カテゴリー別アーカイブ: My備忘録

Mac、WindowsPCからIOデータ製LANディスクに接続する

Mac(OS10.14)、Windows(Windows10)混合使用環境下で、IOデータ製のLANディスクHDL-T1NVを初期化再使用したときのメモです。
Photo Data]2018/12/09 伊江島(天候 雨)
EOS-7D EF-S 15-85mm f3.5-5.6 IS USM
1/200 f6.3 50mm

1.使用していたLANDISKを工場出荷状態に初期化します
最初に、LANDISKの電源を落とします。続いて、LANケーブルを抜き、再度電源を投入します。
背面の小さなReset口に、クリップの先端などを差込、フロント下部ランプ点滅が消えるまで押し続けます(しばらくかかります)。

2.LANDISKにLANケーブルをつなぎます。
IOデータのサイトから「mfinder」をダウンロードしセットアップします(Windows専用のアプリです。WindowsPCにダウンロードします。)。
mfinderを起動すると、LANDISKのIPアドレスが表示されます(192.168.xx.xxの書式です)。このアプリの起動で、LANディスクのアドレスが判明します。

3.WindowsPCの「設定」を起動します
WindowsPCの(旧コントロールパネル)設定の検索ボックスで「資格マネージャー」を探して開きます。
LANDISKアクセスする時の資格を追加取得します。
続いて、LANDISKへのログインアドレスとログインパスワードを設定します(WindowsのログインIDではありません)。

4.引き続きWindowsPCのエクスプローラーで、LANDISKが見えますので、D以降Zまでの名称のドライブ名を使用しマウントします(例えばDとするとDドライブになります)。
その名前を適当な名前に変更し終了です。

5.Chromeかエクスプローラーで、LANDISKのIPアドレスを入力し、LANDISKにログインします。
LANDISKのアドレスを、DHCP自動から手動に切り換えます(自動でも構いません)。

6.次に、Macからは、Macのfinderを起動し、設定したLANDISKが見えていればMacにも接続されたことになります。
LANDISKをクリックし、WindowsPCで設定したログイン名、パスワードを使ってログインします。
もし接続できないときは、Windowsのファイアウォールがブロックされている可能性があります。この時はブロックを解除します。Macの場合も、同様に例外措置を行います。
以上

Kazunori Fukuma
1st 2019/01/16
2nd 一部手直し 2019/01/19
3rd 文脈の修正 2019/06/05

ロリポップ WordPressで独自SSL化

URLを独自SSL(https://,,,)化しました。本稿はその時の備忘録です。
ホームページに、新たにhttpsドメインを取得し、旧httpを集約しました。
ムームードメイン、ロリポップレンタルサーバー、WordPressが作成環境です。
以下に、作業ステップを記載しています。
<Photo Data>2018/07/08
早朝の雨あがりのダリア

海老名目久尻川散歩道にて
EOS-1DX EF100-400mm f/4.5-5.6L 1/500 f5.6 285mm

1.独自SSLを取得する
最初、ロリポップに独自SSLを申し込みました。https://旧URLです。取得ページはロリポップの独自SSL証明書設定で行います。

2.サイトのバックアップ
旧URL記事は変更に伴い、バックアップします。バックアップは、ワードプレスのプラグイン「UpdraftPlus」にしました。インストール後有効化し、「すぐにバックアップを実行する」を行います。(参照記事は文末)。

3.WordPress(ワードプレス)の設定変更
ワードプレスに登録しているURLも変えます。ワードプレスの一般設定から、「WordPressのURL」と「サイトアドレス(URL)」両方を、独自SSLに変更します。

4.サイト内の旧URLのコンテンツやドキュメントを独自SSLに置き換える
記事内の旧URL http://…記事は、全てhttps://…に一件ずつ変更します。400件位ありそうです。一件ずつ書き換えるのは日が暮れそうです。
WordPressで「Search Regex」というプラグインをインストールしました。
インストール後、WordPressのメニューに「Search Regex」がセットされます。どの様に置き換わるか、ダミーページを投稿し、置き換えテストしてからのぞみました。
Search Regexの「Search pattern」にhttp://ではじまる現在のURLを、「Replace pattern」に置き換える」を選択し、https:のURLを入力し、全記事、全画像のURLを置換しました。

