月別アーカイブ: 2018年3月

オーディオの音をよくする(電源の振動を抑制する)

今回はピュアオーディオのアイソレーショントランスを含む電源系統の振動を抑制して音をよくすることについてです。
オーディオシステムは電源に入ってくるノイズとオーディオ機器自身の電源ラインへのノイズの放出の両方を防がねばなりません。ノイズの出入りを制するためには電源の入出力を雑音遮断するアイソレーション電源(またはノイズカット)が必須です。
<Photo Data>2018/03/30 海老名清水寺公園にて(今年の桜も色づきはGoodです。)
EOS-1DX EF24-105mm f/4L IS USM
1/3200 f4 24mm 
ところが一般的にアイソレーション電源は巨大なトランスが内蔵されています。実はこの電源自体もかなりの振動を発しているのです。
AC系統に直流が混じっていると尚更トランスの唸りは必ず起こります。

こうした環境下、対策はいくつもありません。良い方法はアイソレーション電源自体を良質なラックに載せてやることです。
電源の溷濁は全てのオーディオ機器に影響します。他のオーディ機器よりはしっかり対策した方が良いと考えています。

使用したラックはTAOC ASR Ⅱ-1Sです(従来はオーディオボードとTAOCのピンプレートTITE25GPの構成)。

アイソレーション電源は工場出荷時のフットは床の振動も受ける他、自身の震動抑制も限界がある様に感じていました。
電源の足はそのままとし、オーディオボードとインシュレーターの下敷構成でも相当音は良くなりますが、十分ではありませんでした。
新しい構成はアイソレーション電源の足をKRYNA T-PROP(M10 10mmネジType)。下敷きはASR標準としていましたが、更にスパイク&ピンプレートに変更しました(下はアップデート後の写真です)。

電源はKRYNA、下敷きはピンスパイクに変更し、トランスの振動や床からの伝搬の影響も相当抑制されていると感じます。
音に変調がなくなり低域から高域まで全レンジで抜けの良い音質です。若干感じていた楽器やボーカルの溷濁も比較論にはなりますが見事にとれました。
音場も申し分ありません。
音の抜け感は単に抜けが良いのと違って、サステインしなければならない音、ジャリンと鳴るシンバル、静かなステージでのギターの響、私的なコメントですがとても気に入っています。

ピンスパイクを使用するセッテイングについては、以前ラックセットの所で記載しています(オーディオの音をよくするー磁気と振動の抑制)、ご参照下さい。通常床は歪みがあります。丁寧に且つ精密にスパイクアジャストを行います。重量物が載るからそれで良いということでなく、電源もラックも四隅を押してみてガタが無く、また手でコンコンとたたいて固い音になる追い込むのがポイントです。

Kazunori Fukuma
1st 2018/03/31