月別アーカイブ: 2017年5月

オーディオ フォノイコライザーAD-2850を組み込む

プリアンプ(アキュフェーズC-2820)にフォノイコライザーAD-2850を組み込んだ時の記事です。音の評価は私的なコメントです。

<Photo data>2017/05/05
大山(だいせん、標高1729m、別名伯耆大山)
Canon EOS-1D MarkⅣ
EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM
IOS50 105mm 1/1600 f2.8
Adobe Lightroom モノクローム2

 

<イコライザーを検討する>
手持ちのプリアンプの使い方は、レコードの再生以外はバランス入力です。プリアンプを更新したとき、専用イコライザーとするか今回の様なスロット装着にするか悩みました。
専用イコライザーからXLRで出力するのが良いのですが、プリアンプのポートに空きがありません。外部イコライザーからRCAでコネクトするなら、スロットTypeのPhonoイコライザーでも良いと考えたのがきっかけです。

もう一つ問題があります。プレーヤーはプリのPhono端子とカートリッジの距離が近くても、モーターの回転機構からくる振動や線間の同相ノイズなどいくつか対策しなければならない問題があります。
これらのことを考慮しつつ以下のような選択をしました。

<挿入するイコライザー>
アキュフェーズの候補はAD-2850です。Phono専用機C-37との比較では、入力換算雑音はC同程度ですが、定格出力時のS/NはC-37に比べ見劣りがします。
カートリッジの入力レベルが低いとC-37ほどの性能は得られないのです。大分時間をかけて考えましたが、この際MC型はさっぱりと諦め、カートリッジはMM型で行くことにしました(出力を上げて対処する)。
調べていくと、最近のMM型はMC型と比べ遜色のないものが出ているのです。

ちょっと脱線致します。
C-37はディスクリート構成の3パラ6プッシュ差動入力。AD-2850も同じ回路構成ですが、差動アンプの段数が半分です。この辺がバックグラウンドのノイズ性能に現れています。

戻ります。
もう一点、イコライザーを変えたら音が様変わりしたというのも困ります。プリアンプと同系統のなら問題ありません。AD-2850の基板材料やメッキも現用プリと同じでした。同じ音色と考えます。
ということで、自分的なシナリオではありますが、イコライザーは外部専用機ではなくスロット型のAD-2850に落ち着きました。

<外部的なノイズマージン対策>
①ベルト駆動用モーターの振動対策
カートリッジMM型で、マッチしていそうなターンテーブルも改めて探すことにしました。
ターンテーブルの駆動方式では、ダイレクトドライブは落選です。十分な除振が出来ません。ベルトドライブなどターンテーブルとモーターが物理的にセパレートされているものを探しました。
欧州のものを探していくうちに、国産でいいものを見つけました。マランツTT-15S1です。クラスは中級品だと思いますが、ベルトドライブで、モーターは穴を開けて隔離しています。シンプルな構造です。
足は3本フットで、これといった欠点が見当たらないプレーヤーだと思いました。
知り合いのオーディオショップで何度か再生してもらい、しかも標準で付属しているカートリッジもこれで良いと判断しました。

購入後は、以下の対策を追加しました。
モーターの回転によって、ほんの少しですがピックアップに振動がのってきます。これは、下の写真のようにモーター下部に1mm厚の振動吸収材 (foQ)を貼りつけ対策しました。もちろん、モーターはベースプレートと機械的に接触しないように固定します。

②RCAショートピンとスピーカーアース
アースをしました。
自分の機器は基本的にアースはしない方針ですが(アーシンググッズはその電位が問題で、バランスコネクトするときは不要。他のアースをするとむしろ外部から誘導ノイズを受ける方が多い。この考え方はこのホームページ内のアースに関するいくつかの記述に紹介しています。)、カートリッジからのアース線は次の様に処理しました。

AD-2850の入力は2chあります。左側(AD1)を使用しました。とりあえず右側(AD2)は空いており別カートリッジの拡張が可能です。オープンchはショートピンでふさぎました。(下記写真参照方)。

TT-15S1からイコライザーへの信号線は不平衡接続です。平行3線ケーブルの中央アース線をAD-2850のChAのアース端子につなぎます。
ChBのグランドにタンノイのスピーカーアース端子とコネクトします。
方法は、良質のケーブルで、イコライザーのChBで2本カシメて接続し、同じ長さでスピーカーのLとRに1本ずつアース線を配します。(写真の緑のテープの線をスピーカーアース端子へ1本ずつ接続、一点アースはAD-2850のChBになります)。
スピーカーアースはフランジやネットワーク内に電荷や外部からの電磁波をグランドする役目です(この方法はタンノイのアース付きスピーカーのみの対策になります。(関連記事を掲載しています)。
自環境では中高域の雑味が減少する効果があります。

