アナログオーディオは購入後すぐにはいい音がしない

またオーディオの話です。
アナログオーディオはデジタルと違って購入後すぐにはいい音がしません。本来の音になるまでかなり時間がかかります。
オーディオ機器は高価です。購入したら直ぐ音を聴きたいところ。でも最初はかなりひどい音なのです。
<Photo data>2018/01/30
ウッパマビーチから古宇利島を望む
曇りですがエメラルド色は健在です。
EOS-1DX EF24-105mm f/4L IS USM 32mm f4 1/320 EV補正無し

オーディオはアンプやプレイヤーだけでなくその機器につながっているケーブルやスピーカーも購入後は初期エージングが必要です。
オーディオショップでは、購入時しばらく預かって通電エージングをしてくれるところもあるくらいです。

以下機材購入時の経験を2件記載いたします。
初期エージング(購入時エージングのことです)でコメントしたいのはやはりスピーカーです。現用しているスピーカーはタンノイStirlingです。このスピーカーは、低音用コーンと中高音のホーンの2ユニットとなっています。ウーハーとホーンが同軸になっているのが特長です。とりわけ中高音がホーンの音の拡がりが秀逸です。
このスピーカーの購入初期では、この中高域ホーンがダメなんです。最初は中高域の音圧が高く耳にツンツン来ます。長い時間聴くのは辛抱がいるくらいです。
暫定的にスピーカーの向きを耳の位置に来ないよう横振りすることで対処します。この中音の張りは、例えばケーブルを交換しても直りません。

わがままなタンノイです。アンプに頑張ってもらって毎日のように視聴通電は続けていくと、ある時一変します。
2年半くらい経った頃でしょうか、この日はパワーアンプのスイッチを投入して音を出しても、まことに静かな佇まいです。交響曲のヴァイオリンパートがいつもはうるさいのに特にピーキーになるわけでもなく、まるでとばりにそっと音符を置くような静かな音です。静かに空間に拡散していきます。
2枚目、3枚目とコンテンツを別のコンテンツに換えてみてようやく理解できました。そうですエージングが終わったのです。やっときたかというくらい長くかかりました(前のB&Wの時も1.5年くらい要しました)。
スピーカーと同時に交換したものはスピーカーケーブルです。それ以外は換えていません。

パワーアンプはアキュフェーズA-45のデュアルモノ方式(バイアンプ)の2台駆動。ここは枯れています。スピーカーがこなれてきて一端この構成で安定しましたが、タンノイのホーンの拡がりをもう少し際立たせたいと奥行きを求めます。
このまましずかにしていれば安定しているのですが、次にプリアンプを仏製yba、アキュフェーズC-2000系からアキュフェーズC-2820に更新しました。
そして本稿のテーマ、新機器への入れ替えによる音調ダウンが再びやってきます。またシステムは長い沈み込みに入りました。

プリアンプの場合も、本来の実力を出し始めたのは購入後より1年半くらい経った頃でした。C-2820は濃い音で、音像が従来より一本線で真ん中に立ちます。楽器などの前後関係も以前にも増して出てきた様に感じます。奥行きが拡がったなという実感です。

こうして初期エージングは一通り終わりました。本来の音が出ているものと思います。

なかなか理解し難い初期エージング。うまく説明できませんが野球のグラブの様なものでしょうか。買ったときは皮が固くボール処理もしずらいのですが使っている内になじんできます。
エージングは「なじみ」だと思います。使用することで良くなっていくのです。
電気的には、ケーブル金属粒界、半田接合部やネジ止め部位、コンデンサーの安定化、磁気放出など抵抗や容量計では測定できないパラメーターが動いているのだと思います。「鳴らす」ことでなじんでいくのだと思います。

エージングを早くする手段として低い音から高い音が混じったピンクノイズを使用する方法があります。でも自分は直流磁化でやられてしまうような機器が壊れてしまうこと以外では使いたくはありません。時間がかかっても辛抱し、おちつきのある機材に仕上げていきたいと考えています。

K.Fukuma
1st 2018/02/16
2nd 文言の部分修正 2018/02/18