CDはアナログよりデジタル接続する方が音が良い

今回はCDのデジタル接続についてです。いわゆるCDのトランスポートとしての使い方です。
<Photo Data>
2017/07/17車山高原山頂(標高1925m)より白樺湖を望む
上空には雨雲が迫っています
Canon EOS1-DMarkⅣ EF24-105mm f/4L IS USM
1/125 f5 35mm ISO50

前に投稿しましたCDトランスポートの検討もあわせてご参照下さい。

CDはレコードの後継規格として生まれたことが影響しているのかデジタルなのに聴くときはアナログが多いのです。
ところがCDをアナログ出力で聴く場合、プレイヤー内部にモーターがあるためどうしても磁束やノイズの影響を受けてしまいます。
CDの音はデジタルで取り出す方が相当上質なのです。

CDを再生するとき内外周で線速度が異るため回転速度制御が行われています。この制御にDC(直流)モーターが使用されることから回転ノイズと磁石からのフラックス影響があるのです。
こういったことを嫌って、モーターをアナログ回路から遠ざけているメーカーもあります。しかし一般的には中心部にローディングする構造で、たいていの場合微少な信号を扱うアナログ回路はモーターに近いのです。

オーディオの目的の一つは空気のとばりが感じるほどの静寂な背景です。この時は信号をデジタルでそっと取り出しのがベストです。
そしてCD機器から離れたところでDA変換をします。最高級のCDとDACシステムはこのやり方です。

デジタルで取り出す検討を以前の投稿で記載しています。
現在CDプレイヤーはSA-11S3を使用していて、マランツの内部DACでもとても優れた音を出力出来ていますが、デジタルで信号を取り出すと尚一層背景を沈み込ませることが出来ます。

<以下追記です>
以前の検討例を上記のブロックダイヤグラムに記載しています。プリアンプにアキュフェーズC-2000、これにDAC-30(アキュフェーズのデジタルボード)という基板型のDAコンバーターをC-2000に装着して行いました。
ただ、CDプレイヤーとDAC-30をダイレクトにつなぐと若干ジッターが生じます。上図の様にBabyface ProをC-2000とプレイヤーの間に介在させ転送ジッターを防ぎました。

曽於他の使用機材は、MacbookPro、SA-11S3、Babyface Pro、C-2000、DAC-30です。
この音はC-2000はエントリーモデルながら、SA-11S3のアナログ出力とほぼ同じレベルになります。プリアンプはC-2820アキュフェーズ、パワーアンプはA-45×2台バイアンプの構成での比較です。

1st 初稿と一部修正 2017/09/21
2nd タイトルの修正と一部内容の訂正 2017/09/23
3rd 誤記修正 2017/09/25
4th 一部見直し 2017/10/14
5th 追記等見直し 2017/11/06
Kazunori Fukuma