ファイルメーカーで販売管理、納品書・請求書印刷と消費税対応

今年3月頃(2014/3)から手がけてたFileMaker(ファイルメーカー)による販売管理ソフト(初回分の投稿を掲載しています)がほぼ出来上がりました。失敗と改良を重ね、半年かかってようやく実データを入力した最終テスト段階まで来ました。

使用したファイルメーカーはFileMaker Pro12.0v4、開発用PCは、iMac(OSX10.9.4)です。
Windows8.1でテストをしています。
基本仕様は、見積、見積依頼、受注、納品、請求、仕入、在庫、入金、支払と各帳票出力が可能です。管理メニューは、在庫、顧客別仕入実績、購入販売履歴、売上実績。フォローメニューに未発注、未入荷、未請求、売掛残、受注、売上フォローなどです。基本台帳は、商品、顧客、仕入先です。
販売、仕入れのモードは、掛け仕入に掛売、現金、都度請求に対応しています。
2015年になって顧客管理を追加中です。顧客管理とは何を整備すれば良いのか手探り状態です。

このソフトの最大の特徴は、(ファイルメーカーの特徴でもある)ポータルを使った出力イメージに近い編集レイアウトとしたことです。とにかく使いやすいことを目指しました。

少し内部の説明を致します。
開発当初、フィールド間の計算でつまずきました。その時の原因はまだクリアにはなっていませんが、テーブル間でアクセスする計算を極力減らして、まあ問題が出なくなったといったところです。
_MG_8293-2<Photo Data>2014/08/25 安曇野大王わさび農場の水車小屋。ここはビックリするほど豊富な水が流れています。水の豊かさを求めましたが、そのショットはNGショットでした。このアングルはもっと右の方が良いのですが、、、。
EOS5DMarkII EF70-200mm f/2.8L IS II USM 1/800 f/2.8

 

_MG_8303-2

 

<Photo data>2014/08/25 旅の途中碌山美術館を見学。荻原守衛の「女」など代表的な作品が展示されていました。美術館を出たところで中学生が見知らぬ私たちに元気よく挨拶してくれました。とても気持ちの良い旅になりました。

EOS 5DMarkII EF24-105mm f/4L IS USM 1/125 f4.0

 

 

 

 

 

美術館と挨拶してくれた学校(安曇野市穂高東中学校)の場所です。
スクリーンショット 2014-10-21 15.20.04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<Photo data>2014/08/25 大糸線「HB-E 300系リゾートビューふるさと」の様です。美術館横を丁度走ってきた電車をとらえました。後で調べてみますと、この電車ハイブリッドだそうです。
EOS5DMarkII EF24-105mm f/4L IS USM 1/1600 f4
_MG_8316

(さて、本文に戻ります)
計算は、テーブル内でできるだけ完結させる様にして、今のところ計算結果は正しく出力されていると思います。
ポータルのフィールドを直接計算式で使いますとエラーが出るのか、フィールドを変数に書き込んで、演算を変数同士で行うように変更しました。


1.納品書印刷

客先に出力します帳票類の印刷を以下具体例をご紹介いたします。下記のスクリーンショットを御覧ください。順に納品書・請求書の印刷レイアウト(一部です)、その印刷サンプル、受注データテーブルです。
印刷レイアウトは、自社情報と商品欄がポータルによる構成です。このサンプルは納品書・請求書上下2段の帳票の上の部分です。請求書側のレイアウトも納品書と全く同じです。レイアウトの設計は納品書側のポータルとフィールドの構成を決めればコピーして貼り付けるだけで簡単に伝票印刷ができます。
また、フィールドのラフな配置は、帳票のオブジェクトを下地に調整すると目標印刷位置を簡単にアジャスト出来ます
。もちろんフィールドの順番の変更や、印刷書式変更にも対応させることが出来ます。印刷は、納品書・請求書の入力・編集メニューから印刷コマンドボタンにスクリプトを組み込み印刷を実行します。

