Macmini FusionDriveをフルSSD化する

Macmini (Late2012)は、HDD 500GBとSSD 500GBのFusionDriveです。速いと思っていたこの組み合わせも次第に切れが悪くなってきました。特に、シャットダウン時間が長くかかる様になりました。
mSATAⅢのSSDが余っています。基板型のメモリーですがケースに入れ、2.5”HDDと外形を同じにして入れ換えることにしました。本稿はその時のメモです。
交換するSSDはSUNEAST SSD 512GB、SE800 mSATAⅢ DC 3.3V NANDFlashです。

作業は以下です。

<SSDの交換>
最初に、TimeMachineに現在の最終バックアップを取ります。
下のスクリーンショットは裏蓋側のHDDを既に取り外したときのものです(見えているcrucialがfusion driveのもう一個のSSDです)。
もし交換対象のHDDがトップ側(裏蓋側でない方)の場合はほぼ全分解となります。その時は、引き抜きアングルやヘラ等のちょっとした工具、また今までシングルHDD仕様だった時は、追加するSSDに追加のフレキケーブルが必要です(この時の記事は「Mac miniをフュージョンドライブ化する」を参照下さい)。
この交換の場合、HDDは裏蓋側にあります。場所としては引き出しやすいのですが、HDDはSSDより厚く、引き出しもギリギリです。コネクタが断線しないようにゆっくりとHDDを写真手前側に引きながら上に持ち上げて抜き出します。
SSDを装着したら裏蓋を締めます。
ついでの作業として、ファンやメッシュの埃を清掃しておきます。

<復元>
HDDをSSDに交換すると、構成していたfusionがほどけてしまいます。
fusionとせず、2台のDriveとするときはこれでもOKですが、自環境は2台合成のDriveに単独の容量を超すDATAが入っていました。SSD+SSDの新構成でFusion化しないと元に戻りません。
再fusion化は次の様に行いました。
①再起動→「command + R」でディスクユーティリティーを起動します。
②ユーティリティで2台のSSDをそれぞれ消去し、APFSフォーマットにします(交換前はMacジャーナリング)。それぞれD1、D2など適当なVolume名をつけます(後でVolume名は変わります)。
ユーティリティーを終了します。
③メニューのターミナルを起動し、次の命令を実行します。(Mojave以前のOSでfusion driveを構築するときはAppleの記事「Fusion Drive が分割された場合の修復方法」が参考になります。自環境は10.14です)。
$ diskutil resetFusion

この後、TimeMachineから復元します。
次の写真は復元後のストレージ内訳です。
Fusion Drive 1.04TBと表示されています(リンゴマーク→ストレージを選択して参照)。他にRAID1 3TB、TimeMachine 2TBなどのストレージが見えています。

<注意事項>
もし、別のOSに復元すると、再びfusionがほどけることがあります。
復元ではなく「移行」でfusion driveにファイルを書き込む場合は、Serverなどの認証をやり直さなければならないかもしれません。
また、CloudのLocalを作成しているときは、移行または復元後、Local Driveも時間ずれ分の復元が必要です。

<感想他>
起動もシャットダウンも速くなりました。アプリも動きが良いです。ただ個人的な意見ですが、fusionはあまり意味が無いかもしれません。SSDを2個抱き合わせただけと理解しています。ハイブリッドに比べると速いのは間違いありません。
容量を増やし高速化するなら、1台の容量の大きいSSDの方が良いと思います。

Kazunori Fukuma
1st 2020/07/07
2nd 文言修正 2020/07/10
3rd 復元記載部分の訂正 2020/07/18