オーディオ 音に元気がなくなったときのチェックと対策

今回は、オーディオの音が最近元気がないと感じたときのチェック方法と対策のご紹介です。
システムの調子が急に悪化したときは直ぐ分かります。徐々に調子が落ちているときはなかなか分かりません。感覚的で構はないので、「このところ良くないな」と思ったら是非やってみましょう。
<Photo Data>
2019/04/06 目久尻川沿いの桜(今年の桜は長く楽しめました)
Canon EOS-1DX EF24-105mm f/4L IS USM
f6.3 1/1250 28mm ISO320

オーディオシステムは、再生、増幅、出力のパートからなります。再生部分は音源を取り出すところです。増幅はアンプ部になります。
再生と増幅パートは、音が出ない場合を除き、おかしい時は音楽成分に「歪み」や「ノイズ」などの雑味が加わってきます。聴いて大体判断できます。
しかし、こうした症状は機器の内部問題のため、ほとんど自分で対策することは出来ません。ひずみやノイズはメーカーに修理依頼しましょう。

こういった症状以外の調子が落ちた時は、アンプなどの故障が原因ということはあまりありません。
音に元気が無い時、何となくつまらない音という時は、音の「強さ」が低下していることが多いと思われます。

こうしたときは、再生、増幅及び出力の電気接点を点検します

①アンプとスピーカーの端子
アンプとスピーカーは、アンプとスピーカー端子の(止め具合)締め具合を調べます。その中のどこかの結線が緩んでいたら、そこが原因です。締め直すときは、利き手の親指、人差し指、中指の3本の指をで増し締めします。レンチは使用しません。レンチを使うと、端子が破損し、アンプ内部やスピーカー内部の直結基板や端子が壊れることがあります。
適切に締め直して、電気的な接点の緩みを無くせば、本来の音に戻ります。

緩みやすい結線は、ケーブル端にYラグやバナナ端子を使用しない、いわゆる裸線結線の場合です。撚り線をそのまま端子に締め付けても、線束で出来た断面が崩れ、逃げが生じます。徐々にツブれて、止めたはずのネジがやがて緩んでしまいます。
当然、音の調子は落ちていきます。
裸の線端にYラグなどにすると、端子が硬いため、つぶれません。接続部は専用端子にするのが望ましい接続です。

②電源プラグ(オス、メス)
音の調子を落とすもう一箇所は、電源プラグやコンセントなどの電気接点です。電源ケーブルは線径が大きいほど音は良くなります。しかし、電源ケーブルも裸のまま締め付けると、スピーカーケーブルと同様、締めたところからつぶれていきます。
つぶれが起こると、緩みます。電源ケーブルの接続部の緩みは、電力伝達障害が起こります。伝達障害は、出力音に「モッタリ感」が出ます。音は出ていますが、強さや高域の低下が起こり、低音も出にくくなります。しかも、これもじわじわと変化します。

<電源部位の対策>
電源ケーブルの点検は、別のケーブルと交換して音の比較で決めます。交換して良くなればケーブルが原因です。

電源ケーブルのプラグは、3Pプラグを使用すると、定期的に分解チェックが出来るのでお薦めです(コンセントは電気工事事業者の方にチェックしてもらうのが良いでしょう)。

下の写真は何年も前に、上記の症状があったときのプラグです。
このときは、Nライン(白)に問題がありました。電気的につながってはいますが、線材がツブれてゆるくなっていました(L極(黒)は問題なし、G極(緑)も問題ありませんでした。写真はGラインにノイトリックの銅管をかぶせたテストのため、Cu管を挿入しています。Cu管は、締め付けに断面の逃げが起こりにくく、緩みがおこりにくい接続です。
この時の記憶は、何となく軸足が決まらない音だと感じていました。
こんな3Pプラグのアッセンブリーは、ちょっとした工夫が必要です。写真の線は5.5SQの太線です。特に挿入がポイントです。
自分の方法をご紹介します。
やり方は、被覆を約8mm程剥きます。5.5SQは断面積が大きく穴径に対して余裕がありません。被覆を剥いた部分をさし込むときは、ワイヤーがほぐれないようにするのがポイントです。
撚れてしまって、さらに挿入しようとすると余計入りません(先端を二分割するならOKですが奥まで十分入りません)。

ビニール被覆に切り込みを入れ、被覆を半分ほどピンセットで引き抜きます。先端に被覆を残したままプラグ穴に押します。被覆先端が少し入ったところで、被覆をカッターで切りとります(被覆は挿入ガイドの役目です)。そしてそのまま奥まで押し込みます。
あとは、ドライバーで線材が抜けないようにしながら目一杯の力で締めます。

撚れを作らず、全線乱さず、プラグにさし込めたら成功です。
狭い穴にぎりぎり挿入することで、締め付け後も断面が確保されます。
ネジ締めはネジをつぶさない様、押す力も回す力も両方強く締めます。
ビニール被覆をとり、ノイトリック製パワコン用のカッパー管をかぶせる(上の写真のGライン緑)のも有効です。5.5SQの線が丁度入ります。

このトラブルがあった電源ケーブルは、PCOCCの最後の頃の線材です。標準より長いものをオーダーしたものです。この時のプラグはオヤイデ製ですが、オーダー先は違います(念のため)。

オヤイデアッセンブリーの別ケーブル(左の写真)はしっかり固着されていました。

コンセントタップもプラグ同様使っている内に緩みが出てきます。電源端子も、スーカーケーブルも長年何もせずキープするのは難しいということです。
スピーカー端子、電源プラグ、タップなど機械的に締めた接点は音質の維持に重要と考えて下さい。
対策後の音は、歯切れ良く、しかし粒の小さな音も表現できるすばらしい音になるはずです。

Kazunori Fukuma
1st 2019/04/20
2nd 一部訂正 2019/04/21
3rd 変換ミス訂正 2019/04/23
4th 2019/06/17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください