Amazon Prime MusicをAVアンプで再生する

自宅でバックミュージックを聴きながら仕事をするときの一方法です。
Macminiを使用した設定です。
ソースはいろんなジャンルが選べるAmazon Prime Musicを使ってみました。
Prime MusicはWebで再生する方式です。MacではChromeやSafariで再生出来ます。AmazonのMusicソースはダウンロードすると高音質ですが、ディスクロードで聴くと音源を取り出す時ノイズを拾ってしまいます。
元々ハイビット音源ではないので、Webダイレクトで良いと考えました。

PC Audioは、他にPure Audioにつないでいる環境があります。この方法でPrime Musicを再生することも出来ますが、作業しているデスク上のMacminiとは距離の関係で使えません。

Macmini自身で再生してみました。
この再生はかなりナロー帯域です。しかもMacminiの金属筐体内のスピーカーで鳴らす場合、どうしても固い音です。仕事をするにはちょっと集中できません。
Macminiの外部モニター(EIZO EV2457)に出力して見ました。通常のDVI-DをHDMIに切り換えてみました。1W+1Wのステレオにはなりますが、前面の小穴から出てくる音は、こちらもPCとあまり変わりません。いい音ではありません。
手元でワークとVolumeコントロールや選曲が条件です。そして、音もそこそこが必要です。

<AVアンプにつなぐ>
やってみたのがAVアンプへの接続です。
Prime Musicはデジタルです。PCからはアナログも取り出せますが、アナログもUSBもとてもノイジーです。雑音対策すればWeb再生でも多分良い音でしょう。

AVアンプに取り出すには、Optical、Coaxial、HDMIまたはChromecastなどがありますが、Coaxialはポートがありません。HDMIは他の映像モニターにつないでいます。Opticalで取り出すことにしました。5mものの光ケーブルがありました。流用します。

①MacminiのOpticalは、先端に光ミニプラグをかぶせなければなりません。これもストックがありました。光ミニプラグアダプターは左の様なものです。これがあれば他のMacでも同じ様に接続出来ます。

 

 

Macminiの背面のイヤフォーン端子(背面から見て右端)にプラグを挿入します。

②Macminiの出力設定
音の取り出しは、次のスクリーンショットを参照下さい。
MacminiのLaunchpadでオーディオMIDIを探し出力設定をします。フォーマットを、2ch 24ビット 整数 44.1KHzを選びます。
ほぼCDと同じレベルです。

これで、MacminiでVolumeを使用することが出来るようになります(Volumeコントロールは、ストリーム再生しているときなど急に音が大きな音になってしまうことがあります。音源によって録音レベルが違うため必要です)。

③AVアンプの設定
一例ですが、古いAVアンプ(パイオニアのVSA-LX51)にセットしました(一般的なAVアンプで十分です)。
このAVアンプは100W級のアンプが6本入っています。本格的なPure Audioのアンプと比べると、スピーカー駆動力が足りません。使用するスピーカーはHi、Loネットワーク分離できるタイプです(B&W703)。フロントにリアハイのアンプを流用します(一般的な5.1chでよければ)。フロントバイアンプにします。サブウーハー、リアスピーカーもAVアンプに接続します。

信号設定は下記の様にしました。
MacminiからのOpticalファイバーはAVアンプの背面の光デジタルINにつなぎます(LX51のOptical INは背面に3カ所あります)。光ケーブルは1本でOKです。
AVアンプのインプットセレクターで、接続した端子を選び、入力信号をOpt-1(光デジタル受信)にセットすると受信出来ます。

④WebでAmazon Primeにアクセスします(ログインが必要です)。選曲、再生するとAVアンプから音が出ます。
アンプのマスターVolumeとMacmini  Volumeの双方をスライド最適化します。これで調整は終わります(Mac側のVolumeコントロールは、Amazon Musicのコントロールを使用します)。

<結果>
PCやモニターと比べてですが、各段に良い音です(Pure Audioにつないだほどではありません)。光接続はノイズの心配が無いのがいいと思います。AVアンプのイコライズはドルビープロロジックなどにすると良いでしょう。5.1セットしていても音源がステレオです。拡がり感は薄いです。
自分の場合、作業しながら音楽です。しかし、バックミュージックは目の前で音を鳴らさず、出来るだけ部屋に音を拡散させるやり方が良いと思いました。
Kazunori Fukuma

1st  2020/05/30
2ndVolumeコントロールについて追記 2020/05/31
3rd コメント追記 2020/06/03

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください