半導体パワーアンプは一定時間通電しないと本来の音が出ない

オーディオパワーアンプの話です(アンプのエージングの続編になります)。
オーディオは、電気的な計測で音質が分かる様な世界ではありません。音は日によっても変わり、いつも同じ音ではありません。しかしベストではありませんが、機器の能力近くに保つことは出来ます。
今回は、この辺をコメントしてみたいと思います。

アナログアンプ、とりわけパワーアンプを最高の音にまとめるには、あまり良い状態ではありません。特に、聞き始めのプレ通電は必須です。
少なくとも半導体パワーアンプは、聞き始めはほぼ不調と言ってよいくらいの音です。そのまま時間をかければ徐々に良くはなりますが、電源オンからすぐ再生してしまうと、何時間経っても良い音になりません。一日以上アンプをつけっぱなにすると、だいぶ良くはなりますが、次の方法ほどではありません。

パワーアンプを事前通電することは、今までの経験から多分正しいと思っています。自作パワーアンプ、Sansui、yba、アキュフェーズと、どのアンプでも電源投入から数時間は無信号通電が有効です。その後徐にプリアンプやCDプレイヤーの電源を入れます。これらの機器も暖まった頃、信号源から信号を流すということです。これが自分には最良な音です。

パワーアンプ、無信号で数時間通電、このルールさえ守れば、満足出来る音の仕上がりです。
ちょっと、スピーカーを変えると多少変わりますが、今のもの(タンノイ)でいうと、スピーカーのコーンが軽くなったかの様な再生になります(アンプのドライブ力が増したとも言えます)。重いような、わずかに歪んでいるような出音は無くなります。さらに、強い音も、弱い音も、より広く拡散していき、響が出てきます。
一体この原因は何かということですが、アンプの電源投入時のスピーカーへのDCダメージと考えています。
無信号通電について、日本のハイエンドメーカーに問い合わせたことがあります。ハイエンド品に限ってではあるが、通電良化は認識しているとの事でした。追い込み良化を認めています。

比較として、真空管式のパワーアンプはプレ通電は不要だということです。真空管アンプは、電源オン時のDC成分がスピーカーに流入することはありません、真空管式では、出力トランスにダメージは与えますが、スピーカーにはトランスでDCはカットされます。
DCが漏れ、アンプが回復するのではなく、ダメージを受けたスピーカーの回復をただ待っているという考えです。スピーカーはほとんどの場合、内部ネットワークがありますので、ダメージを受けるのはウーハーです。

半導体アンプの出力部はスピーカーと直結です。もしDCが流れれば入出力特性は非線形になり、歪むと思われます。

一般に、パワーアンプはDCオフセットが入っています。直流は漏れないはずですが、電源投入時は影響すると考えます。

(ちょっと脱線です。昔、自作していた頃のアンプはスピーカー間にコンデンサーが入っていました。大容量のコンデンサーでないと低域がロスるということで、そういう設計でした。やがてこの傾向を嫌い、Cレスのアンプ設計が主流になりました。)

この考えが正しければ、結線はアンプが安定した後で(20分くらい)、スピーカーをホットでつなぐ事ですが、最初からいい音だと思います(できませんよね、これは)。
半導体パワーアンプを真空管に切り換えるのが正解かもしれません。
真空管アンプは、半導体と違って、出力インピーダンスを整合させて接続です。長く引っ張れるし、もしょチューブに寿命がなければ真空管 is bestです。

余談ですが、アンプが安定したところでヘッドフォーンをつないで聞くのもありでしょうか。

Kazunori Fukuma
1st 2020/04/20
2nd 一部見直し 2020/04/27

office365 資格情報切れでサインインもできない時の対策

資格情報が切れていて、サインインを求められてもサインインができないときの備忘録です(環境によっては対処出来ないかもしれません)。

この対策は、Windows10でoffice365の利用。OneDrive内のファイルをアクセスする時の対応についてです。また、Office365のサブスクリプションに現PC名が登録されている必要があります。
(サブスクリプションは、マイクロソフトにサインインして確認出来ます。)
Macは試していません。また、Documentsにあるファイルではチェックしていません。

<手順>
1.Windows起動画面の右下にある雲のアイコンOneDriveを右クリックします。

 

2.下記の表示が出ますので、「その他」をクリックします。

3.「Office」タブをクリックします。

ファイルのコラボレーションの「officeアプリケーションと同期して、開いているofficeファイルを同期する」のチェックを外し、あす。
一端このメニューを閉じ、再起動します。

4.再度上記と同じOneDrive、「その他」の「officeアプリケーション、、、」を再度チェックを入れます。

以上です。

KazunoriFukuma
1st 2020/04/12
2nd 誤字等修正 2020/04/13

 

MySQLをMacにbrewインストールした時のパスワードエラー

MySQLをMacにbrewでインストールしたときのrootパスワードエラーに関する備忘録です。(MacBookPro macos10.13)

MySQLをMacターミナルからHomebrewでInstallすると、デフォルトではその時点で最新のMySQLがインストールされます。インストール自体は簡単ですが、インストールしたら直ぐに使えるかというと何点か関門がありました。

1.brewでインストール後、どのVersionがインストールされたかを見てみます。
Macのターミナルを起動し、mysql –version(–は半角-を2個)を実行。
結果:mysql Ver8.0.19がインストールされていました。

2.インストール時のサマリーに、localhostのMySQLログインはmysql -urootとなっています。
しかし、mysql -urootでログインを試みてもerror2002 /tmp/mysql.sockという2002番エラーが出ました。どうやら、ソケットファイルが無いといっています。

3.ターミナルで touch /tmp/mysql.sockを実行しsockファイルを作成しました。

4.再びmysql -u rootでログインを試みます。
今度は次のエラーです。
rootパスワード無しでログイン出来ない様です。

5.MySQLを一旦停止させ、brewを再起動しrootログイン出来ました。
mysql.server stop
brew services start mysql
mysql -u root
以降、rootパスワードを登録しました。

6.開発環境の整備として、別のMacにもMySQLインストールすることにしました。
MySQL5.6が入っていましたので、rmコマンドで削除します。
PCはMacmini、インストール済みのVersionはmysql-5.6.26-osx10.8-x86_64です。
削除後、前例と同じbrewインストールを(こちらは5.7をインストールします)行いました。
しかし、mysql -urootでログインできません。エラー表示も出ないという状況です。

7./usr/Localにはmysql@5.7がインストールされています。
原因が分からず、brewインストールを再度実行すると、無反応がThe server quit without updating PID file mysqlのエラーに変わりました。
しかし、cnfファイルなど内容をチェックしてもかなか対策できません。

最終的にNetで見つけた方法でやっと解決しました。
参照したサイトです(@kazu_wsx氏の記事です。ありがとう御座いました)。
この記事通りに行い解決しました(rm 削除も全て行います)。
クリーンアップ不足だったかもしれません。

MySQLのインストール、奥深いです。
以上です。

Kazunori Fukuma
1st 2020/03/30
2nd 2020/04/01
3rd リンク追加 2020/04/02

MySQL起動時エラー ルート要素が見つかりません

Windows10 PCのLocalにInstallしているMySQL、昨日PC起動時に「MySQL cannot initialize main application.」” ルート要素が見つかりません”の表示。以後、起動するたびに表示される。
以下、とりあえず対策出来ました。
このページはその時メモです。

1.最初にMySQLのPathが有効かどうかのcheck
Windows Consoleから、mysql –versionを実行。
Versionは表示されます。
pathは通っていました。

2.初期起動に関係するconfigファイルを調べる
Setting.configを一端削除することで解決。
C:\User\MyUser名\AppData\Roaming\Oracle\MySQL Notefier/Setting.config
削除したファイルは起動時生成される。

以上
Kazunori Fukuma
1st 2020/03/19
2nd 一部訂正 2020/04/29

オーディオアンプのゲイン設定

今回はオーディオアンプのゲイン設定についてです。
ゲイン設定を変えると音調が少し変化しますが、ライブ感が出せそうな設定を探してみました。
個人的な設定です。ご使用の環境ではノーマル設定の方が良いかもしれません。

