office365 資格情報切れでサインインもできない時の対策

資格情報が切れていて、サインインを求められてもサインインができないときの備忘録です(環境によっては対処出来ないかもしれません)。

この対策は、Windows10でoffice365の利用。OneDrive内のファイルをアクセスする時の対応についてです。また、Office365のサブスクリプションに現PC名が登録されている必要があります。
(サブスクリプションは、マイクロソフトにサインインして確認出来ます。)
Macは試していません。また、Documentsにあるファイルではチェックしていません。

<手順>
1.Windows起動画面の右下にある雲のアイコンOneDriveを右クリックします。

 

2.下記の表示が出ますので、「その他」をクリックします。

3.「Office」タブをクリックします。

ファイルのコラボレーションの「officeアプリケーションと同期して、開いているofficeファイルを同期する」のチェックを外し、あす。
一端このメニューを閉じ、再起動します。

4.再度上記と同じOneDrive、「その他」の「officeアプリケーション、、、」を再度チェックを入れます。

以上です。

KazunoriFukuma
1st 2020/04/12
2nd 誤字等修正 2020/04/13

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください