ツールの紹介、Planning

プロの企画を目指す方にデータベース構築のおすすめです。

2000年少し前、情報を記録するデータベース(以下DB)を作り始めました。最初はWindows版京大型カードDBでしたが件数が増加しファイルメーカーに移行しました。

_MG_7559

<Photo Data>2014/03/25 日御碕
EOS5DMarkII EF24-105mm f/4L IS USM
1/800 f7.1

カードDBもファイルメーカーDBも題目と内容の2アイテムからなる単純な構成にしました。
DBの記述はコピー&ペーストせず、新聞や雑誌またはネット情報を読んで主立った内容を書きとめる形の日記の様なルールにしました。
<Photo Data>2017/01/08 日御碕
Canon EOS 1D MarkⅣ EF24-105mm f/4L IS USM
1/320 f5.0 ISO 100 40mm

情報はできるだけオールジャンルとします。気になったことを調べて書き込みます。ノーヒットの日があっても構いません。とにかく記録し続けました。

ファイルメーカーは文書容量が大きくとれます。ワードのように行数を気にせず書きとめることが可能です。
記事が膨らむと情報を分割しタイトルを変えて対処しました。DBの件数は蓄積し10年を超えると約4500件になっていました。

内容が集まってくると自分の得意とするジャンルが実はできあがっています。更に、急に企画やプレゼンテーションとなっても、DBを使って骨格のある企画が出来るようになります。

件数が増えると、ファイルメーカー検索で深掘りや関連性が可能になります。そして企画として重要な戦略が見えるようになってきます。
日々はとても地味な作業です。こつこつやってみて価値があります。時間もかかりますが結果は必ずついて来ます。

結局自分の情報ノートということなのですが、やはり手書きより強力な検索や絞り込みツールが付いている方が良いでしょう。

長年使用していくためには、無料のDBではなくファイルメーカーのように長期にわたって一貫性のあるものが良いと思います。しっかりバックアップをとって保存継承していくことが重要です。ドキュメントの安全な保存は先ずはファイルメーカーの時折のVer更新についていくことです。保存はRAIDなどを利用しました。
やり方をブログの投稿で紹介しています。参照してみて下さい。

作り込んだノートは、きっと貴方の強力な支援ツールになると思います。

1st 2014/05/30
2nd文言一部修正とメニュー見直し 2014/06/01
3rd 加筆 2015/09/24
4th 文書整理 2016/07/24
5th 追記 2016/09/20
6th 文書追加 2016/09/22
7th 内容の見直し 2016/09/26
8th Photo追加と一部文言修正 2017/01/09
9th 全体見直し 2017/03/01
10th logical thinking部分の追記 2017/07/02
K.Fukuma