月別アーカイブ: 2019年10月

電子印鑑の簡単な作成方法

販売管理の伝票等で使用可能な簡単な電子印鑑の作成方法を紹介いたします。

電子印鑑は、専用サイトで購入する方法もありますが、図形加工ソフトがあれば自分で作成してもそんなに時間はかかりません。今回は多くの利用者がいると思われるマイクロソフトPowerPointを使用しました。

<電子印鑑の作成手順>
PowerPointを起動し、新しいプレゼンテーションを選びます(PowerPoinTのVersionは下を参照下さい)。

プレゼンテーション画面は、起動時に出てくる最初のページでも、追加したページでも、どちらでも構いません。

最初の画面に表示されている「タイトルを入力」や「テキストを入力」の枠は全て消去します。

次に、PowerPointのヘッダーの「図形」から、基本図形の「丸」を選びます(次のスクリーンショット参照)。基本図形を選んだら、プレゼンテーションページの中央付近に上下3等分位になる程度の大きさの「青い丸」をマウスで描きます。下記のスクリーンショットの様な円形の丸にします(楕円の印鑑の時は、楕円にします)。

 

次に、青い丸の図形全体を選択した状態にします。PowerPointのヘッダーから「図形の塗りつぶし」で、Color=[白」を選ぶと青い丸が白い丸になります。

次に、丸の中央部をダブルクリックして姓名を入力します。入力した文字を選択し、フォントの色を朱肉に近い色に変換します。文字は「フォントの色変換」で、外周の青は「た図形の塗りつぶし」で同じ朱色にします。
下の例は、浅川さんという姓名を書き込んだ例です。文字は横書きで書き、縦書きに変換しています。縦書きは、文字を選択し、ヘッダーの文字拡大(A▲)をしていくと、フルサイズになったところで縦書きになります。

まだ、PowerPointは閉じません。
続いて、作成した印鑑図の中央にマウスを置き、右クリックします。ドロップダウンで出てきたメニューから印鑑画像の書式設定を「Jpeg」にします。続けて右クリックし、「図として保存」を選び、印鑑画像を保存します。

開いたままのPowerPointのプレゼン資料は、xxさんの印鑑図などの名前を付けて保存します。別の名前を作成する特は、この保存したプレゼン資料を読み出し、姓を書き換えることで追加出来ます。

次は適用例です。
下のスクリーンショットは販売管理の納品書に電子印鑑を使用した例です。伝票のレイアウトが白の時は印鑑画像の下地を白にするのがポイントです。または、スルー画像にして伝票下地=白でも構いません。

作成例の販売管理は、本ホームページの「ファイルメーカー 販売管理」からご利用可能です。

Kazunori Fukuma
1st 2019/ 10/29

Mac High SierraでAudirvana v3700を試してみる

PC Audioで音質が良いAudirvanaを使用しています。
今回、Ver2.6をVersion3700に上げ、同時にMacbookPro もOSX Mervericks(10.9.6)をmacOS High Sierra(10.13.1)にアップデートしてみました。
(Versionをあげる前の設定は、MacBookProのOSは、 OSX 10.9.6、Audirvana Plusは 2.6.6、 Direct Audioの設定です) 。

テストしたV3700のセッティングは下記です。

使用したDACはRME Babyface Proです。192KHz にアップサンプリングしたPCM信号をUSB経由でBayfaceに送っています。
MacbookProの環境は、2.3GHz Intel Core i5、SSD 500GB、16GBメモリー、USBポートはマウスを取り付け、Wifi環境下での再生です。PCオーディオでは画面の明るさが音に影響しますが、明るさは約120cd位です(測定した訳ではありません)。
その他、Macのサウンド設定はDACを指定、Audio MIDIは192KHz/24bit、4ch出力としました。

Mac High Sierra(10.13.1)ではAudirvanaのDirect Modeが使えません。Low Level playback optionsはExclusive access modeとしました。
また、MacをHigh Sierraにアップデートした関係で、Babyface ProのDriverも下記スクリーンショットの画像のVersionにアップデートしました。

機器の接続は、Babyface ProからはXLRポートにアナログで出し、アキュフェーズC-2820のバランス入力に接続しました。パワーアンプは同じくアキュフェーズA-45のDual Mono駆動。スピーカーはTANNOY Stirling/SEです。
Dual Monoは、L、R独立ドライブです。ウーハーの戻り電圧の影響を最小化出来ます。

視聴した曲は次のものです。
クラシックは背景のチェックと弦の振動や残響、矢野沙織はサックスの空気を突き刺す様な音のチェックに使用しました。

<音質>
今回の検討結果は、ポピュラーなどは問題ありませんが、単楽器の再生では背景の静けさがやや劣る様に感じました。弦楽器の微細な振動音、ホール内への拡がり感などが減少している様に思いました。

全体に雑味が多く、S/NはDirect Audioに比べ劣る感じです。
最も残念な点は、これもDirect Audio比ですが、低域の押し出す力が低下しています。深い低域は再生不十分と言えます。低音がなまってしまう点も残念なところです。。
空気をつんざく様なサックスの音は少しクリップが感じられました。これは、Sampling rateをNo Limitsから192KHzに抑えると軽減されました。

PC Audioはコンピューター内のDelayやバックグラウンドのノイズをどれだけ被らないかですが、感覚でいいますと、Direct Mode > CD >> Exclusive Modeという感じです。
MacはSSDにしていますが、この結果です。
改めてDirectで取り出す音は秀逸だと思いました。

 

Kazunori Fukuma
1st 2019/10/25
2nd 一部訂正 2019/10/26