<カートリッジ>
フォノカートリッジは独Clearaudio社の「Virtuoso」です。TT15-S1に当初から付帯していたものです。とても暖かみがあって音楽性が豊かな再生が可能です。予備を含め持っていたいカートリッジです。
他の機器は別記事のものを使用しました。

<イコライザー設定>
イコライザーとプリアンプのゲインは、プリアンプを18dB、イコライザーを40dBとしました。

<視聴コメント>
AD-2850の評価として、つぎのものをコメントします。
素人の評価です。

「P.Tchaiikovsky : Symphony No.5 in E minor, OP.64 Berlin Philharmonic Orchestra Cond. Herber Von Karajan Deutsche Grammophon Gesellschaft SMG-2028」
コントラバスの低弦(4弦)がしっかり再生されています。ホルンや木管、ヴァイオリンなどもひびきも十分で楽器も良く出ています。
カートリッジの公表周波数特性は20Hz〜20KHzと一般的なのですがブラスなどの音は高域側開放するような伸びがあります。高調波成分があって美音と感じます。
また、この盤では静寂な場面が到来せず、S/Nは普通の評価です。

「森山良子・カレッジ・フォーク・アルバム フィリップスレコード FS-8044」
若い頃の彼女の声を聴くことが出来ます。柔らかくみずみずしい声です。
Vocalは中央に音像が立ちます。
ギターの弦をはじく音に余韻があります。このあたりがCDやSACDより優れていると感じます。AD-2850で十分情景を引き出せていると思います。
S/Nも良くAD-2850でも全体の静寂性は非常に良好と感じました。

「SIMON & GARFUNKEL PACK20 CBS SONY SOPQ-1」
かなり使用しているディスクですが、P.サイモンのマーチンのボディーに共鳴した音は健在です。14bitのCD、例えばThe definitive SIMON and GARFUNKELと比較するとCDはどうしても深みの無い音です。アナログの良さはこの辺でしょうか。
このディスクは静寂感は余り良くありません。ノイズ処理をしているCDの方が良いと思います。

「JOHN COLTRANE STARDUST」東芝EMI LPR-88056
コルトレーンのテナーサックスは、目の前で発した音が束になって飛んでくるような音圧です。音の密度が高く感じます。
ウッドベースを弓で弾くパートが出てきます。空気をゴリゴリと震わす音を聴くことが出来ます。
このディスクは全体的に高域側にわたってサーというノイズが入っています。静寂感はこのディスクでは評価出来ません。

<全体的に>
AD-2850の静寂性は1曲だけですが全く問題ないと感じました。
特に良いなと思う点は、アナログ特有の倍音を伴っていることです。またクラシックは重厚感があってこのイコライザーで聴いていけると思っています。
尚、ノイズ対策があれば追加していきます。

K.Fukuma

1st 2017/05/20
2nd 誤字修正とコメント追記 2017/05/22
3rd コメント追記 2017/06/19
4th ミス修正 2017/07/02
5th 使用時間経過による視聴評価の若干の修正など 2017/07/06
6th 最近の傾向を含めて一部訂正 2020/08/19

 

バイアンプとブリッジではどちらが良いか

今回は、オーディオの音をよくするシリーズ「バイアンプとブリッジはどちらが良いか」です。パワーアンプを2台にする時の個人的なコメントです。参考になれば幸いです。

<Photo Data>2017/04/02 ニリンソウ 座間谷戸山公園
Canon EOS-1D MarkⅣ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ISO100 400mm 1/800 f/5.6

ピュアオーディオでパワーアンプを2台用いる方法があります。バイアンプ(またはデュアルモノ)とブリッジ(またはBTL)です。どちらもステレオアンプ1台の時に比べ、飛躍的(ちょっと言いすぎかもしれませんが)に音が良くなります。
<Photo Data>2017/04/18 Walking途中で
Canon EOS-1D MarkⅣ EF16-35 mm f/2.8L USM
ISO480 1/160 f/2.8

どちらを選ぶかですが、現在ステレオアンプ1台で、スピーカー接続(以下1台接続)がシングルワイヤーの時はブリッジ、バイワイヤリングならバイアンプが近道です。

<ブリッジ>
ブリッジは同じ(仕様の)パワーアンプを2台使います。信号を正負別に増幅しスピーカーで合成します。負荷インピーダンスが半分になるため1台接続と比べ出力は4倍相当になります。
スピーカー制動がきいた音になり、時に低音の力感や解像感が大幅にアップします。

ブリッジは欠点もあります。これはアンプ1台接続でもあったことですが、スピーカー高域側への逆電圧影響です。ウーハーに印加された信号でコーンが動きますが、元に戻る時、スピーカー端に信号とは逆の電圧が発生します。この電圧はネットワークを介して、高域側のスピーカー(ツィーター)に伝わります。再生している音楽信号と無関係な電圧です。耳障りな音が生じます。これはアンプ1台の時ほどではありませんが、気になりだしたらブリッジ接続としても解消されません。

スピーカーケーブルを襷がけ(アンプからスピーカーネットワークの分離入力Hi側にplus、 Lo側をminusに結線する方法)接続にすると、ジャンパー線の影響(下記)も含めて高域の混濁が少しですが緩和方向です。
しかし、ブリッジ接続で襷がけを行うと、スピーカーネットワークのグランドが設置Typeかフロートかで違いますが、ベース電位の上昇で機器のシャーシ電位が上昇します。
ターンテーブルのピックアップやプリアンプの筐体に触れるとビリッとくるかもしれません。

私のスピーカーは影響があったため、音の確認作業だけで継続検討は断念しました。B&Wは問題なかった記憶があります。必ずそうとは言えませんが、接続されるときは要注意です。

従い、ブリッジ駆動では、スピーカーは一般的なHiまたはLo端子平行入力しかありません。この時は、アンプからスピーカーには高域側か低域側のどちらかに先につなぎ、Hi Lo間はジャンパー線で短絡させます。この平行入力は、先につないだユニットの音圧が若干高く出ます。

<バイアンプ>
バイアンプはスピーカーの高低ユニットを、それぞれ別個のアンプでドライブするやり方です。逆電圧の影響はありません。原音を丁寧に取り出す様な高音質再生が可能です。但し、バイアンプもスピーカーケーブルの影響があります。
独立アンプを介しての接続です。バイワイヤリングの音をさらに改良した音とも言えます。純度の高い差異性が可能ですので、スピーカーケーブルの高低バランスが合ってないと結果が出てしまいます。
もうひとつ、バイアンプの低音駆動はブリッジよりも弱くなります。しかし、ステレオアンプ1台接続に比べれば高域の負担が無い分力感は改善されます。

<その他の特徴>
LR(左右)分離は、バイアンプ、ブリッジともモノアンプ駆動です。ステレオアンプ1台に比べ音場が拡大します。左右のグランドが分離されていることが影響しているかと思います。

グランドについて言えば、ブリッジもアンプ2台でスピーカーを平衡駆動しますが、出力信号がグランドに環流しません。バイアンプは通常のステレオアンプと同じく、グランドに出力信号が戻ってきます。通り道が共有されるバイアンプよりブリッジの方がS/Nは良いと感じます。従って、ブリッジの方が高域への逆電圧影響はありますが本来は静かなはずです。
ブリッジはやはり高域への逆電圧を如何に抑えるかを対策しないと、駆動メリットが余り得られません。

以下、ブリッジ、バイアンプの比較視聴結果をまとめてみました。
機材はパワーアンプがアキュフェーズA45を2台。前段となるプリアンプはバランスバッファーを内蔵しているアキュフェーズのC-2820。音源再生はマランツSA11です(SA11もバッファーアンプを持っています)。スピーカーはタンノイ スターリング。
スピーカーケーブルは、バイアンプは高域がオーディオクエスト製Rocket88(72V)。低域は同Rocket33。端子はYラグまたはバナナのオーディオクエスト製です。
ブリッジ時はRocket88(72V)のシングル使用。ジャンパーはオーディオクエスト製PSC+導体のY/バナナ接続、または タンノイスターリングに添付されていたジャンパー線を使用しました。

<総評>
空気や部屋を揺らすような音圧・力感を望むならブリッジです。スピーカーに対する駆動力も高く、音の立ち上がりが速いと感じます。ステレオアンプ1台に比べると変ぼうした音です。特に、ウッドベースを弓で弾くコンテンツでは、空気をゴリゴリと押す様な解像感が得られます。これはバイアンプやシングルステレオアンプでは出せません。
でも、静寂性を求めるなら、スピーカージャンパーが良質ならの条件付きですが、バイアンプに軍配があがります。ブリッジは静かな楽曲では高域側の雑味が残ります。
ソースによってアンプを使い分ける事は、、、そんなこと想像するのは止めましょう。

バイアンプはブリッジのベース楽器の様な空気振動は低下しますが、ステレオアンプ1台よりは数段優れています。左右の分離もS/Nも良く、特に中高域の透明感に優れます。音像もはっきりしておりブリッジより音の密度は高く濃い音です。
また、バイアンプの最大の特徴は倍音が良く出るということでしょうか。アンプの音色が加わって美音と感じます。

自分のケーブルや機材ではバイアンプがバランスが良くベストです。強いて言えば、パワーアンプの出力をもっと増した方が良いと思います。片Ch70W位必要かもしれません。
バイアンプを選択し、パワーアンプの力を上げていく攻め方が答えだと考えます。

1st 2017/05/02
2nd 2017/05/06 文言追加訂正
3rd 文書整理 2017/05/23
4th バイアンプへの電源引き出し方法についての訂正 2017/06/01
5th まとめ 2018/08/14
6th 追記  2020/05/17
K.Fukuma