設定で使用したアンプとスピーカーは次のものです。
プリアンプ:Accuphase C-2820
パワーアンプ:Accuphase A-45x2 Dual Mono
スピーカー:Tannoy Stirling SE

プリアンプの設定可能なゲインとパワーアンプのAttenuationは、次のスクリーンショットの通り可変出来ます。自分の機器の 標準値はゲインレベルで、プリアンプが18dB、パワーアンプが28dBです。

その他の機器
CD:マランツSA-11S3
PC-Audio:Audirvana Plus by MacBookPro(iTunes Integrated Mode)

CDをオリジナル音源とし、Apple ロスレス フォーマットで24Bit/96KHzでSSDディスクにリッピングしました。(HDD保存ではCD以上の音は望めません)。
PC-Audio再生は、24bit/192KHzにアップサンプリングし、RME社 BabyFaceProでアナログ変換後XLRバランスでプリアンプに入力しました。プリアンプへの入力レベルは0dB設定です。
音源はそれぞれ強みがあるCDとPC-Audioを比較しながらゲインを変えて再生比較しました。

音源
楽器系:J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲集/諏訪内晶子
静寂感:ヴェートーヴェン:ピアノソナタ第2・神谷郁代
Vocal  :綾戸智絵 BEST/BESTⅡ
です。

<結論>
結果は、時間をかけた割にはあまり差が出ませんでしたが、ライブ音源に最も近い(高域弦の自然さやピアノの聞こえ方)のではないかと思う設定は、パワーアンプゲインが22dB、プリアンプゲイン24dB、合計46dBでした。
パワーアンプのゲインは出来るだけ下げ、その分ゲインをプリに回すと、少しずつですが「空間の響」が良くなっていきます。そんな中でプリアンプ設定は18→24dB、パワーアンプAttレベル0→▲6dBです(スクリーンショットの通りです)が中央値として良いと思いました。

<その他のコメント>
パワーアンプのゲインを下げていくとノイズ背景が良くなっていきます。何もしないパワーアンプ ノンアッテネーションの時は、少し低域寄りのトーンとなります。スピーカーによってはこの方が良いかもしれませんが、Vocalは膨らみます。

Kazunori Fukuma
1st 2020/01/08

Printer Network Diagnostics Result Codes c-9の対策

WiFiの環境を見直しました。本ページは、その時の対策の備忘録です。
ネットワーク環境は、1階にNTT製 PR-500MIのルーター。上階でPCやMobile機器など、WiFi接続が多い状況です。
トラブルが起こったのは、上階のプリンター1台です。今年追加購入したキヤノンG6030です。現象は、印刷出来たり、印刷データを送ってもだんまりといった具合です。同じWiFi接続でもレーザープリンターは問題ありません。

年賀状印刷の頃になって、早急な対策が必要です。
有線LAN接続機器は問題ないことから、G6030も有線にしてみたものの、命令を送ってから印刷開始に時間がかなりかかることから、この方法もダメです。

G6030のNetwork Configrationを調べてみました。Network Diagnosticsをみると、Code Resultsはc-0とc-9になっていました。c-0は問題なしですが、c-9は There is a problem in the settings/environmentと何か問題がありそうです。
キヤノンのサイト https://ugp01.c-ij.comでCodeを見ると、c-9は「他の各種機器からの雑音が非常に多く、信号雑音比(S/N)がとれない」という内容です。

つまり接続機器が多いということでしょうが、周囲の機器と離すとか接続を取りやめるかといったコメントです。しかし、そういうわけにはいきません。

<対策>
電波が弱いなら強くすることにしました。古いWiFiルーターを再登場させ、上階にも送信サイトを付加するのが対策です。
追加ルーターは、Aterm WG1400HP(NEC製)です。
購入後、経年していますが、Hubや無線能力は現行機種同等です。ブリッジ接続が可能なため、再使用することにしました。
ワイヤーコネクトは1階のルーターから有線でWANポートに、2階からは無線としました(1階のルーターからの無線も有効としダブル送出です)。

