ツールの紹介、Planning

プロの企画を目指す方にデータベース構築のすすめです。

2000年少し前より情報を記録するデータベース(以下DB)を作り始めました。最初はWindows版京大型カードDBでしたが、件数が増加しファイルメーカーに移行しました。

_MG_7559

<Photo Data>2014/03/25 日御碕
EOS5DMarkII EF24-105mm f/4L IS USM
1/800 f7.1

カードDBもファイルメーカーDBも題目と内容の2アイテムからなる単純な構成です
記述は、コピー&ペーストせず、新聞や雑誌またはネット情報から自分の趣向で、内容をまとめながら書きとめる形の日記の様な記述です。
<Photo Data>2017/01/08 日御碕
Canon EOS 1D MarkⅣ EF24-105mm f/4L IS USM
1/320 f5.0 ISO 100 40mm

ジャンルは問わず、気になったことを書き込みます。ノーヒットの日があっても構いません。とにかく記録していきます。

ファイルメーカーはページ単位の文書容量は2Gと大きく、気にすることはありません。画像を貼ると容量が増加しますが、どんどん溜めてきます。

記事が増えていくと、いくらかトピックやジャンル別に分類しても良いでしょう。DBの件数は10年を超える頃には約4500件になっていました。

何のメリットがと思われても仕方がありません。実は、情報が集まると、自分の得意とする分野はしっかりと骨格ができあがっています。
急に企画書を作成したり、プレゼンテーションとなっても、DB検索でコンテンツを抽出し、もし戦略を描くなら、必ずシナリオを先に書いていきます。
シナリオは、ファイルメーカーでは無く、ここはKeynoteやPowerPointに描き込んでいきます。全体の埋め込みをこのDBから拾い出すのです。

日々はとても地味な作業です。こつこつやってみてこそ価値があります。慣れてくれば、一件の時間はたいした頃ではありません。
どうでしょう、結果は必ずついて来ます。

結局自分の情報ノートということなのですが、手書きよりは強力な検索や絞り込みツールが付いている方が良いでしょう。

長年使用していくためには、無料のDBではなく、ファイルメーカーの様な長期にわたってデータベースに一貫性のあるものが良いと思います。
しっかりバックアップをとって保存継承しましょう。
ドキュメントの安全な更新は、時折のファイルメーカーのVer更新についていくことと、保存はRAIDなどに溜めていきます。

作り込んだノートで、上司や客先に認めてもらいましょう。

関連してひと言。
プレゼンテーションは、前後のページの書式を急に変えず、話の流れも途切れる様な構成は避けます。話し方も聴衆を引きつけるポイントがあります。
これは、この中では説明しきれません。サポートが必要ならお知らせ下さい。

1st 2014/05/30
2nd文言一部修正とメニュー見直し 2014/06/01
3rd 加筆 2015/09/24
4th 文書整理 2016/07/24
5th 追記 2016/09/20
6th 文書追加 2016/09/22
7th 内容の見直し 2016/09/26
8th Photo追加と一部文言修正 2017/01/09
9th 全体見直し 2017/03/01
10th logical thinking部分の追記 2017/07/02
11th 関連の部分の追加 20169/06/12
K.Fukuma