月別アーカイブ: 2019年1月

Mac、WindowsPCからIOデータ製LANディスクに接続する

Mac(OS10.14)、Windows(Windows10)混合使用環境下で、IOデータ製のLANディスクHDL-T1NVを初期化再使用したときのメモです。
Photo Data]2018/12/09 伊江島(天候 雨)
EOS-7D EF-S 15-85mm f3.5-5.6 IS USM
1/200 f6.3 50mm

1.使用していたLANDISKを工場出荷状態に初期化します
最初に、LANDISKの電源を落とします。続いて、LANケーブルを抜き、再度電源を投入します。
背面の小さなReset口に、クリップの先端などを差込、フロント下部ランプ点滅が消えるまで押し続けます(しばらくかかります)。

2.LANDISKにLANケーブルをつなぎます。
IOデータのサイトから「mfinder」をダウンロードしセットアップします(Windows専用のアプリです。WindowsPCにダウンロードします。)。
mfinderを起動すると、LANDISKのIPアドレスが表示されます(192.168.xx.xxの書式です)。このアプリの起動で、LANディスクのアドレスが判明します。

3.WindowsPCの「設定」を起動します
WindowsPCの(旧コントロールパネル)設定の検索ボックスで「資格マネージャー」を探して開きます。
LANDISKアクセスする時の資格を追加取得します。
続いて、LANDISKへのログインアドレスとログインパスワードを設定します(WindowsのログインIDではありません)。

4.引き続きWindowsPCのエクスプローラーで、LANDISKが見えますので、D以降Zまでの名称のドライブ名を使用しマウントします(例えばDとするとDドライブになります)。
その名前を適当な名前に変更し終了です。

5.Chromeかエクスプローラーで、LANDISKのIPアドレスを入力し、LANDISKにログインします。
LANDISKのアドレスを、DHCP自動から手動に切り換えます(自動でも構いません)。

6.次に、Macからは、Macのfinderを起動し、設定したLANDISKが見えていればMacにも接続されたことになります。
LANDISKをクリックし、WindowsPCで設定したログイン名、パスワードを使ってログインします。
もし接続できないときは、Windowsのファイアウォールがブロックされている可能性があります。この時はブロックを解除します。Macの場合も、同様に例外措置を行います。
以上

Kazunori Fukuma
1st 2019/01/16
2nd 一部手直し 2019/01/19
3rd 文脈の修正 2019/06/05