5.Google Search Consoleの追加と変更
Googleのサーチインデックスも変更します。
Google の「Search Console」にGoogleのIDでログインします。
ここで、取得した独自SSLを追加します。
「Search Console」には、従来のURLがあります。ここで、プロパティの追加で独自SSLを追加しました。

上記処理を行い、新URLを追加するとGoogleからのダウンロードファイルを受け取ります。その後アップロードし独自SSLの承認をとります。
アップロードは、ロリポップのFTPサーバーのアップロードコマンドを操作し、ダウンロードファイルをアップロードしました。
その後、ブラウザで指定されたサイトを開いて新URLの所有権を取得します。

6.Google XML Sitemaps
Googleの「Search Console」への追加には、ターゲット国やユーザーへのアクセス権付与などがありますが、自分は設定無しとしました。

サイトマップ送信は、既にワードプレスのサイトマッププラグインを使用しており、httpsに変更後もそのまま引き継がれるであろうとしました。
継承されていれば、独自URLから新記事を投稿、或いは修正した時点でpingがかかのではと思います。

7.リダイレクト処理
ドメインを更新するとGoogleから通知が来ます。
ロリポップのFTPサーバーの「.htaccess」を開け、以下の三行を記述保存します。(文字は全て半角英数字です。htaccessのトップ行から#BEGIN WordOress間に挿入します。)
現在の記述は以下です(2019/05月)。


<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI}  [R,L]
</IfModule>


8.テスト
最終的に全部の記事内にある旧URLが新URLに置き換わっていたら、chromeやsafariなどのサーチで鍵付き新ULRで表示されます。
旧URLからも接続されることを確認して終わります。

*WordPressのバックアップと復元は以下のサイト(https://mimipiweb.net/)様の記事に詳述されています。参考にさせて頂きました。ありがとう御座いました。
WordPressのバックアップと復元に!おすすめのプラグインUpdraftPlus

Kazunori Fukuma
1st 2018/07/23
2nd  一部修正 2019/05/16

 

ブログにGoogle+バッジを設置する方法

ソーシャルはGoogle+を始めました。
ネットを探してバズ部様のWordPressにGoogle+のフォローボタンの追加方法が参考になりました。

以下はバッジを設ける方法です。BAZUBUさんに感謝申し上げます。
作成備忘録を掲載します。
<Photo Data>2017/06/09 尾瀬ヶ原より燧ヶ岳(ひうちがたけ)を望む 福島県 日本百名山の一つ標高2356m
Canon EOS-1DMarakⅣ EF24-105mm F/4L IS USM
ISO50 24mm 1/320 f6.3

(1)Google+フォローバッジコードをGoogleから取得する

Googleのアカウントを取得していることが前提です。
Googleにログインした状態でGoogle Developpersを開きます。

Google+ Badgeを開いてBadgeのレイアウトやOption等設定しますと右下に生成されたコードが生成されますのでこれをコピーします。
生成コードは以下の様なフォーマットです。Google+バッジは下のスクリーンショットの様になります。赤字のprofileId部分が個人別コードになります。

 

(2)次にWordPressにログインします。
ウィジットをクリックし、メインサイドバーのトップとエンドにテキストウィジットを一個ずつ追加します(メインサイドバーに2カ所のテキストウィジットが出来ます。下のスクリーンショット参照下さい。)。上のテキストウィジットをクリックしtagに切り換え、Google Developpersで入手したコードをコピーして貼り付けます。

<!– ウィジェット を表示したい位置に次のタグを貼り付けてください。 –>
<div class=”g-person” data-width=”180″ data-href=”//plus.google.com/個別コード” data-showtagline=”false” data-showcoverphoto=”false” data-rel=”author”></div>

ウィジットの下部の保存を押して登録します。

下のテキストウィジットも同様にtagに切り換え、下記の様に<!– head以下をコピーし貼り付けます。
<!– head 内か、body 終了タグの直前に次のタグを貼り付けてください。 –>
<script src=”https://apis.google.com/js/platform.js” async defer>
{lang: ‘ja’}
</script>

同様に保存を押します。
上部のテキストウィジットと下部に別々のタグを貼り付けたことになります。

(3)ホームページでのブログページの見え方
バッジのブログの見え方は以下のスクリーンショットの様になります。
バッジの横幅は180で作成しました。自分のWordPressのVer12のサイドバーはこの程度の大きさで無いとボックスの右が切れてしまいました。

(4)Google+に飛ばす方法(Static badge、現在のブログページの設定になります)
単純にGoogle+にジャンプさせるボタンの設定方法を追記します。

方法は上記と同様Googleにログインします。
次にGoogle Developpersにアクセスし、Google+ Platformを探しコードを入手します。
メモ帳などでそのコードをコピー貼り付けます。

次にWordpressにログインし、ウィジットを開き、メインサイドバーの二つのテキストの内一個を削除します。メインサイドバーのトップにあるテキストバーを開け、テキストエリアに入手したコードををペースとして完成です。
この場合、g+の赤のボタンが出来ます。
クリックすると自分のGoogle+にジャンプします。

1st 2017/09/06
2nd 文言の一部修正 2017/09/07
3rd スタティックバッジの作成方法追加 2017/11/10
Kazunori Fukuma

 

ヤフオクの商品説明に写真を追加掲載する方法

本稿はヤフオク(Yahooオークション)でメイン画像3枚以外に写真を追加する方法の備忘録です(現時点では10枚以上)。
本備忘録作成時点ではヤフオクにメイン画像3枚以上の写真を掲載できません。
出品説明文はHTMLタグ記述で記載されていますのでこの記述に写真を挟み込みことにします。
4枚目以降の画像はヤフーボックスを利用することにしました。

以下その手順です。
<Photo Data>2017/01/23 小鷺 県立座間谷戸山公園にて
Canon EOS1D Mark4 EF300mm f/4L IS USM 1/1600 f4.0 ISO320

<手順>
1.まず掲載する写真を撮ります。メイン画像3枚と追加で貼り付ける写真を用意します。

2.撮影した写真をPCに取り込みます。この写真をヤフオクの商品説明文に表示させるため、ヤフーボックスにアップロードします。

3.ヤフーIDを取得しているとヤフーボックスが利用できます。一般会員は5GB、プレミアム会員は50GBまで無料で使用できる様です。
ヤフーボックスの最初の利用はhttps://info-box.yahoo.co.jp/index.htmlより利用登録をします。

4.画像をアップロードするにはヤフーにログインしてマイボックスを開きます。マイボックスに、例えば「写真」という名称のアップロードフォルダーを作ります。事例としてマイボックスのスクリーンショットを下記に示します。

5.マイボックスの写真フォルダーを開け、上方のアップロードをクリックします。下記の様なアップロード画面が開きますので「アップロードするファイルを選択」をクリックし、掲載したい画像ファイルを自分のPCの保管場所から選び、右下にあるアップロード開始をクリックします。
これでヤフーボックスの写真フォルダーに画像を送る(アップロード)ことが出来ます。

6.次に、アップロードしたマイボックスの写真フォルダーの中から掲載したい写真を選択します。更にマイボックスの上の方にある「公開」をクリックすると、掲載したい写真の公開URLが取得できます。次に、下記のスクリーンショットの画像のURL、https以下全部をコピーしてPCのメモリーに一次記憶させます。

7.ヤフオクに出品する時の商品説明文を開き、HTMLタグ入力に切り換えて商品説明を書きます。
写真をさし込みたい位置にメモリーに保存している画像URLを貼り付けます。
URLはhttps://….となっています。

これを 上のスクリーンショットの様に<img src=”https://……“>の様に前後にカギ括弧<>と””で囲みます(上のスクリーンショットを参照下さい)。
その他の説明項目も記載し、出品の下部の確認を押すと反映されます。事前に出品の前にさし込み部に画像が貼り付けられていればOKです。
以上備忘録でした。

1st 2017/01/25
2nd 一部追記と訂正 2017/01/26
3rd 字句修正 2017/01/31
4th 一部文章修正 2017/12/12
K.Fukuma

 

 

個人事業、青色申告ソフトで資産購入時にすること

本稿は個人事業を始めたとき必要となった私的な経理仕訳の備忘録です。
経理は損益計算書と初歩的なバランスシートが読める程度です。実際に直面した「その時仕訳をどうする」というときの対処した記録です。
(お願いとして、この記述から方向性はわかるかもしれませんが、素人の作業結果です。時々間違いますので直接的な仕訳はなさらないようにお願いいたします。)
<2016/12/14>宮古島 東平安名岬(天気が良ければ海の色はもっときれいなはずですが、、、)
Canon EOS5D Mark2 EF24-105mm f/4L IS USM
1/1600 f4.5 ISO200