<設定>
Atermの説明書は難しい記述です。ネットワークの専門的知識が無いと理解できない言葉で記述されています。せめて使い方に沿った説明があれば良いのですが、あちこちに同じ記述があります。結局どうするかということですが、次の様にしました。

つまり、DHCP機能はルーターにさせ、追加ルーターはルーターとしては使用せずブリッジ接続にするということです。
Atermは次のステップで設定を進めました。
①最初に前の設定が残っているため初期化します。
電源はつながず(電源をつないでいた場合はコンセントから抜きます)、モード切替スイッチをRTからBR(ブリッジ)にします。
②ルーターからの有線LANケーブルをAtermのWANポートに接続します。
③電源をつないで、ランプが従来設定の状態で安定したら、背面のRESETピンを爪楊枝で押し続けRESETします。
④RESET押しはAtermのPOWERランプが赤点滅になったら離し電源を切ります。
⑤30秒程度経過後、再び電源を接続します。
⑥ACTIVEランプがオレンジに点灯したら設定完了です(この状態でブリッジモードになっています)。
⑦Atermから送信された電波は、近くのWiFi機器にそのSSIDが見える様になります。機器とコネクトするときは、SSIDに暗証コードを入力し選択決定します。これでWiFiがつながります。

Atermの細かい設定が必要な時は、Webを起動してAtermにログイン(ネットワーク内のAtermのアドレスにログイン)して設定します。Atermのアドレスの末尾は210番です(192.XXX.XX.210の様になります)。

プリンターは、完全手動設定でSSIDを入力すると接続出来ますが、プリンター機器のキー入力は大変です。キヤノン製はプリンターのサイトから始めて接続する時のソフトウェアやドラーバーをダウンロードしてつなぐ設定をすれば、勝手に接続してくれます。

WiFiは、周囲の環境で徐々に使い勝手は悪くなっていきます。
時々、環境チェックが必要かもしれません。

Kazunori Fukuma
1st 2019/12/27

Ubuntu16.04を18.04にアップグレードする

前回、MacのVB(Virtual Box)にUbuntu16.04をinstallしました。同時に、MySQL、Apacheもinstallされています。
その後ssh Serverを追加し、MacターミナルからVBにssh接続し、MYSQLにアクセス出来ています。

Install後のUbuntu16.04は調子がイマイチです。動作はしますがシステムエラーメッセージが出ます。また、最近のプリンタードライバーがありません。ネット接続も有線しか使えません。(wifiの設定は自分には困難でした)。

Ubuntuの最新Versionを調べると、ubuntuはVersionを16→18に上げてもMySQLのVersionは5.7と現在のVersionは保たれる様です。
Ubuntu16.4を18.04にアップグレードすることにしました。

Ubuntu18は、今度はVBにインストールせず、使わなくなったWindows10を専用機にすることにしました。

再利用の ノートPC(HP pavilion g6 Windows10 Home)があります。電池は上がってしまっていますが、サーバーテスト環境としては利用できそうです。デスクトップ的に使えない状態ではなさそうです。
Ubuntuの Version18化は、たくさんの記事が出ていました。アップグレードはコメントベースで記載致します。

<準備>
アップグレードの準備
1.MacにUbuntu-ja-16.04-desktop-amd64.isoがDownloadsフォルダーにあります。このVersionはVBでシステムエラーが発生していましたが、このisoファイルをDVDに焼いて、G6に専Installしていきたいと思います。
isoファイルをDVDに書き込みます。容量は1.39GB位です。
2.g6でDVD bootさせるべく、BIOSをいじります。BIOS起動は、電源ボタンとf10キーでした。
3.DVD-ROMをboot筆頭順位とし、内蔵HDDを2ndに下げます。
4.g6の電源を入れ、直ぐDVDトレーを空け、isoのDVDをg6に挿入して、電源を落とします。再度電源を入れるとbootします(もし起動できないときは、BIOSのセキュアインストールをDisableにするとうまくいくかもしれません)。
5.インストールはUSBポートで行うと高速なのですが、g6のポートは利用出来ませんでした。
6.Installはboot後の画面表示に従って進めます。
7.g6のLinux専用化は、SQLサーバーが目的です。音楽や写真などのインストールはしませんでした。
8.16.04のインストールが完了します。画面はUbuntuデスクトップに変わります。
もうWindowsではありません。デスクトップ画面から右クリックして端末を起動します。

