FileMaker販売管理 受注伝票の作成

今回はFileMaker販売管理の受注伝票作成のベーシック部分を説明したいと思います。

商品を受注すると、どこから、何を、何個、いくらといった受注情報が入ってきます。受注伝票をおこして受注を確定させます。
伝票とそのデータの格納は販売管理にかかわらずファイルメーカーで作るとき、ほぼ同じパターンで作成出来ます。受注伝票のデザインも販売管理のベーシック編で作成しました注文書と類似のデザインになります。詳細は注文書の作例注文書編をご参照願いたいと思います。

<Photo data>2017/05/05
鳥取砂丘
Canon EOS-1D MarkⅣ
EF16-35mm f/2.8L USM
1/1000 f6.3 ISO50 16mm

<関連図>
顧客からの情報の流れを関連図で描くと下図の「顧客=販売先」→「受注伝票」→「売上伝票」の様になります。

ファイルメーカーを用いてやることは、顧客に対して受注伝票を起票し、その他商品情報などはポータルを作ってポータルに入力します。
売上を確定するときも、受注売上伝票を振り出して売上を確定します。請求書や領収書も受注伝票がベースになります。

受注伝票は連番発番します。受注伝票のレイアウト設定で伝票のレコードが順次発番されるように設定します。(下のレイアウト設定のスクリーンショットを参照下さい。)

受注伝票内にポータルをたて、受注伝票単位の商品や価格などをまとめて入力します。
受注した商品の情報は、「受注データ」というレコードに保存するようにしました。このとき受注伝票は受注伝票のレコードを表示させ、ポータルのレコードは受注データを表示させるようにします。いずれも左記のレイアウト設定、ポータル設定の様にします。(下のレイアウト設定、ポータル設定を参照ください)

結果、受注伝票の入力レイアウトは下から2番目の画面の様になります。
受注伝票のキーフィールドは受注伝票番号と顧客IDになります。
ポータルは商品ID(商品コードのことです)、商品名、受注数、受注価格、受注額などのフィールドを配しそれぞれ入力出来るようにしました。

レコード間のリレーションは最下部から3番目のスクリーンショットの様になります。

商品は商品マスター、顧客マスターから各照合フィールドを介して呼び出します。誤入力を防ぐためマスターに登録されたものしか選択出来ないようにします。

受注額はフィールドオプションの計算式で受注数x受注価格で計算させています。もし税を計算入力する時なども同様に計算オプションを使います。

受注伝票の印刷は市販の印刷済みのものを購入してレイアウトを合わせ込むのが美しく仕上がります。
類似に作った印刷レイアウトがあればそれを複写して使用することも出来ます。
印刷は受注画面に印刷実行ボタンをつくって印刷します。

最下部は受注伝票の印刷イメージです。印刷に注文者の情報を追加したり、入金、送付などのチェックフィールドを設けるとさらに強化出来ます。

受注伝票編は以上です。

ポータルに行を追加して商品の追加など必要になってきます。今回は割愛しています。

ポータル行の追加はリレーションの式定義で簡易的に設定出来ますが、スクリプトを使った方法で行うと完全です。この方法は次回投稿致します。

K.Fukuma

1st及び受注伝票印刷イメージの追加2017/06/12
2nd 入力画面を修正時に誤消去してしまいました。再掲載致します。 2017/06/13
3rd 一部文言見直し 2017/06/20
4th スクリーンショットサイズ変更など 2017/06/21
5th カテゴリー変更 2017/06/25
6th 誤字など修正 2017/07/02