スクリーンショット 2014-09-26 11.33.26

_MG_8491-5

 

 

 

 

上の納品書の事例は、5件/1枚の帳票様式のものです。この場合、商品の数が5件以上の場合は収まりませんので次ページへ繰り越し処理をします。繰り越しは、データテーブルにページフィールドを設けます。関数Ceiling(行数/5)でページ数を計算するか、または全データ数をカウントして何ページにわたるかを求めてページまたは5の倍数でインクリメントさせます。Ceilingを使う場合、6件目のデータのページフィールドは6/5となり、切り上がってMaxページは2になるわけです。
スクリーンショット 2014-09-26 13.34.44

今度は納品書・請求書の印刷スクリプトです。
印刷テクニックとしては、金額合計、税抜額合計、消費税額の合計額はダミーフィールド化して最終ページのみ総合計を印刷します。最終ページのダミーフィールドには計算結果を入れ、前のページには金額合計欄に例えば「次ページ」などのコメントを出力します。

プリンタの駆動は、スクリプトで印刷レイアウトに切り替えて(この例では納品・請求書印刷(1))データを送ります。プリンタの印刷設定はA4縦とか倍率など書式はあらかじめ設定が必要をしておきます。印刷は1ページ目、2ページ目と印刷が連続で行われ、最終ページを印刷してLoopから抜け出します。
いきなりプリンタに出力せず、プリンタダイアログを開いて紙などを設定しながら印刷したいときは、スクリプトでダイアログをオンにします。

2.消費税特例対応
納品書には、受注日と受注伝票番号を左下余白に印刷するようにしました。売上は売上日起算で確定させます。消費税については、今年(2914年)のように税率が期中で改定される場合、特殊処理が必要です。売掛では、消費税更新前後では一伝票内で変更前税率と変更後税率が混在することが有ります。この時は伝票一括では対応しにくく、明細単位計算モード(基本的に行単位計算)を設けました。例えば本例3月度の納品書サンプルの様に消費税が5%と8%の商品が混在しても、行単位で個々の税率で計算出来るようにしました。極端には、このモードは非課税0%(無税、免税)でも対応が可能ということになります。課税については、この他に内税・外税の区分モードの選択も可能としました。
課税計算は詳しいわけではありませんが、平成26年度消費税改訂資料を参考に作りました。最終的には、会計士の友人にチェックをしてもらいます。

課税の組み合わせをまとめますと下記のようになります。

伝票単位 外税、内税、消費税率
明細行単位 外税、内税、非課税、免税、消費税率

上記の納品書印刷例では納品書日付の消費税率は平成26年4月の改正前ですので、何もなければ消費税は売上確定月の消費税(この場合は5%自動計算)、個別ケースについては8%で自動計算されます。税率8%の場合のみ特例という意味でコメント印刷します。もちろん今後消費税改定が行われても変更は可能です(スクリプトの変更で対応することになります)。

ポータルの活用例は、別途またご紹介できると思います。

「ファイルメーカー販売管理は初版がほぼ完成しました。本ホームページのダウンロードページから利用できます(利用規約に了解を頂いた場合)。
注文、仕入、見積、受注、販売、在庫や各種帳票出力、明細取得などが可能です。
受注ファイル取り込みや支払アップロードなどのインターフェース、サーバー&Webクライアントシステムはカスタムとなります。
ご希望が御座いましたら、お問い合わせよりメールまたは電話でご連絡下さい。2019年/2月」

1st 2014/09/26 K.Fukuma
2nd 印刷関連の内容修正とタイトル見直し2014/09/28 K.Fukuma
3rd 文言修正 2014/09/29 K.Fukuma
4th ミス修正 2014/11/01 K.Fukuma
5th 以後の状況について追加記述 2015/03/29
6th 文言追加 2015/08/05
7th 追加 2015/09/27
8th 追記 2019/02/07
K.Fukuma