以下は、端末操作でのアップグレード手順です。

<アップグレード>
1.有線LANの接続が出来ていないと成功しません。DHCPは自動で進めます。
LANがつながった状態で以下のコマンドを一つずつ実行します。
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ sudo apt dist-upgrade

ここまで、40分くらいかかります。
全部のダウンロード完了したら、以下を実行します。
$ sudo do-release-upgrade

この後、かなり時間がかかった様です(寝る前に実行し、翌日続けました)。
アップグレードが終了し、MySQL5.7とapache2のVersionが引き継がれていました。

2.日本語化します。
VersionはUbuntu18.04です。
デスクトップ画面は16.04とほぼ同じです(下のスクリーンショット参照下さい)。
18.04のデスクトップ画面で、「歯車」の設定をクリックします。続けて地域と言語をクリックします。

この時、「言語サポートが不完全、、、」の表示になったら、追加インストールを行います。
地域と言語のOptionのキーボードに使うIMシステムをデフォルトの「fcitx」に切り換えます(次のスクリーンショットです)。
一端ログオフ再ログインします。18.04デスクトップメニューヘッダーにキーボードアイコンが見えれば日本語化成功です。日本語と英語の切り替えは、g6では漢字キーで変更出来ます(他のキーに設定することも出来ます)。

3.環境設定を行います
16.04ではWifiもプリンターもNGでしたが、18.06では整備されています。
Wifiに接続を切り替え、印刷も
LibreOffice等で文章を印刷出力してみると、cupsプリンターとして認識されます。
今回はここまでです。

Kazunori Fukuma
1st 2019/11/27
2nd スクリーンショット追加 2019/11/28
3rd 誤字修正 2019/12/06
4th一部訂正 2020/04/25

Mac TerminalからVB MySQLにssh接続する

Mac miniの開発環境にMySQLを加えましたので、ご紹介します。
今まではDBというとFileMakerでした。
今回はMySQLをLinuxに構築します。
LinuxはVine Linux以来です。コマンドなど殆ど忘れてしまっています。VineLinuxでプリンターサーバーを作ったことがあります。まあその程度です。
DB(DataBase)は、ファイルメーカーとつなぐことも考えています。
Serverコストがあまりかからないというのが背景にあります。
よく使用されているSQLは、マイクロソフトSQLの開発専用のものやMariaDB、MySQLなどでしょうか。今回はMySQLをセレクトしてみました。

あくまでも開発用です。しかもmacからDBにアクセスします。Macは変更せず、VirtualBOXをたててLinux を動かしたいと思います。

1.最初に
使用PCはMac miniです。OSは10.14、 2.5GHz Intel Core i5、Late2012の8GB、1TB Fusion Driveです。

2.VBのインストール

最初はVirtualBox(VB)のインストールです(VBのInstall手順は省略致します)。MacにVBのサイトからダウンロードしてインストールしました。通常のアプリと同じです。問題無くインストール出来ました。

3.Ubuntu16.04 LTSのインストール
Linuxは最初はCentOSをインストールしましたが、自分のPCの能力ではデスクトップの動きが緩慢で、Ubuntuにしました。Ubuntuも最新版ではなく、最初は少し前のVer16.04を北陸先端大のサイトからダウンロードしました。
ダウンロード手順は、Qiitaさんの「VirtualBoxにUbuntu16.04をインストール」及び「Ubuntu 18.04にLAMP環境をインストールする」の手順などを参考にさせて頂きました。
16.04 LTSはファイルメーカーとの連動性で選びました。MySQL5.7版が欲しかったからです。Ubuntu16.04 LTSでMySQLやApache、phpをlamp-serverでセットインストールします(Ubuntu18でも良かったかもしれませんが)。

VBを起動し、VBの端末で以下のコマンドを実行しました。
$ sudo apt install tasksel
$ sudo tasksel install lamp-server
インストール後、ダミーphpを記述し、所定のフォルダーに保存後、localhostにWeb表示出来ていました。
ubuntu以外にインストールしたパッケージは次の通りです。

MySQL Distribution5.7.27 for Linux
Apache /2.4.18(Ubuntu)
PHP 7.0.33

4.ssh接続の準備
Macをクライアントとしますので、VBにssh接続とするため、IPアドレスは固定にします。
Ubuntuをインストールした直後は全部ポートが閉まっています。端末で最初に22番を開放しました。
$ sudo ufw allow 22
$ sudo ufw reload

次に、ssh-serverをインストールします。
$ sudo apt-get install openssh-server
(openssh-serverはネットワークがつながってないとダウンロード出来ませんので、同じようにVBの80番ポートを空けます。)
ssh接続する前に、VB内の端末でMySQLが起動できるか、予めチェックします。root以外の専用userを作成し、仮DBを作成し、権限を付与させておきます(MySQLのuser作成やDB作成は省略致します)。

5.設定とssh接続
MySQLにDATAを入力できたら、VBのネットワーク設定を以下の様に設定します。接続はブリッジにしました(ポートフォワーディングでも接続出来ます。どちらでも良いと思います)。

ブリッジ設定は、VBの設定でネットワークを選び、アダプター1を選択し、割り当てをブリッジアダプターにします。名称はen0: Ethernetとなっています(これは使用する環境で異なります)。この名称をメモしておきます。「高度」の設定はしません。

次に、VBの端末で、ゲストとなるVBのenアドレスを$ ifconfigで確認します。
端末に表示されたenpアドレスをメモします。

Ifconfigで確認出来るアドレスに、Macのターミナルでssh接続させます。
Macのコマンドは、$ ssh ‘user_nama’@’ip-address’の書式です。

user_nameはVBインストール時に登録したuser名です。
このコマンドを打つと、鍵が発行され、known listに登録されます。その後、続いてパスワードが求められます。このパスワードは、VBインストール時に設定したパスワードを入力します。
これでMacから仮想OS LinuxのVBに接続されます。

VBにつながったら、続いてMacの端末でMySQLを起動します。
$ mysql -u mysql_user_name -p
mysql_user_nameは、MySQLをインストールした時に設定したuser名です。パスワードもMySQLのパスワードです。
下のスクリーンショットは、MacからMySQLが起動された画面です。

セッティングの使い勝手など別途投稿致します。

Kazunori Fukuma
1st投稿とリンク追加 2019/11/12
2nd 文言修正 2019/11/20
3rd インストールパッケージのVer名追加 2019/11/28
4th 変換ミスの修正など 2019/12/15

電子印鑑の簡単な作成方法

販売管理の伝票等で使用可能な簡単な電子印鑑の作成方法を紹介いたします。

電子印鑑は、専用サイトで購入する方法もありますが、図形加工ソフトがあれば自分で作成してもそんなに時間はかかりません。今回は多くの利用者がいると思われるマイクロソフトPowerPointを使用しました。

<電子印鑑の作成手順>
PowerPointを起動し、新しいプレゼンテーションを選びます(PowerPoinTのVersionは下を参照下さい)。

プレゼンテーション画面は、起動時に出てくる最初のページでも、追加したページでも、どちらでも構いません。

最初の画面に表示されている「タイトルを入力」や「テキストを入力」の枠は全て消去します。

次に、PowerPointのヘッダーの「図形」から、基本図形の「丸」を選びます(次のスクリーンショット参照)。基本図形を選んだら、プレゼンテーションページの中央付近に上下3等分位になる程度の大きさの「青い丸」をマウスで描きます。下記のスクリーンショットの様な円形の丸にします(楕円の印鑑の時は、楕円にします)。

 

次に、青い丸の図形全体を選択した状態にします。PowerPointのヘッダーから「図形の塗りつぶし」で、Color=[白」を選ぶと青い丸が白い丸になります。

次に、丸の中央部をダブルクリックして姓名を入力します。入力した文字を選択し、フォントの色を朱肉に近い色に変換します。文字は「フォントの色変換」で、外周の青は「た図形の塗りつぶし」で同じ朱色にします。
下の例は、浅川さんという姓名を書き込んだ例です。文字は横書きで書き、縦書きに変換しています。縦書きは、文字を選択し、ヘッダーの文字拡大(A▲)をしていくと、フルサイズになったところで縦書きになります。

