Mac miniをフュージョンドライブ化する

主に画像現像用に使用しているMac mini、今回はこのMac Miniのパフォーマンスを改善させるためSSDを増設することにしました。Mac miniはLate 2012、OSは10.12.6、2.5 GHz Intel Core i5、Memory 8GB、HDDは500GBx1台です。Macは静止画などの画像データは容量3TBのRAID1に。内蔵HDDは2TBのTime Machineに、RAID1のデータは更に外付け2TB USB HDDを用意しファイナルバックアップをとって二重化しています。
またMac Miniにはモニターがありませんので、EizoのCGモニターをつないでいます。
今回SSDを増設してフュージョンドライブ化をします。その際注意した方が良いポイントなど気になったことをまとめてみました。
<Photo Data>2017/11/29
早朝の御坂峠からの富士山と河口湖
三脚撮影
EOS1D MarkⅣ EF24-105mm f/4L IS USM 32mm 0.8sec f22

①MacにSSDを増設する前にバックアップが必要です
作業を行う前にTime Machineに最新のバックアップが取れていることが必要です。
さらに内蔵ディスクを消去します。今回はTime Machineからの復元を試用しましたが、保険として余っているHDDに内蔵ドライブのクローンコピーを作るとベストです。クローンアプリはCCCやAcronics
などが利用出来ます。

②SSD増設
今回は内蔵HDDに同容量のSSDを増設し、内蔵ドライブをフュージョンドライブにして合計1TBにアップさせました。
先ずはSSD増設キットと500GBのSSDの購入です。
増設キットは増設するベイが上か下かによって仕様が異なります。内蔵ドライブのベイはディスクユーティリティーで参照することが出来ますが、どの道分解しますので中の配置を実際に確認して判断しました。
左は裏蓋をとった写真です。HDDを少し引き出しています。HDDはメッシュを外すと出てきます。本体をひっくり返して見ていますので現在のHDDは下に装着されています。
つまりSSDは上段ベイに増設することになります。
この内蔵HDDはSATAケーブルで基板にコネクターで接続されています。決して引っ張り過ぎないことが重要です。

SSD増設キットはFusion用と記載はされていませんが下記のものを購入しました。
・OWC Data Doubler 上段ベイ用 SSD HDD 増設補助キット Mac mini 2011/ 2012以降モデル用

SSDは動作報告がなされている中で低価格のマイクロン製にしました。詳細は下記です。
・Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps

作業はほとんど分解となります。ネットに投稿されている記事を参照しても出来ますが、横にずらすといった作業は写真より動画が有効でOWCキットの動画を参照しながら進めました。実作業は省略致します。

作業で気になった点は下記です。
先ず、キットに付帯してくるトルクスドライバーは握りが小さく、ネジを緩めることが出来ないところがありました。ケーブルのコネクターをリフトオフさせるところも同梱されている治具ではスペースに差し込めない箇所がありましたので、いずれも作業が止まったところ以降は下記写真のトルクスドライバーやプリント配線用治具に変更しました。
コネクターを外す時は、左の先端がヘラ状になっている治具が有用です。またネジを外す時は、ネジを100円ショップなどで販売されている薬ボックス(下記写真)に作業単位毎に外して保管し、紛失や再組み立て時のミスを防ぐことが出来ました。

また内蔵ドライブはHDDとSSDの2台になりますが、HDD9.5mm厚、SSD7mm厚と間にすき間が出来てしまいます。Crucial SSDはスペーサーが同梱されており間に挟み込んで厚さ調整が出来ました。こうしてSSDを上段、HDDは下段に取り付けて終了します。

③立ち上げ
次は電気的な立ち上げです。
再組み立てが終わると電源ケーブルのみつなぎます。その他接続はしません。
電源SWを入れてすぐにcommand+Rを同時に押し続けますとmacOSユーティリティーが起動します。
macOSユーティリティーからディスクユーティティーを起動し、HDDとSSDを消去フォーマットします(左記、フォーマットはmac拡張ジャーナリングとします)。フォーマットが終わったらMacを再起動し、再びcommand+RでmacOSユーティリテーを起動します。
内蔵ドライブがFusion DriveになっているとOKです(Late 2012 Mac MiniはSSD増設でフュージョン化が可能です)。

フュージョンドライブの確認出来たらディスクユーティリティーを終了させ、Macも終了させます。
次にTime Machine ドライブをつなぎ、Macの電源を入れます。同時に再びcommnd+RでmacOSユーティリティーを起動します。
Mac OSユーティティーのTime Machineから復元を選び、Fusionドライブに復元させます。
左の写真は復元後のFusion Driveの内容になります。

④SSDにTrim機能を追加
最後にターミナルを起動し、管理者権限でtrimforce enableと実行命令をかけます。ドライブに領域確保が行われ再起動がかかります、時間がかかりますが待ちます。
Trim機能はNANDフラッシュメモリの劣化を防ぐために有効と言われています。
Trim機能確認はユーティリティーのシステム情報からSATA/SATAEXPRESSをクリックするとターミナル操作で設定が出来たかどうか確認出来ます。

感覚的な評価ですが、フュージョンドライブ化で起動時間の短縮のほか、アプリの操作感や漢字入力など全体的に相当高速になりました。
以上私的な立ち上げ手順でした。ご参考に。

1st 2017/12/24
2nd Trim部分追加 2017/12/25
3rd 文言見直し 2018/01/02
Kazunori Fukuma