今回は事業を始めたときにさかのぼります。
ホームページやネット、メール、プレゼンテーションなど個人事業でもパソコンは必須です。事業用に家庭用し使用しているMacを兼用することにしました。
iMacは平成21年12月6日、税込み価格11万4000円で購入しました。平成24年1月1日事業開始より家庭:業務=50:50で使用するとしました。
さて、青色申告ソフトとして弥生会計を購入しました。しかし、どの様にするのかまだ分かりません。そこで青色申告会主催の教育に参加しました。それでもはっきりせず、国税のサイトを調べていきました。

事業開始時点で、このパソコンは中古資産となり、開始時点の資産価値を求めればよいとわかりました。
サイトには償却については定率法、定額法、一括償却などいろいろありました。個人事業で中古として途中から使用するには、この中から旧定額法を使って開始までの減価額(未償却残高)を求めなければならないようです。

国税サイトによれば、パソコンの償却期間は4年の定額償却(個人事業の場合)。途中使用となると、使用開始時点までを旧定額法で見積もって、事業開始より通常の定額法で償却していくということおようです(ややこしい)。さらに、旧定額法は4年定額時の1.5倍の6年で償却することになっていました。従って、償却率も年0.167(1/6)として計算します。

<計算>
購入から事業開始までは2年1ヶ月。切り捨てで開始までの期間は2年となります。
減価の額(減価償却費)は、 取得価額 x 0.9 x 0.167 x 年数です。

114,800 x 0.9 x 0.167 x 2 = 34,508となります。
従って期首の簿価は114,800 – 34,508 = 80,292となります。

「弥生会計」の入力は以下の様にしました(個人事業はやよいの青色申告で間に合うようです)。

<弥生会計、または弥生の青色申告で初年度に行ったこと>
1.使用開始時点の仕訳
平成21年1月1日
工具器具備品 80,292 / 事業主借 80,292
この仕訳記帳することでバランスシートの有形固定資産の勘定科目「工具器具備品」が80,292となります。

2.固定資産の登録
弥生会計または弥生の青色申告のヘッダーメニューの中の拡張機能から固定資産登録を開き、以下の細目を設定登録します。
①減価償却資産の名称
iMac(単にパソコン1号機でも良いと思います)
②取得年月
平成21年12月06日
③償却方法
定額法
④耐用年数
4年
⑤償却率(業務使用開始からは旧定額法から定額法に変更適用になります)
0.25
⑥本年中の期間
12ヶ月
⑦本年中の償却費
114,800 x 0.25 = 28,700(4年かかって償却するのですから、毎年購入額の1/4を償却することになります)
⑧事業割合
50%
⑨本年分の必要経費
14,350(年償却額の事業割合分)
⑩期末残高
80,292 – 28,700 = 51,592(期首BVからDEPを減じる)

3.申告前の決算時期
初年度購入価格の1/4を減価償却費として経費化します。拡張機能の固定資産登録から仕訳書出をクリックして決算仕訳を出力します。これはクリック操作で自動的に仕訳が記帳されます。
家庭事業半々ですので仕訳内容は以下の通りとなっています。
減価償却費 28700/2の14,350 / 工具器具備品 14,350
事業主貸                       14,350 / 工具器具備品 14,350

以上3点でした。

<注意点>
事業初年度から青色申告が出来るものと思っていましたが間違いでした。青色申告するときは、「青色申告承認申請書」を税務署に事前に提出しなければならず、自分は何もしていませんでした。よって初年度は白色申告となりました。
また、白色申告では収支計算書に貸借対照表を添付しませんので気がつきませんでしたが、翌年決算のまとめをしていると、バランスシートの工具器具備品がマイナスの値になっています(期首が△80292、期末もDEP分が引かれてマイナスです)。
事業スタート時の固定資産の工具器具備品に何も設定しなかったことが原因のようです((^-^;)。そこで事業開始年度に立ち戻って上記1の仕訳を追加し修正出来ました。次いで翌年度に残高を繰り越して完了です。
(弥生会計では上記3は自動計算、1は自分で仕訳または設定が必要)

1st 2017/01/22
2nd 2017/01/23 誤記の修正と分類の変更
3rd 分類再変更 2017/01/25
4th 部分的に語句修正 2017/01/31
K.Fukuma