月別アーカイブ: 2020年10月

Dell T3600の起動ドライブをM.2 NVMe SSD化

Dell WorkStation T3600の起動ドライブをM.2 NVMeに変更しました。
変更前のディスク構成はオリジナルがHDDx2のRAID1、直近はSATA SSDx2のRAID1です。

<対象機種>
2012年製の古いPCです。ハードサポートも終了しています。
部品はまだしっかりしていますので、一部強化してもう少し使う予定です。

<強化部分>
1.メモリーDDR1600MHz16GBを32GBに
2.H310カード型RAID1起動を、M.2 NVMe SSD起動に切り替えます

<Memoryの増設>
1600MHz Memory はECCメモリーです。店頭での在庫がありません。入手に時間がかかりましたが、同一メーカーのシリーズもの中古品を購入することが出来ました(8GBx4枚)。
メモリー入れ替えは直ぐ完了しエラーもありませんでした。
Photoshop写真現像は大量にメモリーを消費しますがストレスはありませんでした。
一般的なアプリではほとんど変わりません。

<M.2 NVMe SSDの購入>
T3600 PCIe でSSD起動する時の規格はNVMe 1.3に適合していなければなりません。1.3の規格は、Windows 8以降、Mキー、PCIe Gen3x4です。カードタイプは 2230、2242、2260、2280のものが接続出来そうです。

T3600のマザーボードには6個のPCIeスロットがあります。

SLOT USE Gen
1 RAID1 PCIe Gen3x8
2 Quadro4000 PCIe Gen3x16
3 Empty PCIe Gen2x1
4 Empty PCIe Gen3x16
5 Empty PCIe Gen2x4
6 Empty PCIe

PCIe 1.3で使えそうなSLOTはSLOT4です。
RAIDをやめればSLOT1も大丈夫です。

SSDとPCIe変換Cardを購入しました。
M.2 NVMe SSD:KIOXIA 1TB Reading Max1700MB/s、Writing Max 1600MB/s
(NANDはHDDに比べエラーが出やすく、5年保証付きということで選びました)

 

 

 

 

変換カード:アイネックス製AIF-10(AIF-10はヒートシンクが気に入りました)
2点合計、Amazonで~14K¥位でした。

<SSD組立と装着>
M.2 NVMe SSD(以降SSD)の表裏に付属の熱伝導シートを貼ります。言葉だけの説明になりますが、一番厚い1.5mm厚のシートをSSDの裏面に、1.2mm厚のものを表面に貼りました。SSDを端子にさし込みネジ止めします。さらに、ヒートシンクを、切り欠きを上にして取り付けます(切り欠きの方向は、メーカーの注意書きにありました。SSDに信号のアクセスがあるとLEDが点滅します)。ブラケットは、長い方を取り付けます。

 

 

 

 

 

 

PCの電源オフを確認してマザーボードに装着します。

<Windows10インストールメディアの作成と初期化>
この時点のT3600のBIOS RevisionはA18です。
Windows10インストールディスクをマイクロソフトからダウンロードします。ツールを今すぐダウンロードをクリックし、ISOファイルをDVDに書き込みます。DVDはトレーに残しておきます。

T3600を再起動し、直後にF2キーでBIOSを起動します。BIOSのブートを「Legacy」から「UEFI」に切り替えます。ApplyしてBIOSから抜け出します。
さらに再起動後F12キーを押し、OneTime起動させるとWindws10の初期化が始まります。
これまで起動に使っていたSATAディスクがそのままにしてあります。SATAディスクがあってもこちらにはWindowsはインストールされません。また、前のRAID起動ディスクをクローンしてもNVMe SSDには復元できません。

途中でWindows10のプロダクトキーが必要になります。
Windwos10のインストールが終了しても、最終再起動をせず、Windows初期化DVDだけ抜いておきます。
続けて以下の作業を行います。

<Boot Loaderの作成>
初期インストールがWindows7時代のものは、ほとんどレガシーBIOSの様です。10にアップグレードしていても、M.2 PCIe SSDから起動はできないと思われます。
SATA RAID1 HDDをSSD化した記事はDell T3600のRAID起動ドライブをSSD化するを参照ください。
今回は、Macで使われているCloverというブートローダーのWin版を使いたいと思います。

<Clover EFIの作成>
Cloverのサイトから Boot loader 5070をダウンロードしました。

続いて、Rufusという転送アプリをダウンロードします。Version 3.12をダウンロードしました。
Cloverを解凍し、出てきたisoファイルをRufusを使ってUSBメモリーに転送します。下の画像を参照下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブートの種類にisoファイル、パーテーションはGPT、ターゲットシステムはUEFI、ボリュームラベル、デバイス名は任意でOKです。
ファイルシステムはFAT32、クラスターサイズは8192バイトの規定にします。
USBメモリをT3600に挿入し、スタートをクリックするとUSBメモリーにブート領域が出来ます。

書き込んだEFI領域の中のoffフォルダーにあるNvmExpressDxe.efiをEFIフォルダーにコピーします(下のSC画像を参照ください)。

 

 

 

 

USBメモリーを挿入した状態絵再起動させます。
Clover EFIが起動し、下のCloverの画面が開きます。
左端がNVMeアイコンです。

 

 

 

 

 

 

PCが再起動して5秒経過するとNVMe SSD(C:となっています)のWindowsが開きます。PCの起動ディスク選択と同じです。
その他の起動も選択できますが、BIOS起動はレガシーに戻す必要があります。

<M.2 NVMeの速度>
結果は、十分に高速です。
今回は初期化したためアプリは再インストールが必要になりました。インストール時間は非常に短くなりました。
アプリのレスポンスが良く、雑念無しでいろんな作業を進めることが出来ます。

USBに書き込んだブートローダーは、背面のポートに差し替えました。
起動ディスク変更の際、下記の投稿を参考にさせていただきました、
WindowsPCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート
PC爆速化NVMe M.2 SSD変換PCIeカードAINEX AIF-08を取り付けてみた

Kazunori Fukuma
1st 2020/10/25
2nd 参考記事のリンク 2020/10/28
3rd 画像位置の変更 2020/11/03
4th 誤記訂正 2020/11/12