Mac、WindowsPCからIOデータ製LANディスクに接続する

Mac(OS10.14)、Windows(Windows10)混合使用の環境下でIOデータ製のLANディスクHDL-T1NVを初期化再使用したときのメモです。
Photo Data]2018/12/09 伊江島(天候 雨)
EOS-7D EF-S 15-85mm f3.5-5.6 IS USM
1/200 f6.3 50mm

1.LANDISKを工場出荷状態に初期化します
最初にLANDISKの電源を落とします。
LANケーブルを抜き再度電源をオンにします。
背面の小さなReset口に、クリップの先端などを使ってピン状のものを作りフロント下部ランプ点滅が消えるまで押し続けます。

2.LANDISKにLANケーブルをつなぎます。
WindowsPCで、IOデータサイトから「mfinder」をダウンロードしセットアップします。
LANDISKのIPアドレスが表示されます(192.168.xx.xxの書式です)。

3.WindowsPCの「設定」を起動します
WindowsPCで(旧コントロールパネル)「資格マネージャー」を起動します。LANDISKアクセスへの資格を追加取得します。
更に、LANDISKへのログインアドレスとログインパスワードを設定します(WindowsのログインIDではありません)。

4.引き続きWindowsPCで、ネットワークに見えているLANDISKをD以降Zまでの名称のドライブ名を使用しマウントします。
その名前を適当な名前に変更し終了です。

5.ChromeかIEでLANDISKのIPアドレスを入力しLANDISKにログインします。
LANDISKのアドレスをDHCP自動から手動に切り換えます(自動でも構いません)。

6.Mac(OS10.14)のfinderでLANDISKが見えていれば、クリックしてWindowsPCで設定したログイン名、パスワードでログインし接続します。
アプリから接続する時、ファイアウォールブロックされているときは例外措置を行います。
以上

Kazunori Fukuma
1st 2019/01/16
2nd 一部手直し 2019/01/19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください