月別アーカイブ: 2018年7月

ロリポップ WordPressで独自SSL化

URLを独自SSL(https://,,,)化しました。本稿はその時の備忘録です。
ホームページURLに、新たにhttpsドメインを取得しました。ムームードメイン、ロリポップレンタルサーバー、WordPressの作成環境です。以下作業ステップ中心に記載しました。
<Photo Data>2018/07/08
早朝の雨あがりのダリア

海老名目久尻川散歩道にて
EOS-1DX EF100-400mm f/4.5-5.6L 1/500 f5.6 285mm

1.独自SSLを取得する
最初にロリポップに独自SSLを申し込みhttps://旧URLを取得しました。取得ページはロリポップの独自SSL証明書設定にて行います。

2.サイトのバックアップ
旧URL記事はバックアップが必要です。バックアップはサイトを調べていくとワードプレスのプラグイン「UpdraftPlus」が良さそうだと判断し使用することにしました。インストール後「すぐにバックアップを実行する」の設定で即座にバックアップされます(参照記事は文末)。

3.WordPress(ワードプレス)の設定変更
既設定のワードプレスは従来のURLです。ワードプレスの一般設定で「WordPressのURL」と「サイトアドレス(URL)」の両方を上記1の取得した独自SSLに変更します。

4.サイト内の旧URLを独自SSLに置き換える
記事内の旧URL http://…を全てhttps://…に一件ずつ置き換えるのはとても時間がかかるため(400件位ありそうです)、「Search Regex」というプラグインをインストールしました。
インストールが済むとWordPressのダッシュボードのツールにSearch Regexがセットされます。どの様に置き換わるのかダミーページを作り、先ず置き換えテストしてから最終切り替えとしました。Search Regexの「Search pattern」にhttp://ではじまる現在のURLを、「Replace pattern」に置き換えるhttps;のURLを入力し、全記事、全画像のURLを置換しました。

5.Google Search Consoleの追加と変更
Googleのサーチインデックスを良好にしてもらうため、Google のSearch Consoleにログインして取得した独自SSLを追加します。
Search Consoleに従来のURLがあることを確認後、プロパティの追加で独自SSLを追加します。
新URLを追加するとGoogleからダウンロードファイルを受け取り、続けてアップロードし独自SSLの承認をとります。
アップロードはFTP接続アプリを使用するかロリポップならFTPサーバーからアップロードコマンドを操作してダウンロードファイルをアップロード出来ます。
その後safariなどのブラウザで指定されたサイトを開き新URLの所有権を取得します。

6.Google XML Sitemaps
GoogleのSearch Consoleへの追加は、そのほかターゲット国やユーザーへのアクセス権付与などがありますが、自分の場合は設定無しとしました。
サイトマップ送信については既にワードプレスのサイトマッププラグインを使用しています。これはhttpsに変更後もそのまま引き継がれます。独自URLから新記事を投稿または修正した時点でpingがかかります。

7.リダイレクト処理
ドメインを更新するとGoogleから通知が来ます。
左のスクリーンショットに記載されている「301リダイレクト」を設定します。
ロリポップのFTPサーバーの「.htaccess」に以下の三行を記述しました。(文字は全て半角英数字でhtaccessの上部に記述します。)


RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://>>>>>/$1 [R=301,L]
(>>>>>は.jpや.comまで含む自URLです)


.htaccesを変更後保存すると従来のURLへの訪問は全てhttpsに転送される様になります。

8.テスト
最終的に全部の記事内にある旧URLが新URLに置き換わっていたらchromeやsafariなどのサーチで鍵付き新ULRで表示されます。
旧URLからも接続されることを確認して終わります。

*WordPressのバックアップと復元は以下のサイト(https://mimipiweb.net/)様の記事に詳述されています。参考にさせて頂きました。ありがとう御座いました。
WordPressのバックアップと復元に!おすすめのプラグインUpdraftPlus

Kazunori Fukuma
1st 2018/07/23

 

デジタルオーディオでPCの振動を抑える(SSD化)

