月別アーカイブ: 2021年9月

Photoshop Macmini 機種別30bit対応調査

Macmini 2012、2014、2020 M1で Photoshop 30bit接続についての記述です。
Photoshopはカラー深度30bitのモニターを使用すると10億色の表示が可能といわれています(通常は24bitです)。
手持ちのMacminiに(現在2014は現在手元にありませんが)Photoshopをインストールしてのチェックです。
使用ディスプレイは、EIZO CG247 1920x1200 60Hzです。
Macmini ディスプレイ間は、Late 2012と2014はminidisplay portーDisplay port変換ケーブル。Macmini 2020 M1はthunderbolt3ーDisplay port変換ケーブルを使用しました。ケーブル仕様は3840×2160 4K/60Hz Mac用を使用しました。
結果は次の表のとおりです。

世代 OS//CPU/GPU Photoshop Version 30bit表示
Late2012 Catelina/Dual Core i5/Intel HD 4000 V21.2.12 X 写真1
Late2014 Big Sur/Dual Core i7/Intel Iris V21.x X
2020 Big Sur/8Core Apple Si V22.0〜22.1 写真2
2020 同上 V22.2〜V22.5(*)  

写真3

Late 2012のディスプレイ詳細設定をみると、写真1の様に30bit表示にチェックが入っています。しかし、システムレポートを取ると更に下のスクリーンショットの様に24bit深度までとなっており30bit接続はNGの様です。
左:写真1

Late 2012 MacminiのGPUはIntel HD Graphicsですが、VRAMはメインメモリからおすそ分けの1536MBです。
以前のOSではこの容量で30bitになっていたと思いますが、今は駄目なようです。
現在、Adobe社の30bit接続条件がVRAM>2GB以上としており、現在はサポート外になっているのかもしれません。

Late 2014 Macmini のGPUはIntel Irisですが、こちらは24bitまででした。
他のGPUでは可能なのかもしれませんが、、、。

下:スクリーンショット(Late 2012 macmini システムレポートより)
そして、2020 M1についてです。
この機種は、PhoshopのVersion V22.0 からV22.1までは写真2の様に、グラフィックスプロセッサーの詳細すべてにチェックが入っており、多分M1でRosetta動作にすれば30bitは可能と考えられます(下の写真2を参照下さい)。
しかし、M1はカラー深度の表示そのものがありません。30bitはOKだろうと思いますが、これ以上は分かりません。

(下 写真2)Macmini M1 、Photoshop V22.0からV22.1グラフィックプロセッサーの詳細設定のスクリーンショット

M1 Photoshopはその後V22.2以降にVersion が上がりました。22以降はM1 Native対応になりました。
Appleのアーキテクチャーに適合し、体感速度もかなり良好です。
しかし、グラフィックプロセッサーの詳細設定はというと、写真3の様に、Rosettaに比べチェック項目も減り、肝心の30bitディスプレイ項目についてはグレイアウトになっています。
モニターのカラー深度もわかりません。
この状態をどう考えるかですが、V22.1の環境をM1 Native に引き継いでいると考えれば、最新のVersion で各色10bitは確保されているのかもしれません。

(左 写真3)
以上のように、不確かな結果になってしまいました。モアレのあるような画像でもあれば比較できるとは思いますが、実際の写真現像では差は見えません。

Kazunori Fukuma
1st及び一部修正  2021/09/16
2nd スマホ表示幅オーバーによる変更2021/09/17
3rd 段間調整 2021/09/18
4th Intel HDのスクリーンショット追加 2021/09/24
5th 段落再調整 2021/10/02

 

Windowsにphp、Apacheをインストールする

php、Apacheのインストール記事です。
前に投稿した記事と基本的には変わりません。php、Apacheが再度必要となり、より新しいVersionのphp、Apacheをインストールしましたので設定環境をまとめました。
MariaDBのインストールは後で追加となります。

使用PCは前の投稿と同じです。
Dell Workstation Windows 10 Pro(64bit)、2.7G Intel Xeon 8-core、32GB、1TB Raid1 HDDベースを使用しました。

