オーディオ フォノイコライザーAD-2850を組み込む

プリアンプににアキュフェーズのフォノイコライザーAD-2850を組み込んだ時の記事です。音の評価は私的なコメントです。

<Photo data>2017/05/05
大山(だいせん、標高1729m、別名伯耆大山)
Canon EOS-1D MarkⅣ
EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM
IOS50 105mm 1/1600 f2.8
Adobe Lightroom モノクローム2
(カラー写真をモノクロに現像するときは暗部がつぶれないよう少し明るめに現像しています。)

<イコライザーの構成>
手持ちのプリアンプはバランス入力を選択していますが既にCDとDACで一杯です。増設は難しい状況です。
フォノイコライザーを外部イコライザーとし、DACなどで切り替える方法も無くは無いもののDACに微小信号を入れるのはノイズの点でよくありません。アキュフェーズのイコライザー専用機
C-37も検討比較しましたが結局プリスロット型のAD-2850にしました。

<スペック>
AD-2850の入力換算雑音はC-37と同じです。しかし定格出力時のS/Nは85dBまで低下します(MMカートリッジ使用、ゲイン40dB設定時、C-37のS/Nは102dB)。AD-2850のゲインを30dBに抑えるとC-37に近づきますがカートリッジの出力が低くゲイン40dBは必要の様です。ともあれ最終的には音で決めることにしました。

ちょっと脱線致します。
C-37はディスクリートの3パラ6プッシュプル差動入力構成です。AD-2850も差動入力ですが使用段数がC-37の半分しかありません。この辺が性能差に現れています。
AD-2850を使用する際は外周りの対策を含めたノイズ抑制が必要です。

イコライザーを変えたら音が様変わりしたというのも困ります。AD-2850は基板の材料やメッキの種類も現有プリアンプと同じで同系統の音色だと考えます。
脱線終わります。

<外部的なノイズマージン対策>
①ベルト駆動用モーターの振動対策
使用するターンテーブルはマランツTT-15S1です。中級品だと思います。ウレタンプレートにベルトドライブモーターの穴を開けたシンプルな構造をしています。足は頑丈な3本フットです。欠点としてはモーターの回転でほんの少しですがピックアップが振動ノイズを拾ってしまいます。
この対策として、1mm厚の振動吸収材 (foQ)をモーター下部に貼りました。2本の両面テープでモーターと下部ボード間に貼り付けました。モーターをセットしたときにベースプレートと機械的に接触しないように固定します。この対策で振動影響はほとんどなくなりました。
横からの写真を下記に載せました。黒いシートがfoQです。

②RCAショートピンとスピーカーアース
ノイズ対策の追加です。
AD-2850の入力は2chあります。左側(AD1)を使用し、とりあえず右側(AD2)はオープンです(別カートリッジの拡張が可能です)。オープンchは入力をショートピンでふさぎました。AD-2850はプリから操作出来るタイプのため、使用しないchはオートマチックにショートさせているとは思いますが、念のため対策しました。(下記写真参照方)。

ターンテーブルTT-15S1はダイレクト配線でイコライザーへの引き出しは不平衡接続です。平行3線ケーブルが用意され値増す。中央がアース線で、このアース線はAD-2850の下部のアース端子につなぎます。

手持ちのアキュフェーズのアンプはグランドを装備していません。
そこで空いているオープンchのアース端子をシステムグランドにしました。
さらに自分はスピーカーアースをシステムグランドに結線しました。
イコライザーのアース端子を起点に、同じ長さにL、R1本ずつ分岐させ、左右のスピーカーのアース専用端子につなぎます(写真の緑のテープの線です)。

スピーカーアースはフランジやネットワークにチャージした電荷や外部からの電磁波をグランドする役目です(タンノイのアース付きスピーカーのみの対策になります。(関連記事を掲載しています)。
自環境では中高域の雑味が減少するノイズ削減効果があります。

<カートリッジ>
フォノカートリッジは独Clearaudio社のVirtuosoです。TT15-S1に当初から付帯していたものです。MM型のカートリッジですが暖かみがあって音楽性が豊かです。
他の機器は別記事のものを使用しました。

<イコライザー設定>
イコライザーとプリアンプの設定ですが、プリアンプゲインが18dBとしたときイコライザーゲインは40dBが最適でした。

<視聴コメント>
AD-2850(C-2820に実装)の評価として普段クラシック中心ですが今回ポピュラーとジャズを加えました。
素人の評価ですがヒアリングコメントを掲載します。

「P.Tchaiikovsky : Symphony No.5 in E minor, OP.64 Berlin Philharmonic Orchestra Cond. Herber Von Karajan Deutsche Grammophon Gesellschaft SMG-2028」
このディスクはコントラバスの低弦がしっかり再生されていました。ホルンや木管、ヴァイオリンなどの旋律も良く出ています。
カートリッジの公表周波数特性は20Hz〜20KHzと一般的なのですがブラスなどの音は高域側開放するような伸びがあります。高調波成分があって美音と感じます。
また、この盤では静寂な場面が到来せず、S/Nは普通の評価です。

「森山良子・カレッジ・フォーク・アルバム フィリップスレコード FS-8044」
若い頃の彼女の声を聴くことが出来ます。柔らかくみずみずしい声です。
Vocalは中央に音像が立ちます。
ギターの弦をはじく音に余韻があります。このあたりがCDやSACDより優れていると感じます。AD-2850で十分情景を引き出せていると思います。
S/Nも良くAD-2850でも全体の静寂性は非常に良好と感じました。

「SIMON & GARFUNKEL PACK20 CBS SONY SOPQ-1」
かなり使用しているディスクですが、P.サイモンのマーチンのボディーに共鳴した音は健在です。14bitのCD、例えばThe definitive SIMON and GARFUNKELと比較するとCDはどうしても深みの無い音です。アナログの良さはこの辺でしょうか。
このディスクは静寂感は余り良くありません。ノイズ処理をしているCDの方が良いと思います。

「JOHN COLTRANE STARDUST」東芝EMI LPR-88056
コルトレーンのテナーサックスは、目の前で発した音が束になって飛んでくるような音圧です。音の密度が高く感じます。
ウッドベースを弓で弾くパートが出てきます。空気をゴリゴリと震わす音を聴くことが出来ます。
このディスクは全体的に高域側にわたってサーというノイズが入っています。静寂感はこのディスクでは評価出来ません。

<全体的に>
AD-2850の静寂性は1曲だけですが全く問題ないと感じました。C-37を聴いたことがありませんので、前のMM型の外部イコライザーYBAプリとの比較では、AD-2850はオールジャンル型の様です。ジャズはYBAの方が自分の好みですが、クラシックはAD-2850の方が合っていると感じました。
特に良いなと思う点は、アナログ特有の倍音を伴っていることです。またクラシックは重厚感があってこのイコライザーで聴いていけると思っています。
尚、ノイズ対策があれば追加していきます。

K.Fukuma

1st 2017/05/20
2nd 誤字修正とコメント追記 2017/05/22
3rd コメント追記 2017/06/19
4th ミス修正 2017/07/02
5th 使用時間経過による視聴評価の若干の修正など 2017/07/06

 

Pocket
LINEで送る