今回はデジタルオーディオのPCの制振についてです。
デジタルオーディオの音源再生は HDD搭載型のMacbookProを使用しています。もともと音が良い設計です。しかしHDDはどうしても振動を拾ってしまい音質に影響があります。
こうした中、内蔵HDDもそろそろ交換時とSSDに交換することにしました。SSDは固体メモリーです。振動影響が無くなることを狙います。

SSD切り換え後は断然優れた再生になりました。デジタルソースにUSBメモリなどからトランスポート経由などで音源を直接再生すると究極的なデジタルオーディオになりますが、まさにメモリ再生の音です。
HDDもデータをバッファーに呼び出して再生していますがデータの先読み時もHDDの駆動が続いています。回転振動による濁った再生は消せません。

せめてPCの振動吸収にと筐体下部をインシュレーターなどで対策しても(例えばTAOC TITE-25など)雑味が軽減されますが本物ではありません。

<Photo Data>2018/06/03 八ヶ岳高原にて シロバナノヘビイチゴ
Canon EOS-1DX EF24-105mm f/4L IS USM 1/100 f9 90mm

HDDはスピンドルモーターを回しプラッタとディスクがすれる(多分ほんのわずか浮いているとは思いますが)構造です。動作音はジリジリという音がしてます。SSDは無音です。
もう一つ、Macは内部に磁気テープがあります。SSD換装後もフラックスが残るのではと心配していました。出てきた音の状況ではモーターが支配的のようです。

今回対象にしたMacのスペックは以下です。
MacbookPro Early2011、320MB 2.5″HDDの搭載です。交換するSSDは525MBにしました。

PC音源の再生アプリはAudirvana plus Ver2.6です。音は最高と言えます。しかしOSの制限があります。

選択したOSは少し前のMavericksです。Elcaputanに比べても総合的に一番落ち着きのある音です。
再生条件はDirectモードが必須です。Direct Modeは優れています。開発した技術陣には敬意を表する次第。また音というものをよく知っていると思います。現実はDirect ModeはElcapitanまで使用可能となってしまいました。

AudirvanaはOSを10.12にあげるとDirect Modeでは動きません。AudirvanaのCore Audioで聴くとどうしようもない音です。iTunesダイレクトかdecibelの方が良いくらいです。

ElCapitanのDirect Modeは時shにステムではすこし固い音です。古いJazzなどでベース音が部屋の隅にもたっと届くような音源では少し違和感があります。管楽器系もハイ側が少しきついかなと思います。
ここはやはりMacOSX 10.9.5がベストです。柔らいです。深みのある音です。これにSSDの振動フリー効果が相まってS/Nが高く、MavericksとSSD、Adudirvana plus 2.は自分の選択では一番原音に近い音でした。

10.9.5へのダウングレードですが、ネットの外部遮断など工夫しなかればなりません。Macはスタンドアローンでほぼ音楽再生専用機に近い使い方とします。

ここでセットの系統を記載しておきます。
信号の流れは、Mac→Audiruvana plus→オヤイデUSBケーブル→BusPower Pro2(USBグランドラインカット、アイソレーショントランスからのDAC電源供給)です。
DACはRME社のBabyfaceProです。このDACは販売開始から3年経っています。RME社のDAコンバーターの性能に文句はありません。BabyfaceProにしている理由はバランスポートをもpっているからです。Phoneジャックだとバランスにつなぐには変換が必要です。今のところ気にいった変換ケーブルがありません)。

以下はSSD換装記事です。
SSDはCrucial MX300 2.5-inchです。初期化のために50cm長の変換コネクターを合わせて購入しました。購入価格は、SSDが約¥20,000、コネクターはサイバーネット社の変換コネクターCyberPlugsで 約¥1300でした。

交換はプラスと六角の精密ドライバーが必要です。
写真は交換前のHDD写真ですが、Macの裏蓋を外すとHDDを押さえているバーが見えてきます(この写真ではHDD右側面)。このバーの止めねじ2カ所を緩めればHDDが取り外せます。
HDDに付いているフレキを丁寧に外します。その後側面4カ所のネジとリフトテープを外しSSDにつけ換えます。フレキはSSDにつなぎます。