1.ランタイムを確認します
ランタイムが必要ですが、前にインストール済みのため今回は行いません。
Windowsの設定のアプリに「Visual C++ 2015-2019 ReDistributable」があればOKです。無い場合はVisual Studio 2019などをインストールするとOKです。

2.phpとApacheのダウンロード&インストール
今回は左のVersionをダウンロードしました。
phpはVersion8がリリースされていますが、8ではなく7で少し新しい7.4をダウンロードしました。
Apacheも7.4としました。

3.phpの初期設定
phpは、ダウンロードフォルダーの「php-7.4.23-win32-vc15-x64.zip」をまず解凍します。解凍して出てきたフォルダーをWindowsのLocalのC:にMoveします。
フォルダー名のphp-7.4.23-win32-vc15-x64をphp-7.4.23に変更します。
そのフォルダー内にある「php.ini-development」をデスクトップにコピー&ペーストします。
名前をphp.iniに変更します。

  1. php.iniの編集
    php.iniをVSC(Visual Studio Code)などのテキストエディターで開きます。
    以下の様に修正します。
    デフォルトで記述通りの時はそのままでOKです。
    759行前後:extension_dir=”C:\php-7.4.23\ext”

    839行前後:upload_tmp_dir = “C:\php-7.4.23\tmp”

    964行前後:date.timezone = Asia/Tokyo
    1323行前後:session.save_path = “C:\php-7.4.23\tmp”
    これ以外はデフォルトとします。

  2. phpにpathを設定(\は半角¥記号です)
    C:\php-7.4.23にpathを通します。
    設定は、Windowsの設定の検索ボックスにpathと入力し、pathの項目にC:\php-7.4.23を追加します。
  3. Apacheのダウンロードとインストール
    Apacheはダウンロード名称はhttpd-です。ダウンロードフォルダーにあるhttpd-2.4.48-win64-VS16.zipを解凍します。
    生成したフォルダー「Apache24」をphpと同じLocalのc:\にMoveします。
    Apache24\confにあるhttpd.confをVSCで開きます。

    以下の様に設定しました。
    ドキュメントフォルダーはデフォルトのhtdocsとします。
    今回はphpのみ動かします。
    doc乗るダーを変更するときやPerlを使用する場合はconfファイルの変更が必要です。

    37行前後:Define SRVROOT “c:/Apache24”
    39行前後:ServerRoot “${SRVROOT}”
    60行前後:
    Listen 80
    186行目前後:
    LoadModule php7_module “C:/php-7.4.23/php7apache2_4.dll”
    (php-7.4.23に
    php7apache2_4.dllが存在している必要があります)
    228行前後:
    ServerName localhost:80
    235行から:
    <Directory />
      AllowOverride All
      Require all granted
    </Directory>

    252行前後:
    DocumentRoot “${SRVROOT}/htdocs”
    <Directory “${SRVROOT}/htdocs”>

    266行前後:

    Options Indexes FollowSymLinks
    Options +Includes

    426行前後:

        AddType application/x-httpd-php .php
        AddType application/x-httpd-php-source .php

    436行前後:AddHandler php7-script .php

    行末に:PHPIniDir “C:/php-7.4.23”
    を追加します。

    5.Apacheにパスを通します
    htdocsとbinにパスを設定します。
    htdocsにpathがと太田かを確認するにはhtdocs内のindex.htmlをダブルクリックします。
    「It works!」と表示されたらOKです。

    6.ApacheをWindows Serviceに登録します
    ターミナルを管理者権限で起動し、C:\httpd -k installを実行します。
    ,,,,,,successfully installedと表示されれば成功です。

    7.Apacheを起動します
    同じく管理者権限でc:\httpd -k startを実行します。
    ChromeなどのWebアプリにhttp://localhost/ とキーインし、It works!と表示されればOKです。
    これでPCを起動すれば、自動的にApcheが動きます。
    htmlやphpで書いたProgramをhtdocsに保存し、URLでlocalhost/以下にファイル名を記述すれば動きます。

    以上です。
    次回は、MariaDBを追加したときに投稿します。

     

    Kazunori Fukuma
    1st 2021/09/11