともモノアンプ駆動となるため、1台接続に比べ音場が拡大します。
また、ブリッジはスピーカーをアンプ2台で平衡駆動するため、出力信号がグランドに環流しない駆動になります。バイアンプは通常のステレオアンプと同じくグランドに出力信号が戻ってきます。S/Nはグランドフリーのブリッジに軍配があがります。ブリッジは音楽の背景がとても静かです。

機器間接続は、ブリッジ、バイアンプどちらの方式共バランス、RCAどちらでもつなぐことが出来ます。ブリッジでバランス接続とすると、全段直結となりノイズ影響をより排除出来ます。
また、不平衡(RCA)伝送では逆相信号を取り出す時反転アンプ経由で出力することが多く位相回転が生じる可能性があります(自構成はプリアンプとパワーアンプ間が離れていてバランス接続のため試していません。回路構成からの推測になります。)。

以下、ブリッジ、バイアンプを何度か比較視聴した結果をまとめてみました。
比較機材はパワーがアキュフェーズA級(45W)を2台。前段はバランスバッファーを内蔵しているプリアンプ、ソースはCDプレイヤーです(ソースもバッファーを内蔵しています)。
スピーカーケーブルはハイエンド品ではありませんが以下のものを使用しました。
バイアンプ時、高域がオーディオクエスト製Rocket88(72V)。低域が同Rocket33で端子はYラグまたはバナナのオーディオクエスト製購入時のものです。
ブリッジ時は同Rocket88(72V)のシングル使用になります。スピーカージャンパーはオーディオクエスト製PSC+導体のY/バナナ既製品と使用しているスピーカー タンノイスターリングのジャンパー線を使用しました。

<総評>
空気を押す様な力感を望むならブリッジです。立ち上がりのレスポンスが速いです。ステレオアンプ1台に比べると変ぼうした音です。ウッドベースを弓で弾くとき空気をゴリゴリと押す解像感はバイアンプやシングルステレオアンプでは出せません。
静寂性はステレオスタンダードより一層良くなるもののジャンパー線が良質でないと中高 バランスに影響がでることとバイアンプに比べて高域側にどうしても雑味が残ります。

バイアンプはブリッジでのベース楽器の様なダイナミック感は低下しますが1台ステレオ接続より数段優れています。左右の分離と解像が良く中高域の透明感が優れています。音像もはっきりしておりブリッジより音の密度は高く濃い音です。
バイアンプの最大の特徴は倍音が良く出るということでしょうか。アンプの音色が加わって美音と感じます。

自分のケーブルや機材ではバイアンプの方がバランスが良くベストです。パワーを活かした再生はブリッジが良いのですが丁寧に再生するにはバイアンプが望ましいと思われます。ブリッジの力感に至るにはパワーアンプの力を上げたバイアンプ構成になっていくのではと思います。

<その他>
ブリッジ接続ではアースするタイプのスピーカーは使用できません(グランド電位が上昇します)。バイアンプは可能です。

1st 2017/05/02
2nd 2017/05/06 文言追加訂正
3rd 文書整理 2017/05/23
4th バイアンプへの電源引き出し方法についての訂正 2017/06/01
5th まとめ 2018/08/14
K.Fukuma