Mac内部は経年のほこりがたまっていました。この機会に丁寧にクリーニングしました。

その下は換装後の写真です。SSD下部に、Crucial SSDに同梱されていたスペーサーを敷きました。SSDはHDDより薄くスペーサーをはさむと同厚になります。
作業上の注意点はネジが小さいので無くさないことです。ドライバーは必ずジャストサイズのものを使います。締めつけトルクは指三本でしめる位としました。

言い忘れましたが、SSDは交換前にMacにつないでディスクユーティリティーで初期化しました(3枚目写真)。フォーマットはMacOS拡張ジャーナリングです。

今回SSDのデータコピーはクローンソフトを使わず上のフォーマット後すぐMacに組み付けました。
データは通常つないでいるTimeMachineバックアップから行いました。自分の場合、OSX MavericksはOSXのダウンロード履歴が無く、復元後の起動はAppleのネット復元モードを使いました。

TimeMachineに10.9.5の試用履歴がありますので履歴をみつけRestoreします。
復元後、セキュリティーソフトESETを10.9.5カバーのVerに切り換え、その他のアプリもアップデート可能なものは更新しました。

最終的な音の評価は、今まで感じてた雑味はほぼ消えた様に思います。
SSDは振動する要因がありません。CDで得られないビシッとフォーカスのきいた、しかし柔らかく深く沈み込んだ素晴らしい音質だと思います。

追記です。
SSDへの換装後Trim機能を有効にしておく必要があります。TrimはSierraではターミナルからコマンドを打つことで有効になりましたがMavericksは非対応でした。
ターミナルからいくつか試してみたもののTrimを有効にする手段がありませんでした。やむなくpaddle社のTrim Enabler Version 4を購入しました。
このアプリは一度実行させると再起動以降有効になります。
TrimはNANDフラッシュメモリーの寿命やPCパフォーマンスに影響するとされています。忘れないで処置しておくべきでしょう。

リカバリー領域の作成の追加です。
10.9.5をダウンロード、インストールしたことがある場合を除き、TimeMachine復元ではSSD内にリカバリー領域が形成できません。無くてもいいのですがElCapitanの履歴がTimeMachineにあり舛。事後にElcapitanを再インストールし、再びTimeMachineから10.9.5にRestoreしました。リカバリー領域はElCapitanで生成、その他は10.9.5ですが、リストア領域は出来ていました。

追記:
MacbookProを10.9でオーディオ専用機としたものの、その他のアプリでいくつか問題が生じました。
プレゼン等でマイクロソフトオフィスを使っていますので、2008でバグが出始めていたこともあって2016 for Macに切り換えようとしましたがオフィスは10.10以降でないとインストール出来ないことが分かりました。Word互換のpagesに至っては10.12以降で有効です。
KeyNoteから毎々変換して資料を作るのもフォントが変わるとオブジェクトが微妙にずれてしまうため、最終的にオーディオはElCapitan、オフィスは2016と譲り合う設定としました。
妥協です!(本追記はそのご以下のようになりました)

追加修正:
上記コメントに使用しましたOSXはElcapitanはMac BookProのEarly2011ですが、このハードでのAaudirvana Plus 2.7はどうしても音が固くなります。このパソコンは既にAppleの推奨使用期間も過ぎたこともあり音楽専用機にする予定です。

最終的にEarle2011、MacbookProは無事10.9.6に戻しました。Elcaitanは少し刺さるような印象の音。Core i5のCPUとは10.9の法が相性が良いのだろうと考えます。OSのVersionを戻した後はトゲのある音は消えました。アナログの音に近いやさしいPCデジタル音が戻りました。自分ではこの音が極上です。

AudirvanaはElcapitanの音源再生ファイルを上位OSに書き込む手法もある様です。ファイルを入れ換えるなら使えるかどうか分かりませんが10.9の方がいい音がすると思われます。
最近、AudirvanaはWindows版も出ているようなのでこちらの方がいいのかもしれませんね。

Kazunori Fukuma
1st 2018/07/03
2nd 誤字修正 2018/07/04
3rd 文言修正とリカバリー領域作成の追加 2018/07/06
4th文言修正 2018/07/11
5th 誤字などの修正 2018/07/18
6th 事務用ソフトと併用についての問題 2018/08/07
7th PCのOSのVersionを戻す件追加 2018/10/01