まだ、PowerPointは閉じません。
続いて、作成した印鑑図の中央にマウスを置き、右クリックします。ドロップダウンで出てきたメニューから印鑑画像の書式設定を「Jpeg」にします。続けて右クリックし、「図として保存」を選び、印鑑画像を保存します。

開いたままのPowerPointのプレゼン資料は、xxさんの印鑑図などの名前を付けて保存します。別の名前を作成する特は、この保存したプレゼン資料を読み出し、姓を書き換えることで追加出来ます。

次は適用例です。
下のスクリーンショットは販売管理の納品書に電子印鑑を使用した例です。伝票のレイアウトが白の時は印鑑画像の下地を白にするのがポイントです。または、スルー画像にして伝票下地=白でも構いません。

作成例の販売管理は、本ホームページの「ファイルメーカー 販売管理」からご利用可能です。

Kazunori Fukuma
1st 2019/ 10/29

Mac High SierraでAudirvana v3700を試してみる

PC Audioで音質が良いAudirvanaを使用しています。
今回、Ver2.6をVersion3700に上げ、同時にMacbookPro もOSX Mervericks(10.9.6)をmacOS High Sierra(10.13.1)にアップデートしてみました。
(Versionをあげる前の設定は、MacBookProのOSは、 OSX 10.9.6、Audirvana Plusは 2.6.6、 Direct Audioの設定です) 。

テストしたV3700のセッティングは下記です。

使用したDACはRME Babyface Proです。192KHz にアップサンプリングしたPCM信号をUSB経由でBayfaceに送っています。
MacbookProの環境は、2.3GHz Intel Core i5、SSD 500GB、16GBメモリー、USBポートはマウスを取り付け、Wifi環境下での再生です。PCオーディオでは画面の明るさが音に影響しますが、明るさは約120cd位です(測定した訳ではありません)。
その他、Macのサウンド設定はDACを指定、Audio MIDIは192KHz/24bit、4ch出力としました。

Mac High Sierra(10.13.1)ではAudirvanaのDirect Modeが使えません。Low Level playback optionsはExclusive access modeとしました。
また、MacをHigh Sierraにアップデートした関係で、Babyface ProのDriverも下記スクリーンショットの画像のVersionにアップデートしました。

機器の接続は、Babyface ProからはXLRポートにアナログで出し、アキュフェーズC-2820のバランス入力に接続しました。パワーアンプは同じくアキュフェーズA-45のDual Mono駆動。スピーカーはTANNOY Stirling/SEです。
Dual Monoは、L、R独立ドライブです。ウーハーの戻り電圧の影響を最小化出来ます。

視聴した曲は次のものです。
クラシックは背景のチェックと弦の振動や残響、矢野沙織はサックスの空気を突き刺す様な音のチェックに使用しました。

<音質>
今回の検討結果は、ポピュラーなどは問題ありませんが、単楽器の再生では背景の静けさがやや劣る様に感じました。弦楽器の微細な振動音、ホール内への拡がり感などが減少している様に思いました。

全体に雑味が多く、S/NはDirect Audioに比べ劣る感じです。
最も残念な点は、これもDirect Audio比ですが、低域の押し出す力が低下しています。深い低域は再生不十分と言えます。低音がなまってしまう点も残念なところです。。
空気をつんざく様なサックスの音は少しクリップが感じられました。これは、Sampling rateをNo Limitsから192KHzに抑えると軽減されました。

PC Audioはコンピューター内のDelayやバックグラウンドのノイズをどれだけ被らないかですが、感覚でいいますと、Direct Mode > CD >> Exclusive Modeという感じです。
MacはSSDにしていますが、この結果です。
改めてDirectで取り出す音は秀逸だと思いました。

 

Kazunori Fukuma
1st 2019/10/25
2nd 一部訂正 2019/10/26