ビジネスの転換

(1)ある事業転換の例(行動原則からの見直し)
IBMを改革したガースナーの記事に「巨象も踊る」(日本経済新聞社)というのがあります。これは、変革前のIBMの風土が「完全性」の追求や「最高の顧客サービス」といった割と究極を求める様なものだったため、この風土では商品開発も対顧客でも次第に市場と乖離していくと判断したからです。
ガースナーは硬直化した組織を変えるべく
「Solution」ビジネスへ転換すること訴えました。

IMG_20100510_00224-2
<Photo data>2010/05/10 Walking途中のスナップより
EOS5DMarkII Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE 1/500 f/1.4 ISO400

対する従業員は、IBMのメインビジネスは大型コンピューターでありハードと顧客を結びつけることがSolutionだと考えましたがガースナーは否定します。ガースナーは、ハードを売ろうとすればするほど価格の引き下げや品質問題などに直面するだけで、企業として本質的な解決にはならないと考えました。
そして頃合いを見てIBMのSolutionについて、「市場がIBMに求めていることを見つけて解決すること」だと明かします。

さらに従業員の行動を変えるためにそれまでの行動原則を見直していきました。
例えば、
1.(顧客がいるところが市場であり)市場が全ての行動の原動力
2.IBMは何よりも品質を重視するテクノロジー企業になること
などです。

行動の原則が修正されていき、IBMはそれまで最も重要だったハードを捨てインターネットを活用したSoluitionに変化していきます。

IBMにとって「Solution」は過去の事業をマーケットにチェンジしていくキーワードになりました。また結果的に新しい市場にハードの再構築は存在しませんでした。

(2)過去の技術の延長に新規事業を求めない
IBMの事例からは過去の技術の延長線に新規事業は存在しませんでした。現行事業に先詰まりが見え始めたら早めにビジネスを転換させることが大事だというメッセージです。そして市場のターゲットに適合した事業に見直していくということです。

R&Dの開発アイテムから新規事業を興していくことは間違ってはいません。しかし、市場と技術が適合するかどうかが重要です。また開発している技術がこれから到来してくる社会、市場にフィットしていく読みが必要です。

成功事業もやがて朽ちていきます。抱えて進むのも手段ですが、現状を良く見直し適合してないと知れば、躊躇せず事業を変更し資金と人員をアクセレートしつつ、他より先んじて事業化を果たすことをしないと1等にはなれません。

(3)アプローチ
ガースナーの眼は優れています。豊富な経験を元にまた自らも礎を変えながら方向性を切り換えていきました。経営の立て直しが必要になった時、トップは見えないことが多いのです。外部の経験者やコンサルを招くのが切り替えのポイントです。
内部だけで進めるのは尺度が狭いのです。
早めに大チェックしてみると結果的に会社を救える可能性が高まります。

1st 2014/11/16 K.Fukuma
2nd 2014/11/17 文章修正 K.Fukuma
3rd 2014/11/19 Photo挿入位置の変更と後段の内容修正 K.Fukuma
4th修正 2014/11/21 K.Fukuma
5th修正と追加 2014/11/28 K.Fukuma
6th 修正 2017/03/02
7th誤字など文言修正 2018/07/16