Ubuntu16.04を18.04にアップグレードする

前回、MacのVB(Virtual Box)にUbuntu16.04をinstallしました。同時に、MySQL、Apacheもinstallされています。
その後ssh Serverを追加し、MacターミナルからVBにssh接続し、MYSQLにアクセス出来ています。

Install後のUbuntu16.04は調子がイマイチです。動作はしますがシステムエラーメッセージが出ます。また、最近のプリンタードライバーがありません。ネット接続も有線しか使えません。(wifiの設定は自分には困難でした)。

Ubuntuの最新Versionを調べると、ubuntuはVersionを16→18に上げてもMySQLのVersionは5.7と現在のVersionは保たれる様です。
Ubuntu16.4を18.04にアップグレードすることにしました。

Ubuntu18は、今度はVBにインストールせず、使わなくなったWindows10を専用機にすることにしました。

再利用の ノートPC(HP pavilion g6 Windows10 Home)があります。電池は上がってしまっていますが、サーバーテスト環境としては利用できそうです。デスクトップ的に使えない状態ではなさそうです。
Ubuntuの Version18化は、たくさんの記事が出ていました。アップグレードはコメントベースで記載致します。

<準備>
アップグレードの準備
1.MacにUbuntu-ja-16.04-desktop-amd64.isoがDownloadsフォルダーにあります。このVersionはVBでシステムエラーが発生していましたが、このisoファイルをDVDに焼いて、G6に専Installしていきたいと思います。
isoファイルをDVDに書き込みます。容量は1.39GB位です。
2.g6でDVD bootさせるべく、BIOSをいじります。BIOS起動は、電源ボタンとf10キーでした。
3.DVD-ROMをboot筆頭順位とし、内蔵HDDを2ndに下げます。
4.g6の電源を入れ、直ぐDVDトレーを空け、isoのDVDをg6に挿入して、電源を落とします。再度電源を入れるとbootします(もし起動できないときは、BIOSのセキュアインストールをDisableにするとうまくいくかもしれません)。
5.インストールはUSBポートで行うと高速なのですが、g6のポートは利用出来ませんでした。
6.Installはboot後の画面表示に従って進めます。
7.g6のLinux専用化は、SQLサーバーが目的です。音楽や写真などのインストールはしませんでした。
8.16.04のインストールが完了します。画面はUbuntuデスクトップに変わります。
もうWindowsではありません。デスクトップ画面から右クリックして端末を起動します。

以下は、端末操作でのアップグレード手順です。

<アップグレード>
1.有線LANの接続が出来ていないと成功しません。DHCPは自動で進めます。
LANがつながった状態で以下のコマンドを一つずつ実行します。
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ sudo apt dist-upgrade

ここまで、40分くらいかかります。
全部のダウンロード完了したら、以下を実行します。
$ sudo do-release-upgrade

この後、かなり時間がかかった様です(寝る前に実行し、翌日続けました)。
アップグレードが終了し、MySQL5.7とapache2のVersionが引き継がれていました。

2.日本語化します。
VersionはUbuntu18.04です。
デスクトップ画面は16.04とほぼ同じです(下のスクリーンショット参照下さい)。
18.04のデスクトップ画面で、「歯車」の設定をクリックします。続けて地域と言語をクリックします。

この時、「言語サポートが不完全、、、」の表示になったら、追加インストールを行います。
地域と言語のOptionのキーボードに使うIMシステムをデフォルトの「fcitx」に切り換えます(次のスクリーンショットです)。
一端ログオフ再ログインします。18.04デスクトップメニューヘッダーにキーボードアイコンが見えれば日本語化成功です。日本語と英語の切り替えは、g6では漢字キーで変更出来ます(他のキーに設定することも出来ます)。

3.環境設定を行います
16.04ではWifiもプリンターもNGでしたが、18.06では整備されています。
Wifiに接続を切り替え、印刷も
LibreOffice等で文章を印刷出力してみると、cupsプリンターとして認識されます。
今回はここまでです。

Kazunori Fukuma
1st 2019/11/27
2nd スクリーンショット追加 2019/11/28
3rd 誤字修正 2019/12/06
4th一部訂正 2020/04/25


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください